« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

男子マラソンで初の2時間2分台が

まずは1年前にこのブログに書いた文章をコピー&ペーストします。

------------------
●2013年9月30日(月)

昨日行われたベルリンマラソンの男子マラソンで、ケニアのキプサング選手が
2時間3分23秒で優勝したのですが、このタイムは従来の記録を15秒短縮する
世界新記録でした。

男子マラソンの世界記録といえば、僕が小学生の時の、

「エチオピアのデンシモ選手が2時間6分50秒の新記録達成!」

というのが妙に記憶に残っているのですが、調べてみると、
この記録は1988年4月のロッテルダムマラソンで達成されたとのこと。

そして、この同じ年の12月に福岡国際マラソンを走ったようで、
それで話題になったので覚えているのかもしれません。

それから25年の間に3分27秒更新されての2時間3分23秒となったわけで、
このペースで物凄い単純に考えると、さらに25年後の2038年にはついに
「人類史上初の2時間切り」となります。

今後、どこまで記録が更新されるのか、できるだけ長生きして
見届けたいと思っています。
------------------


そして1年後の日本時間の昨日、同じくベルリンマラソンの男子で、
ケニアのデニス・キメット選手が2時間2分57秒の世界新記録で優勝。

またもやこの大会で世界新が出て、しかもその更新タイムが26秒という、
このレベルでは大幅な更新とも言えるような、初の2時間2分台の結果に。

しかも昨日のレース、2位になったケニアの選手も2時間3分13秒で、
これも従来の世界記録を上回っていたということで凄いです。

1年前のブログと同じ締め方になりますが、今後どこまで記録は伸びるのか、
できるだけ長生きして見届けたいと思っています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

「2014年札幌マラソン」まで1週間

今日は正午過ぎから10キロほどを走ってきました。

家に帰ってからは、サッカーJ2リーグのコンサドーレ札幌が2-1で
現在2位の松本山雅に対してギャンブルサッカー(?)で勝ったり、
大相撲では白鵬が貫録の31回目の優勝を達成したり、プロ野球の
パリーグではソフトバンクもオリックスも負けて優勝争いがグダグダな
感じになってきたり、そんな激しい日曜日の午後に。

アジア大会のサッカー男子は、韓国相手に後半40分過ぎに痛恨のPKを
与えての0-1の敗戦。そこまで、押し込まれながらも耐えていて、何かが
起こってもおかしくないような雰囲気の試合展開だっただけに残念……。

同じくアジア大会では、北海道幕別町出身の福島千里さんが
女子100メートルで銀メダル獲得。金メダルまでホントに僅かでしたが、
まずは良かったです。

そんなこんなでランニングの話題に話を転換しますが、
10月5日(日)の札幌マラソンのハーフ本番まで1週間となりました。
Satumarazekken

この大会は今年で12年連続の参加となって、すっかりと10月第1日曜日の
恒例行事となっています。

ヤフーの週間天気予報を見ると、1週間後の大会当日の天気予報は、

「晴れ時々曇り、降水確率20%、最高気温18℃」

ということで、今のところは良さそうな予報となっているので、
気温がもう少しさらに下がることを祈りながら、この1週間を
過ごしたいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

イチブトゼンブ/B'z(2009年)

今日は正午過ぎから15キロほどのランニングをしてきました。
4日前の美唄市でのハーフマラソン本番以来の走りとなりましたが、
まずまず良さそうな感覚で走ることができました(^^)

さて、今は大相撲のモンゴル出身の逸ノ城が大きな話題となっています。

今日は12勝1敗同士の対決で横綱の白鵬にさすがに負けましたが、
今後どこまで成長していくのかが非常に楽しみです。

その逸ノ城の本名が「アルタンホヤグ・イチンブロイ」とのことで、
イチンブロイの「イチ」と逸材の「逸」から、逸ノ城という四股名が
名づけられたと、テレビやネット上などのあちこちで目にしています。

その本名の「イチンブロイ」の文字を見るたびに、
B'zが2009年に発売したシングル曲の、

「イチブトゼンブ」

を思い出してしまいます。今日のブログのネタはただ単に
それを書きたかっただけです(^^)

