« 夢の中へ/斉藤 由貴(1989年) | トップページ | 「2015年北海道マラソン」の大会概要が発表 »

2015年2月15日 (日)

菊地賢人(コニカミノルタ)が日本歴代3位の好記録!<2015年全日本実業団 山口ハーフマラソン>

今日は午後2時からTBS系列で中継されていた
「第43回 全日本実業団 山口ハーフマラソン」を
観ていました。

北海道の室蘭大谷高校(現大谷室蘭北海道)出身となる
コニカミノルタ所属の菊地賢人選手が、日本歴代3位!の
1時間00分32秒の好タイムでゴールしました。

今日のレースは、日本の実業団に所属する外国人選手が1位と2位で、
菊地選手は順位としてはそれに継ぐ3位でしたが、外国人選手に対して
果敢に勝負していて、内容も非常に良かったです。

日本記録は中国電力にいた佐藤敦之さんの1時間00分25秒で、
20キロの通過タイムがその佐藤さんと全く同タイムということで、

「もしかして日本新記録が出るんでないべか!」

とテレビの前で大興奮でした。わずかに7秒届かず残念でしたが、
素晴らしい結果で、北海道民として非常に誇らしいです(^^)

菊地選手は今年に入ってから、

1月1日 ニューイヤー駅伝3区‥‥区間2位
1月18日 都道府県対抗男子駅伝3区‥‥区間賞
2月1日 丸亀ハーフマラソン‥‥日本歴代5位(1時間00分57秒)
2月15日 全日本実業団 山口ハーフマラソン‥‥日本歴代3位(1時間00分32秒)

ということで凄過ぎます。1人で2回、ハーフで1時間00分台を出したのは
日本人では史上初とのこと。

菊地選手は室蘭大谷高校卒業後は明治大学に進み、そして現在は
コニカミノルタ所属の社会人2年目の24歳。

来年のリオデジャネイロオリンピックはトラックで日本代表を目指し、
そしてその次の東京オリンピックはマラソンで勝負したいとのことで、
夢が膨らみます。

このまま、さらに順調に成長してくれることを祈るばかりです。


●第43回 全日本実業団 山口ハーフマラソン 結果

<男子>
1位 チャールズ・ディランゴ(JFEスチール) 1:00:18
2位 マチャリア・ディラング(愛知製鋼) 1:00:30
3位 菊地 賢人(コニカミノルタ) 1:00:32
4位 ワンジュキ・ジャコブ(愛知製鋼) 1:01:05
5位 設楽 啓太(コニカミノルタ) 1:01:12
6位 服部 翔大(Honda) 1:01:25
7位 ジョハナ・マイナ(富士通) 1:01:29
8位 藤本 拓(トヨタ自動車) 1:01:31
9位 大須田 優二(マツダ) 1:01:40
10位 松本 賢太(トヨタ自動車) 1:01:55 

<女子>
1位 沼田 未知(豊田自動織機) 1:09:27
2位 伊藤 舞(大塚製薬) 1:09:57
3位 岩出 伶亜(ノーリツ) 1:10:13
4位 加藤 岬(九電工) 1:10:43
5位 山崎 里菜(パナソニック) 1:10:57
6位 渋井 陽子(三井住友陸上) 1:11:00
7位 矢野 由佳(キャノンアスリートクラブ九州) 1:11:11
8位 土井 友里永(スターツ) 1:11:28
9位 高山 琴海(シスメックス) 1:11:48
10位 井上 藍(ノーリツ) 1:11:53

|

« 夢の中へ/斉藤 由貴(1989年) | トップページ | 「2015年北海道マラソン」の大会概要が発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/61142519

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地賢人(コニカミノルタ)が日本歴代3位の好記録!<2015年全日本実業団 山口ハーフマラソン>:

« 夢の中へ/斉藤 由貴(1989年) | トップページ | 「2015年北海道マラソン」の大会概要が発表 »