« コンサドーレ札幌がJ2開幕戦を勝利!! | トップページ | 悲しみは雪のように »

2015年3月 9日 (月)

2015年名古屋ウィメンズマラソン

昨日行われた「名古屋ウィメンズマラソン2015」について。

スタートの午前9時10分の段階で既に気温が11℃あり、最高気温は
17℃まで上がったとのことで、タイムを出すのには気温の面では
少し厳しい条件だったのかもしれません。

そんな中、前田彩里選手(ダイハツ)が2時間22分48秒の
日本歴代8位の好タイムで見事にゴール。

15キロの給水地点での転倒はびっくりして、テレビの前で思わず声を
出してしまいましたが、何とか立て直して、30キロ以降のペースダウンも
最小限に留めて、40キロ以降はむしろペースアップしての2時間22分台で、
素晴らしい走りでした。

もちろん、順位は3位ということで、優勝したキルワ選手とはゴールタイムの
40秒差という数字以上に力の差はまだ感じましたが、現在23歳の前田選手、
これからが非常に楽しみです(^^)

8月に北京で行われる世界陸上の代表選考レースはこれで終了となり、

●11月 横浜国際
   優勝:田中 智美(第一生命) 2:26:57

●1月 大阪国際
   3位:重友 梨佐(天満屋) 2:26:39

●3月 名古屋
   3位:前田 彩里(ダイハツ) 2:22:48
   4位:伊藤 舞(大塚製薬) 2:24:42

の4人が実質の候補で、前田選手はまず確定で、後の2人を残りの3人から
選ぶことになると思います。

「レースによっていろいろ条件が異なるので、単純にタイムでは比較できない」

というのが建前ではあり、それでも迷ったら最後はタイムで決めるしかない
ような面もあり、今回もなかなか難しいところがあります。

この3人の中で、タイムが一番悪いのは横浜の田中選手ですが、
ただ、以前にホクレンにも所属していた実力者のフィレス選手との
ゴール直前のスパート合戦に勝っての優勝という結果は、
「内容」としてかなり大きいです。

重友選手は田中選手よりはタイムは良いとはいえ、同じ2時間26分台の
代表選考にはイマイチな記録のため、あまりタイムでの有利性はなく、
「田中>重友」と判断されそうな感じが。

タイムが一番良い伊藤選手は、30キロ手前まで早いペースの先頭集団で
走って、そこからも大きくは失速せずに粘ってゴールまでいったので、
タイムだけではなく内容という面でも悪くはなさそうです。

そう考えると重友選手は苦しくて、前田、田中、伊藤の3人で決まりかなぁ~と
思っていますが、代表の発表はあさっての水曜日とのことで、それを待ちます。

*3月11日(水) 午後11時追記
 女子の代表は前田、伊藤、重友の3選手となり、田中選手は落選。
かなり意外でした。増田明美さんが選考結果について鋭く質問をしたと
いうことで、「よくぞ突っ込んでくれた!」とだいぶスカッとした気分に(^^)


◎名古屋ウィメンズマラソン2015 結果

1位:E.キルワ(バーレーン) 2:22:08
2位:M.コノワロワ(ロシア) 2:22:27
3位:前田 彩里(ダイハツ) 2:22:48
4位:伊藤 舞(大塚製薬) 2:24:42
5位:竹中 理沙(資生堂) 2:28:09
6位:野上 恵子(十八銀行) 2:28:19
7位:A.インチェルティ(イタリア) 2:29:10
8位:岩出 玲亜(ノーリツ) 2:29:16
9位:O.ブルコフスカ(ウクライナ) 2:29:45
10位:早川 英里(TOTO) 2:30:21

|

« コンサドーレ札幌がJ2開幕戦を勝利!! | トップページ | 悲しみは雪のように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/61256229

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年名古屋ウィメンズマラソン:

« コンサドーレ札幌がJ2開幕戦を勝利!! | トップページ | 悲しみは雪のように »