ちなみにこのB'zの曲は、僕の中の2009年のNo.1ソングです。

「♪すべて何かのイチブってことに 僕らはきづかない♪」

という歌詞の部分が特に絶品過ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

ソフトバンクかオリックスか

今日は大相撲で逸ノ城が凄かったり、アジア大会の男子サッカーで
コンサドーレ札幌所属の荒野がゴールを決めたり、将棋の王位戦で
羽生四冠が防衛を決めたりと、スポーツが激しい1日でした
(将棋は僕の中ではスポーツです(^^))。

そしてプロ野球のパリーグは、首位のソフトバンクが負けて、さらに
2位のオリックスが勝ったため、いよいよ0.5ゲーム差まで接近。

と思っていたら、残り試合がオリックスの方が多い関係で、
2位のオリックスに優勝マジック7が点灯したようで。

マジックはあくまで数字上のもので、そんなに大きな意味はありませんが、
残り試合はソフトバンクが3でオリックスが8。

そして直接対決が1試合、10月2日に予定されていて、今のところ、
ソフトバンクにとっては最終戦、オリックスはその後にもう2試合が
残っている状態となっています。

すっかりと「にわかオリックスファン」になっている僕は、今日の試合でも
坂口のバント失敗に激怒し、ペーニャの決勝タイムリーにガッツポーズを
しましたが、どちらの優勝となるのか目が離せない日々となります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

美唄の大会結果が掲載((株)アイ・サムのページ)

昨日、美唄市で走ってきた、

「第23回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第19回美唄市ハーフマラソン」

の大会結果が、早くも(株)アイ・サムのページに掲載されていました。

http://www.i-sam.co.jp/gw/recsearch.php

から検索できます。

男子のハーフでは、陸連登録者対象の公認ハーフの部で63人、
その他の一般ハーフの部で381人、合計444人が完走していました。

その中で僕は上位の20%以内に入っているような、なかなかの好順位でした(^^)

そんなハーフ本番から1日経過した今日は、さすがに脚全体にダルい感じは
ありましたが、故障っぽいような痛みや違和感は無さそうなので一安心です。

美唄の大会は、今年で6年連続でのハーフでの走りとなったのですが、

2009年 1時間37分
2010年 1時間30分(1時間30分18秒)
2011年 1時間31分
2012年 1時間33分
2013年 1時間31分

というのが去年までの5年間のタイム。

「今年こそ、美唄では初の1時間30分切りを!」

とひそかに燃えてはいたのですが、残念ながら今年も目標の達成はならず。
そんなわけで来年は「7年目の正直」を目指したいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

完走しました!(2014年 ピパオイヘルシーロードレース)

今日は美唄市で行われた、

「第23回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第19回美唄市ハーフマラソン」

でハーフマラソンを走ってきました。説明すると長くなるので省略しますが、
僕は「ピパオイ~」の方での参加でした。
Babai1

結果は1時間32分06秒でゴールしました。
Bibai2

1時間30分切りができれば最高だったのですが、
まずまず満足の走りとなりました。

コースは田園風景がひたすら広がるような中を走る、景色の良いコースと
言えばそうですし、単調と言えばそうかもいうコースでした(^^)

それでは、今日の1日を振り返ってみます。

朝は5時過ぎに起きて、5時40分から朝ご飯を食べました。
そして6時50分に家を出て、札幌駅を7時48分に発車の
「スーパー宗谷」に乗りました。40分弱で美唄駅に到着。
Bibai3

スタート&ゴール地点の美唄市総合体育館はここから歩いて15分ほどでした。

受付を済ませてからスタートまで2時間近くあったのですが、
意外と時間を持て余すこともなく、10時35分にハーフの
スタートを迎えました。

手元の時計のタイムは、

5キロ 21分59秒(スタート地点まで20秒ほど)
10キロ 43分44秒(21分45秒)
15キロ 1時間05分23秒(21分39秒)
20キロ 1時間27分27秒(22分04秒)
ゴール 1時間32分06秒(4分39秒)
 

でした。全体的に、走りたいペースよりも5キロあたりで30秒ほど遅いのが
最後まで続いた感じでしたが、粘って最後まで走り切ることができたのは
良かったと思います。

ハーフの給水地点はおおよそ5キロ、11キロ、16キロの3箇所にありました。

去年まではこの給水地点には水しかなかったのですが、今年は
スポーツドリンクも置いてあり、嬉しい改善点でした(^^)

