« 完走しました!!(2014年さっぽろさよならマラソン) | トップページ | 「2014年さっぽろさよならマラソン」の成績表 »

2014年11月10日 (月)

「2014年さっぽろさよならマラソン」の完走記

さっぽろさよならマラソンのハーフマラソンから1日経過した今日は、
両脚の太ももの前面あたりを中心に、思いのほか筋肉痛が出ていました。

さて、昨日の1日を振り返ってみます。

朝は6時30分に起きて、7時10分から朝ご飯を食べ、8時20分に家を出て
地下鉄に乗り、9時30分に真駒内公園の屋外競技場の前に設置された
受付に到着。ハーフのスタート時間の10時50分に向けて、まずは予定通りの
行動ができました。

去年まで、屋外競技場の周辺の路上がスタートとゴール地点になっていて、
今年もてっきりそうだと思っていたところ、受付で今年は競技場の中から
スタートというのを知り、何となく嬉しい気分に。

受付ではゼッケンや参加賞のTシャツとともに、走る前から完走証も
貰いました(^^)
Sayonara1

準備は競技場の建物の中を使うことができ、僕は1階の「選手休憩室」と
表示のある、ブルーシートが敷かれた広い部屋で、ゼッケン付けなどを
のんびりと行いました。

この部屋は奥の方にあって、おそらくあまり存在を知られていなく、
広い部屋に10~15人ほどしかいなくガラガラで、隠れ家的な感じで
ゆったりとした気分になり良かったです。

この日の予想最高気温が15℃だったので、それを信じて、上は半袖シャツ、
下は短パンで走ることに。

風もそれほど強くなかったこともあり、スタートで並んでいる時も特に
寒さは感じず、走っている最中には日差しが出ると半袖シャツでも
結構な暑さを感じたくらいで、僕にとってはこの服装で正解でした。

今の時期の大会でこんな条件になるのは、10年に1度くらいかもしれません。

コースは、クォーターが競技場内を出発してまずは真駒内公園内を
グルッと3キロほど走り、そして豊平川河川敷に出て、南22条大橋の
あたりで折り返して河川敷の復路を走り、それから真駒内公園内に入り、
競技場内でゴールというコース。

そしてハーフは、このクォーターのコースを2周することになります。

走る前は「同じコースを2回走るのは、精神的にも辛そうだなぁ~」と
思うのですが、いざ走ってみると、半分の地点で1回真駒内公園に
戻ってきて、そこで応援を受けて、「さぁ、後半戦だ!」と2周目に
走り出していくのは、これはこれで悪くないコース設定に思えます。

スタートは、まずはクォーターが10時40分にスタートし、そしてハーフは
その10分後の10時50分にスタート。ハーフは300人ほどが参加したようです。

クォーターの選手のスタートが終わってからハーフの選手が並ぶのですが、
早くスタート地点に入ったことで、流れで前から3~4列目の、かなり前方に
並ぶことに。

僕の10年ほどのランニング生活の中で、これだけ前に並んだのは史上初の
ことだったと思います。普段の大会では、スタートの号砲が鳴ってから
「さぁ~走るかぁ~」と心の準備をするところを、今回は号砲と同時に全力で
走り出すような感じで、少し戸惑いがありました(^^)

1周目 43分50秒
2周目 45分41秒

の1時間29分31秒でゴールというのが手元の時計のタイムでした。

1周目の後半から既に脚に厳しさを感じて、2周目の方が2分近く
タイムが落ちましたが、何とか1時間30分切りができて良かったです。

この大会は距離表示が1箇所のみで、それが終盤、河川敷から
真駒内公園に入るための坂を上りきったあたりにありました。

その表示が「ゴールまで1150メートル」という、非常に微妙な位置での表示に。
「残り1キロ」の地点に立てることはできなかったのか、少し疑問を持ちながら
走りました(^^)

ただ、距離表示が少ない点については、ハーフは同じコースを2周なので、
1周目の終わりが中間地点となり、そこのタイムで自分の走っているペースは
把握できたことにより、特に問題はありませんでした。

むしろ、今回のように後半にペースダウンしている場合、距離表示ごとに
細かくラップタイムを確認して「あぁ~、やっぱり落ちているんだなぁ…」と
いちいち自覚しなくて済んだので、精神的に良かったのかもしれません。

2周目の終盤、例の「ゴールまで1150メートル」の表示の部分を、計算上では
1時間25分00秒以内で通過しないと1時間30分切りは怪しかったのですが、
そこを1時間24分30秒くらいで通過して、何とか1時間30分切りはできそうな
雰囲気に。

そこから少年野球の練習を左側に見ながら右に曲がって、橋を上り下りして、
そしてそのまま真っ直ぐ競技場の中へ突入。昔の北海道ロードレースと
同じコースです。

この競技場の中を3/4周ほどでゴールとなり、最後のカーブのところでは
コーンの外側と内側にコースが分けられていました。

当然、内側を走りたかったのですが、係員の方の「外側を走ってそのまま
ゴール地点まで行ってください」という指示により、泣く泣く外側のカーブを
走ることに(^^)

そして無事にゴール。
Sayonara3
ゴール地点の写真です。

コースは真駒内公園~豊平川河川敷というお馴染みのコースで、参加人数は
札幌の大会としては多くなく、沿道の応援もパラパラで、何か特別に目新しい
ものがあるわけではありません。

ただ、この地味な感じが、その年の最後を締めくくるのには
ふさわしい気分になって、僕のお気に入りの大会です。

今年も良い形で締めくくることができて、これで心置きなく
長い長い冬眠生活に入ります(^^)

|

« 完走しました!!(2014年さっぽろさよならマラソン) | トップページ | 「2014年さっぽろさよならマラソン」の成績表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60630991

この記事へのトラックバック一覧です: 「2014年さっぽろさよならマラソン」の完走記:

« 完走しました!!(2014年さっぽろさよならマラソン) | トップページ | 「2014年さっぽろさよならマラソン」の成績表 »