« 2015年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | 2014年のベストソング決定 »

2014年12月30日 (火)

2015年箱根駅伝の予想

年明けの1月2日、3日に行われる箱根駅伝の予想をしたいと思います。
予想と言っても、かなりの部分は願望ですが。

昨日、区間エントリーが発表されましたが、例年、当日に変更が結構あるので、
このエントリーを見てもなかなか判断はしにくいところ。

その区間エントリーは、箱根駅伝公式Webサイトに載っています。

http://www.hakone-ekiden.jp/pdf/entry_kukan_91.pdf

駒澤大の前評判が非常に高く、駒澤の1強で、それに続くのが
明治大、青山学院大、東洋大、早稲田大というような感じのようです。

駒澤大はたしかに、1区で中村匠吾選手、2区でエースの村山謙太選手、
そして山登りの5区に前回もこの区間で走って区間3位だった馬場翔大選手が
配置されていて、往路だけでほぼ総合優勝が決まってしまいそうな、
そんな展開も充分考えられます。

ただ、それでは観ていてツマラないので、願望もたっぷり含めた
僕の順位予想を、シード権獲得の10位まで書いてみます。

1位:明治大
2位:駒澤大
3位:青山学院大
4位:東洋大
5位:早稲田大
6位:山梨学院大
7位:東海大
8位:大東文化大
9位:中央学院大
10位:帝京大

明治大は、文元選手の5区起用は少しビックリしましたが、
駒澤大に勝てる可能性が1番高いのは明治大だと思うので
優勝にしてみました(^^)

この前の全日本のエース区間の2区でも好走していた9区の木村選手まで、
何とか競った展開に持ち込んでほしいです。

帝京大は中野監督が北海道出身なので、期待を込めてシード権獲得予想を。

新たにシード権獲得が山梨学院大、東海大、中央学院大、
逆にシード権を失うのが日本体育大学、日本大学、拓殖大学に
しておきました。

北海道関係では、

・小椋 裕介(青山学院大)-札幌山の手高→7区
・内田 和祈(日本大)-札幌山の手→補欠
・新関 涼介(日本大)-札幌山の手→補欠
・加藤 勇也(帝京大)-函館大付属有斗→3区
・本間 有純(大東文化大)-北海道栄→補欠
・柴田 拓真(関東学連・平成国際大)-北海道栄→4区

ということで、1人でも多く大会本番で走ることができるように祈っています。

最後に、出場の21校を書いておきます。

------
東洋大学、駒澤大学、日本体育大学、早稲田大学、青山学院大学、明治大学、
日本大学、帝京大学、拓殖大学、大東文化大学

神奈川大学、國學院大学、東海大学、山梨学院大学、中央学院大学、
上武大学、中央大学、順天堂大学、城西大学、創価大学、
関東学生連合チーム
 

|

« 2015年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | 2014年のベストソング決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60890744

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年箱根駅伝の予想:

« 2015年ニューイヤー駅伝の予想 | トップページ | 2014年のベストソング決定 »