アメダスのデータを見ると、今日の美唄市は、

10時 18.6℃
11時 20.9℃
12時 22.4℃

ということで、日差しも結構あって、少し暑めの条件だったかもしれませんが、
走っている最中にはそこまで暑さは感じませんでした。

沿道の応援の方の人数は、ゴール付近を除けば数えようと思えば
たぶん数えられるくらいの人数でしたが、そこでの非常に熱い応援は
しっかりと胸に刻み込まれて、走る力になりました♪

残り1キロの表示を過ぎて、しばらく走って左折して、そしてゴールまでの
最後の直線となるのですが、この直線が毎年、とにかく長いです(^^)
Bibai4
ゴール地点です。

ゴール後は無料のブタ汁のサービスが。
Bibai5
疲れた身体に染み渡って非常に美味でした♪

さらに、ゴール後の抽選では野菜セットが当選。
Babai6
今夜の晩ご飯でさっそく使われるようです。

今年でこの美唄の大会は6年連続のハーフでの参加となりましたが、
大会の雰囲気が好きで、来年も走りたいと思っています。

次は約2週間後の10月5日(日)の札幌マラソンでのハーフとなります。
今週末の土・日から練習を再開する予定です。

なお、今日の美唄の大会、公認ハーフの女子の優勝者は
香港陸協の所属の方でした。

プログラムを見ると住所が東京都となっていたので、現在は香港に住んでいる
わけではないのかもしれませんが、この大会も国際的になったようで(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

2日後は美唄の男に

今日は正午過ぎから7キロほどを走ってきました。

2日後に美唄市で行われる「ピパオイヘルシーロードレース」の
ハーフマラソン本番に向けて、最後の練習となりました(^^)
Bibaihagaki_3

その2日後の美唄市の大会、ハーフは午前10時35分にスタートということで、
当日の朝は5時過ぎに起きて、便利なSキップを使ってJRで移動予定です。

この大会は6年連続でのハーフの参加となりますが、無事に完走をして、
そして当日の火曜日の夜にこのブログで生還報告をしたいと思っています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

オリジナル スマイル/SMAP(1994年)

今日は正午前から10キロほどを走ってきました。

風はやや強かったですが、半袖シャツ1枚でちょうど快適に走ることが
できるくらいの良い状況でした。

明日は7キロくらいを走って、そして3日後の23日(火・祝)の
美唄市でのハーフマラソン本番に挑む予定です(^^)

さて、今日と明日はSMAPが札幌ドームでコンサートを行うということで、
今日の北海道新聞の朝刊に、

●SMAP公演でドーム周辺混雑
   ~20日、21日、地下鉄は増便~

という見出しの記事が(たぶん札幌圏だけの記事)。

そんなSMAPで僕が一番好きな曲は、
1994年にシングル発売された、

「♪笑顔~抱きしめ~悲しみ全て~街の中から消してしまえ~♪」

という「オリジナル スマイル」です。まだ森くんもいた6人の時代の頃です。

3年前の2011年に、大晦日の紅白歌合戦で大トリを務めたSMAPが
この曲を歌って、思わず興奮した僕が番組終了後、年が明ける寸前に
緊急でブログを更新していました。

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2011/12/smap-9d3a.html

調べてみると、この曲は1994年6月6日発売ということで、オリコンの
週間ランキングでは、WANDSの「世界が終るまでは…」と同じ週での
発売になっていたようです。
Sekaigaowarumadeha

スラムダンクの主題歌として、今の若者にも意外なほどに
存在を知られている一曲です。

結局、発売の最初の週ではWANDSが1位、SMAPが2位となっていましたが、
なかなか歴史に残るような週だったようで(^^)

ちなみに、この1週間前のシングル週間1位は、6月1日に発売の
Mr.Childrenの「Innocent World」でした。

これは当時、CDTVでミスチル→WANDSの流れで週間1位になっていたのを、
不思議なほどに今でもはっきりと覚えています。
Atomic_heart

「Innocent World」が収録されているアルバムの
「Atomic Heart(1994年9月1日発売)」です。

このアルバムには、他のシングル曲では「Cross Road」が、そしておそらく
一般のシングル曲よりも知名度が高いであろう「Over」も収録されています。

全てがちょうど20年前の話となりますが、そんなに昔という感じもしないあたり、
我ながら素晴らしいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

