« 明日は有馬記念 | トップページ | 2015年箱根駅伝の予想 »

2014年12月29日 (月)

2015年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日は、朝からニューイヤー駅伝を観戦というのが、
僕の恒例行事です。

「第59回 全日本実業団対抗駅伝大会」

というのが正式名称のようです。

1区:12.3キロ
2区:8.3キロ
3区:13.6キロ
4区:22.0キロ
5区:15.8キロ
6区:12.5キロ
7区:15.5キロ

の7区間、計100.0キロです。2区は「インターナショナル区間」ということで、
外国人選手は、この区間しか走れません。

最長距離の4区の22.0キロが「エース区間」となるのでしょうね。

コースは群馬県庁をスタート&ゴールとして、高崎市役所、伊勢崎市役所、
太田市役所、桐生市役所などの市役所の付近を巡るコースとなっています。

前回の1年前の結果は、
--------------
優勝:コニカミノルタ 4:53:35
2位:トヨタ自動車九州 4:54:59
3位:日清食品グループ 4:56:48
4位:旭化成 4:57:55
5位:中国電力 4:57:56
6位:富士通 4:57:57
7位:トヨタ自動車 4:57:59
8位:Honda 4:58:00
9位:SUBARU 5:00:10
10位:九電工 5:00:50

ということで、コニカミノルタの2年連続の優勝となりました。

いろいろとネットをいじって調べてみると、今回はコニカミノルタ、
日清食品、トヨタ自動車が3強と言われているようですが、
僕は2年連続で2位になっているトヨタ自動車九州を応援したいので、
願望をたっぷり込めてトヨタ自動車九州を優勝予想にします(^^)

区間配置も含めたエントリーメンバーの発表が大会前日の31日なので、
何とも言えないところもあるのですが、予想ということで、5位までは順位を、
6位~10位は順位は付けずに、ここに入る5チームを予想しておきます。

優勝:トヨタ自動車九州
2位:コニカミノルタ
3位:トヨタ自動車
4位:日清食品グループ
5位:中国電力

6位~10位
 Honda、旭化成、九電工、富士通、大塚製薬

メンバーを見ると、新たに大迫選手(早稲田大)と矢野選手(日体大)が
加わった日清食品が圧倒的に優勝してもおかしくない印象があるものの、
何となくそうはならないような気がしたので低めの順位予想で(^^)

その大迫選手、もし1区で走ったら高速1区の展開になりそうなので、
できれば1区で起用されてほしいです。

1か月前の11月29日に行われた八王子ロングディスタンスという大会の
1万メートルで、旭化成の鎧坂選手が27分38秒99の日本歴代5位の記録を
出したのですが、同じレースでトヨタ自動車の宮脇選手は29分34秒85で
完走者25人中最下位になったとのこと。

宮脇選手にとってこれはたまたま悪い結果だったのか、それとも
今シーズンは不調でこの結果だったのか、それは分からないものの、
超期待の若手選手なだけに気になります。

あとは55年ぶり出場の大阪ガス、さらに前回初出場だった南陽市役所あたりが
繰り上げ無しにタスキを渡せることを期待しています。

●東日本地区代表(13)
  コニカミノルタ、日清食品グループ、Honda、富士通、ヤクルト、プレス工業、
  小森コーポレーション、DeNA、日立物流、SUBARU、八千代工業、JR東日本、
  南陽市役所

●中部地区代表(7)
   トヨタ自動車、NTN、トヨタ紡織、愛知製鋼、愛三工業、中央発條、
   トーエネック

●北陸地区代表(2)
   YKK、重川材木店

●関西地区代表(5)
   大塚製薬、住友電工、NTT西日本、SGHグループさがわ、大阪ガス

●中国地区代表(4)
   中国電力、マツダ、JFEスチール、中電工

●九州地区代表(6)
   九電工、黒崎播磨、安川電機、トヨタ自動車九州、旭化成、三菱重工長崎

|

« 明日は有馬記念 | トップページ | 2015年箱根駅伝の予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60885324

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年ニューイヤー駅伝の予想:

« 明日は有馬記念 | トップページ | 2015年箱根駅伝の予想 »