« 松本山雅FCがJ1昇格決定 | トップページ | 僕らの町に今年も雪が降る »

2014年11月 2日 (日)

駒澤大学が4連覇(2014年全日本大学駅伝)

今日の午前8時05分スタートとなった「第46回全日本大学駅伝」。
8区間106.8キロで争われました。

朝のスタートから中継を観ていて、4区から5区のタスキ渡しの段階で
トップの駒大が2位の東洋大に2分04秒の差をつけて、

「あぁ~、これは駒大の優勝が濃厚だなぁ~」

と思ったあたりで急に外出しなければいけない用事ができて、
そこで中継を観るのはストップとなったのですが、やはりそのまま
駒大が危なげなく逃げ切ったようです。

結局、2位になった大学とは2分47秒差での優勝となったとのこと。

ただ、その2位には東洋大が入ると思っていたのですが、実際には
2位が明治大、3位が青山学院大で、東洋大は4位でゴールとのことで、
そこはかなり意外でした。

<区間賞>
1区 村山 謙太(駒澤大学)
2区 服部 勇馬(東洋大学)
3区 有村 優樹(明治大学)
4区 中村 匠吾(駒澤大学) 
5区 横手 健(明治大学) 区間新
6区 川崎 友輝(青山学院大学)
7区 黒川 翔矢(駒澤大学)
8区 大六野 秀畝(明治大学)

という区間賞を見ると、明治大も3区間で区間賞を獲っていて、
エース区間の2区でも木村選手が区間4位の良い走りだったので、
1区の出遅れがなければ、もう少し面白い展開があったかもしれません。

1区は、村山兄弟と大東文化大の市田孝選手の3選手の最後まで続いた
激しいトップ争いと、その3人の後の区間4位になった注目の京都大学の
平井選手の健闘で、非常に見応えがありました。

そして、北海道代表の札幌学院大学は、オープン参加の東海学連選抜を
除いた25チーム中25位の最下位という非常に残念な結果。

個人成績を見ても、8人中6人が区間最下位ということで、
苦しい大会となりました………。

●第46回全日本大学駅伝 大会結果(6位までが来年のシード権獲得)

 1位 駒澤大学
 2位 明治大学
 3位 青山学院大学
 4位 東洋大学
 5位 山梨学院大学
 6位 東海大学
------------
 7位 早稲田大学
 8位 大東文化大学
 9位 順天堂大学
10位 神奈川大学

25位 札幌学院大学

|

« 松本山雅FCがJ1昇格決定 | トップページ | 僕らの町に今年も雪が降る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60585778

この記事へのトラックバック一覧です: 駒澤大学が4連覇(2014年全日本大学駅伝):

« 松本山雅FCがJ1昇格決定 | トップページ | 僕らの町に今年も雪が降る »