「2014年札幌マラソン」のゼッケンが到着

今日家に帰ったら、10月5日(日)に行われる「第39回札幌マラソン」の
ゼッケンやプログラムなどが届いていました。
Satumarazekken
ハーフマラソンを走ります。

この大会は今から11年前の2003年に10キロを走って、それが僕にとって
記念すべき初めてのランニング大会の参加でした。

その次の年からは毎年ずっとハーフで走り続けていて、大会としては
12年連続の参加となって、すっかり10月第1日曜日の恒例行事に。

プログラムによると、特別ゲストランナーとして、秘密のケンミンSHOWの
「東はるみ」役でお馴染みの黛英里佳さんがハーフで走るとのこと。

黛さんは去年、一昨年もこの大会でハーフを走っているのですが、
残念ながら発見できていないので、今年は是非とも3度目の正直を。

そして、ゼッケンを見てみると、右端に手荷物と参加賞のTシャツの
引換券と思われるものが。
Satumarahikikae

説明書きを読んでみると、走ってゴールした後、参加賞と手荷物を
受け取る時に、この引換券を切り離してスタッフに渡すとのこと。

切れ目がついていたので、ゼッケンを手にした瞬間に無意識のうちに
思わず切り離したくなりましたが、非常に危なかったです(^^)

また、今年の大会の申し込み者数が14,738人で、北海道内が当然のように
大半で14,015人となっていますが、道外の方も723人いて、北海道を含めて
44都道府県から申し込みがあったとのこと(東京都225人、神奈川県106人、
千葉県79人、埼玉県57人、愛知県35人がTOP5)。

残りの3つはと調べてみたら、石川県、和歌山県、鹿児島県がないようで、
来年は47都道府県の完全制覇を期待したいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

妄想ランニング

今日は正午前から1時間30分ちょっとを走ってきました。
走った距離はおそらく18キロほど。

途中のホームコースとしている河川敷を走っていると、北海道内の高校の
男子長距離では1番強いと言ってもいいような高校の陸上部の方々が、
駅伝のタスキをかけた状態で練習をしていました。

コースの途中には監督とコーチっぽい人もいて、高校生のランナーと
すれ違ったり後ろから一気に抜かれたりを何度か味わっているうちに、

「自分も、12月に京都で行われる全国高校駅伝を目指すメンバーの
 一員として練習している」

という妄想の錯覚の気分に陥って、走りながら妙に気分が高揚した、
そんな思い出深い祝日のランニングになりました(^^)

その全国高校駅伝の出場を賭けた北海道大会は、10月25日(土)に
道南の北斗市で行われるようです。

去年の代表は、男子が札幌山の手高校、女子は記念大会で代表2枠で
旭川龍谷高校と札幌日大高校でした。

今年の代表がどこの高校になるのか、今からひそかに楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

2014年の年間走行距離が1000キロ突破

今日は正午過ぎから10キロほどを走ってきました。

ジョグノートの記録によると、これで今年の年間の走行距離が1001キロに
なったということで、無事に1000キロの大台を突破に。

1月 10キロ
2月 57キロ
3月 101キロ
4月 123キロ
5月 122キロ
6月 179キロ
7月 166キロ
8月 207キロ
9月 37キロ

と、自分なりに継続して走ることができているので自画自賛です(^^)

ここ何年か、この年間走行距離が1000キロを突破した時に
ブログにネタにしているのですが、その到達日が、

2010年 9月12日
2011年 9月19日
2012年 8月18日
2013年 9月11日

で、そして今年が9月14日となっています。

2年前の2012年は、5月の洞爺湖マラソンのフルに向けて、2月頃からやたらと
やる気になって練習していたので早い到達となっていますが、それ以外の年は
妙に安定した到達日に(^^)

9日後の23日(火・祝)の美唄市でのハーフ本番に向けて、
明日は15キロを超えるような距離を走りたいと思っています。

また、昨日、今日と走っている最中、小学生とその親(おそらく)という
コンビで走っている方々を何組か見かけました。

全員ではないでしょうが、10月5日の札幌マラソンでの、ファンペアの
2キロ・3キロの出場に向けて練習している方々もいるだろうということで、
何となく微笑ましく感じて、僕も練習にやる気が出た気分に(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

