« 悲しみは雪のように | トップページ | 新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた »

2015年3月14日 (土)

桑園までのランニング

今日は午前11時30分頃から、1時間30分ほどのランニングをしてきました。
走った距離はおそらく16キロくらいで、今年初の15キロ越えをすることができて
良かったです。

途中、札幌競馬場の前を通りました。
Souen1

Souen2

今日はお金を持たずに走ったのですが、もし持っていたら
勢いで馬券を買っていたかもしれません(^^)

それからJRの桑園駅まで行って、そこら辺を折り返しとする感じで
家を目指して走りました。
Souen3

僕は大学受験に失敗した後の1年間、予備校(札幌予備学院)に
通っていて、この近くの予備校の寮に住んでいました。

それが、今から20年前の1995年4月からの1年間でした。

ちなみに、スピッツのロビンソンが発売されたのが
1995年4月5日で、ちょうどこの時期でした。

そのため、この曲の出だしの、

「♪新しい季節は 何故か切ない日々で~♪」

の部分は当時、壊れそうな物ばかりを集めてしまうガラスの十代の
18歳だった僕の心に染み渡っていました。

その浪人時代の後も、自動車の免許も桑園自動車学校で取りましたし、
あれこれと思い出深い場所です。

|

« 悲しみは雪のように | トップページ | 新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/61280048

この記事へのトラックバック一覧です: 桑園までのランニング:

« 悲しみは雪のように | トップページ | 新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた »