« ♪選挙の日ってウチじゃなぜか投票行って外食するんだ♪ | トップページ | さっぽろホワイトイルミネーション(大通公園) »

2014年12月15日 (月)

デンソーが2連覇(2014年全日本実業団女子駅伝)

昨日行われた「全日本実業団女子駅伝」について書きます。

優勝:デンソー 2:16:12
2位:ダイハツ 2:16:48
3位:ヤマダ電機 2:17:29
4位:豊田自動織機 2:17:50
5位:第一生命 2:17:54
6位:九電工 2:18:02
7位:ユニクロ 2:18:13
8位:しまむら 2:18:21
9位:ホクレン 2:18:33
10位:大塚製薬 2:18:44

というわけで、6区間の42.195キロで争われたこの大会は、
デンソーが去年に続いての2連覇となりました。

5区、ダイハツの木崎良子選手がさすがの区間賞の走りで、
トップのデンソーとの差を57秒から23秒まで詰めてアンカー区間に。

ただ、デンソーのアンカーの石橋選手が区間2位の堅実な走りで、
そのままデンソーの逃げ切りとなりました。

ダイハツは2区と4区がイマイチで、ここでもう少しタイムを稼いで、
木崎選手にタスキが渡った段階で30秒差くらいだったら、最後まで
かなり面白い展開になっていたかもしれません。

今回から「8位までがシード権獲得」というシード権の制度が
新しく導入されました。

どちらかというと、前年の成績は関係なく、その年その年で予選を
やっていく方がいいような気がして、少しだけこのシード権の導入は
違和感もありましたが、それでもやはり注目点が増えて、観ていて
盛り上がった面もありました。

しかも今年は、北海道のホクレンがそのシード権8位を最後まで
激しく争う展開に。最後は8位のしまむらに負けて僅か12秒差で
届きませんでしたが、アンカーの高卒ルーキーの大蔵選手も
積極的な良い走りでした。

そのホクレン、1区で京セラから移籍の宮内宏子選手が4位で2区へ繋ぎ、
期待の地元出身の清水美穂選手(足寄高校出身)がエース区間の3区で
区間5位の好走。

その他の選手も、大きくブレーキになることもなくしっかりと走っていて、
去年の11位を上回る9位の一桁順位となり、シード権はともかく満足でした(^^)

あと、アンカー区間でヤマダ電機の高卒ルーキーの筒井選手が
区間賞の走りで6位から3位へ浮上。凄かったです。

それと観ていて、ダイハツの5区の木崎選手や3区の前田選手を始め、
「佛教大学出身」の選手が非常に多くいたような印象が。

女子の大学駅伝では立命館大学が強くて、かなりの割合で優勝して
いるのですが、その立命館大学出身者は昨日、あまり目にしませんでした。

もちろん、出場した全選手の出身校を調べているわけではないものの、
ちょっと気になりました。

●区間賞

1区 森 唯我(ヤマダ電機)
2区 福田 有以(豊田自動織機)
3区 高島 由香(デンソー)
4区 K.S.チェピエゴ(九電工)   
5区 木崎 良子(ダイハツ)
6区 筒井 咲帆(ヤマダ電機)

|

« ♪選挙の日ってウチじゃなぜか投票行って外食するんだ♪ | トップページ | さっぽろホワイトイルミネーション(大通公園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60814702

この記事へのトラックバック一覧です: デンソーが2連覇(2014年全日本実業団女子駅伝):

« ♪選挙の日ってウチじゃなぜか投票行って外食するんだ♪ | トップページ | さっぽろホワイトイルミネーション(大通公園) »