猟奇的なキスを私にして

このタイトルだけだと「このおっさん、とうとう可哀想な状態になってしまったか」と
思われるかもしれませんが、これについては後ほど。

今日から嬉しい3連休で、そんな土曜日の今日は、午前中に床屋に行って
自称・爽やかな好青年になってきて、そして夕方4時過ぎから15キロほどの
ランニングをしてきました。

半袖シャツ1枚で走ったのですが、家を出た時はやや肌寒さを感じ、
そして走っている最中は特に暑くも寒くもなくという、なかなか快適な
状況の中での走りとなりました。

10日後の23日の美唄でのハーフマラソンに向けて、明日も10キロほどを
走りたいと思っています。

さて最近、金曜日の深夜1時頃からTVH(テレビ東京系)で放送されている
「アラサーちゃん 無修正」という、檀蜜さんが主演のドラマ(?)を録画して、
それを次の日の土曜日に見るのが、毎週のひそかな楽しみになっています。

その番組の主題歌となっているのが、「ゲスの極み乙女。」という今年デビューの
男性2人、女性2人からなる4人組バンドが歌う「猟奇的なキスを私にして」。

バンド名‥‥ゲスの極み乙女。
曲のタイトル‥‥猟奇的なキスを私にして

というのだけを目にすれば、

「コアなファン以外は、なかなか受け入れにくいタイプの音楽」

という印象を持ってしまいがちかもしれませんが、実際にはその逆で、
ふとした瞬間に視線がぶつかる思わず口ずさんでしまいそうな、
そんな耳に残りやすい曲となっています。

8月6日に発売されたこの曲、オリコンの週間ランキングでは
初登場で9位に入ったとのこと。

何ヶ月か前にCDTVで「番組期待の新人アーティスト」みたいな企画で
このゲスの極み乙女。が出ていて、バンド名の由来について、

「こんな名前のバンドが、CDTVなんかで1位を取ったら凄いんじゃないか」

のような発言をしていて、実際にはなかなか難しいかもしれませんが、
SEKAI NO OWARIに続くような感じで、今のシングルCDランキングを
面白くしてほしいと期待しています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

「2014年北海道ロードレース」に申し込み

今日は正午過ぎから10キロほどを走ってきました。

1週間前の北海道マラソンのフル本番以来の走りとなりましたが、
走っている最中、脚の痛みや違和感は特に無かったので一安心です(^^)

さて、今後の大会ということで、今年は10月19日(日)に行われる
「第35回北海道ロードレース」。
Roadraceyoukou

いつものようにRUNNETから申し込みをしようとしたら、
何故かRUNNETにはこの大会が掲載されていませんでした。

それで調べてみたら、今年はスポーツエントリーのページからの
申し込みとなっていました。

ここのページ、大会の検索などをしていてよく辿り着いては
いたのですが、ここから申し込みをするのは初めての経験。

とはいえ、基本的にはRUNNETからの申し込みと同じような感じで、
最後はローソンでお金を払って申し込み完了となりました。
Roadracemousikomi
ハーフマラソンでの申し込みです。

この大会を僕が初めて走ったのが今から9年前の2005年で、
それから去年まで、毎年ハーフで走り続けているので、
今年も走れば記念すべき10年連続となります(^^)

スタート&ゴールが真駒内屋外競技場で、コースは真駒内公園内と
豊平川河川敷を走るという、単調と言えば単調なコースですが、
僕はかなり好きな大会なので毎年参加しています。

そしてレース後のお馴染みの大抽選会、「10年目の正直」ということで
今年こそは何としても当たる喜びを味わいたいところ。

これで僕が申し込みを済ませた大会は、
いずれもハーフで、

  9月23日(火・祝) ピパオイヘルシーロードレース(美唄)
10月  5日(日) 札幌マラソン
10月19日(日) 北海道ロードレース

の3つの大会に。

1ヶ月の間にハーフ3連戦となりますが、北海道のシーズン終盤戦を
楽しく走っていきたいです。

まずは9月23日の美唄ということで、昨日、ゼッケン引換証のハガキが
無事に家に届いています。
Bibaihagaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

2010年のドラフト1位指名選手

昨日、プロ野球の8月の月間MVPが発表され、セリーグの野手部門では、
履正社高校出身の4年目の山田哲人(ヤクルト)が初受賞。

今シーズン大躍進のこの山田は、4年前の2010年10月に行われた
ドラフトで1位指名された選手です。

この年のドラフト1位指名は、最初の指名が、

「早稲田の大石に6球団、早稲田の斎藤に4球団、単独指名は
 巨人(澤村・中大)と中日(大野・佛教大)のみ」

という、今思い返してみるとある意味では凄い指名状況でした。

中日の大野は、大学4年生の夏に肩を痛めたようで、
それで評価が落ちた中での単独指名。

1年目は1軍では10月に1試合に投げただけでしたが、そこから
去年の3年目には10勝10敗、そして4年目となる今シーズンは
ここまで7勝7敗(防御率3.19)。

まだまだ物足りなさはありますが、ひとまずはこの2年間、ほぼ先発ローテで
投げ続けているわけで、今のところ成功に入る部類の単独指名と言えそう。

ソフトバンク‥‥斎藤佑樹×→山下斐紹
オリックス‥‥大石達也×→伊志嶺翔大×→山田哲人×→後藤駿太(駿太)
日本ハム‥‥斎藤佑樹◎
ロッテ‥‥斎藤佑樹×→伊志嶺翔大◎
西武‥‥大石達也◎
楽天‥‥大石達也×→塩見貴洋◎

巨人‥‥澤村拓一
広島‥‥大石達也×→福井優也
阪神‥‥大石達也×→榎田大樹
DeNA‥‥大石達也×→須田幸太
中日‥‥大野雄大
ヤクルト‥‥斎藤佑樹×→塩見貴洋×→山田哲人◎

ということで、×が重複してクジで外し、◎が重複してクジで当てた場合です。

このドラフトでは、オリックスの岡田監督がクジ3連敗でネタになりましたが、
その3回目のクジが、ともに2連敗のヤクルトとの山田のクジだったんですね~。

結果、ヤクルトが山田を「外れ外れ1位」で獲得し、そしてオリックスは
「外れ外れ外れ1位」で後藤(駿太)を獲得。

その駿太も今シーズン、規定打席には達していませんが、ここまで
103試合に出場して188打数56安打の2割9分8厘と活躍しています。

それに比べて、6球団競合の大石と4球団競合の斎藤は‥‥となりますが、
これからの巻き返しに期待したいです(無難なコメントで締めます(^^))。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

中日ドラゴンズの山本昌が49歳0ヶ月での勝利投手に

今はボクシングの世界タイトルマッチ「八重樫東×ローマン・ゴンザレス」の
テレビ中継を観たあとの余韻で、テンションが変になっています。

正直に書くと、最後の8R、9Rは涙を浮かべながらテレビ画面を観ていました。

八重樫も凄かったけど、やはりロマゴンは強かった………。

さて、そんな金曜日の夜はもう1つ大きな出来事があり、我らが
中日ドラゴンズの山本昌が今シーズン1軍初登板となる先発の
マウンドに立ち、5回を無失点に抑えて勝ち投手に(中日6-0阪神)。

現在、49歳と25日の山本昌、1軍の試合に出場したことだけでも
「史上最年長出場記録」だったとのこと。

そして勝利投手になったため、当然ながら「史上最年長勝利記録」も達成。
ともに64年ぶりの記録更新とのこと。

まぁ、多くの中日ファンにとっては、そこまで山本昌の年齢は
特別なものとして扱っていなく、

「今日はこれでいいけど、次回の登板はもう少し長いイニングを投げてほしい」

と、普通の先発投手としての役割を期待しているかもしれません(^^)

我が家にあるTシャツも誇らしげです。
Masat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

「2014年さっぽろさよならマラソン」の大会要項

昨日、家に帰ると郵送で封筒が届いていて、開けてみると
「さっぽろさよならマラソン」の案内と申込書が入っていました。
Sayonaramousikomisyo_2
今年は11月9日(日)に開催で、さらに「雪雨・決行」と力強く書かれていました(^^)

ハーフマラソンが10時50分スタート、クォーターマラソン(ハーフの半分の距離)が
その10分前の10時40分スタートとのこと。

コースは真駒内公園内~豊平川河川敷ということで、去年と変わっていなければ、
クォーターがまずは真駒内公園内をグルッと走ってから豊平川河川敷に出て、
途中で折り返して河川敷の復路を走って公園内に再び入ってゴール。

そしてハーフは、そのクォーターのコースを2周(2往復?)となります。

ただ、去年は僕はハーフで申し込みをしたのですが、当日の朝の悪天候により、
距離がクォーターに変更になり、さらにスタート時間も1時間ほど遅らせるという、
そんなまさかの展開でした。それはそれで良い思い出になっています。

公園内のゴールは屋外競技場の中には入らず、公園内の路上でゴールという、
かつての「アコムさっぽろ祭りマラソン」を思い出させるゴールとなっています。

コースは単調と言えば単調ですが、本格的な冬に入る前のこの時期を
楽しく走ることができる大会という印象が残っています。

申し込みの締め切りが10月10日(金)までなので、
10月5日(日)の札幌マラソンが終わった後に、

「今年の残りの大会が、北海道ロードレース(10月19日)だけだと寂しいなぁ~」

と思うか、それとも、

「もう、北海道ロードレース1つだけで、今年の大会を終わりにさせてくれ……」

と思うか、その気分によって、このさよならマラソンの申し込みを決めます。

なお、大会要項は、おそらく札幌スポーツ館(札幌市中央区南3条西3丁目)と
スポーツインジャパン(札幌市豊平区水車町8丁目4-29)に置いてあると
思われます。

大会要項に記載の問い合わせ先は「スポーツインジャパン(011-823-0102)」と
なっていました。


*10月8日(水) 午後10時追記

今日の帰り道に札幌スポーツ館に行って、ハーフマラソンで
申し込みをしてきました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

10年連続の完走

僕が北海道マラソンを最初に走ったのは、今から9年前の2005年でした。
それから毎年走り続けて、そして昨日で無事に10年連続の完走に。

3年目か4年目くらいから、

「どうせなら10年まで行きたいなぁ~」

と思って走り続けてきたので、大きな目標が達成できて嬉しいです。
これで僕も「道マラン・ブルー」の仲間入りです(^^)

さて、その昨日の北海道マラソンについて、思いついたことを
ズラズラと書いていきます。

まずは完全に自分のメモ用で、昨日は朝5時10分に布団を出て、
6時前から朝ご飯を食べ、7時15分に家を出て地下鉄駅に向かい、
そして大通駅に着いたのが7時50分でした。

スタート地点に並んだのは、スタート25分前の8時35分。
Cブロックの中では真ん中より後ろ、おそらく2/3くらいの
位置だったと思います。

スタートしてからの前半は省略して、19キロ~32キロあたりの、
この大会の名物コースとなっている新川通の往復。

その一直線の新川通で癒されるのが、手稲高校の吹奏楽部の応援演奏。
今年は定期テストの影響で現役部員は参加できず、OBの方々の演奏だった
とのことです。

僕が往路で通過した時はジッタリン・ジンの「夏祭り」が演奏されていました。
「イカ天世代」の僕としては、この曲はやはり元歌のジッタリン・ジンです。
ホワイトベリーも好きでしたが。

38キロあたりの北海道武蔵女子短期大学の前で、おそらくそこの学生さんの
ランナー応援団の前を通過し、10人ほどの女子大生とハイタッチを。

37才のおっさんにとって、それだけで参加料の1万1千円分の価値は
充分過ぎるほどあった気分に(^^)

そしてゴール直前では、おそらくその後のステージ登場のために待機していた
コンサドールズユース&ジュニアの方々がコースの左側にいて、手を振ったら
反応して返してくれました。

37才のおっさんにとって、それだけで参加料の1万1千円分の価値は
充分過ぎるほどあった気分に(^^)

ちなみに、昨日の大会の完走率は78.9%とのこと。

制限時間が約5時間となったのは2009年からで、その後の完走率を調べると、
最高気温が20℃くらいで北海道マラソンとしては異常なくらい涼しかった
2009年が91.6%、そして最高気温が30℃まで上がった2010年が71.8%とのことで、
それが最高と最低の完走率となっています。

今年は数字的にはその中間くらいの完走率ということで、北海道マラソンと
しては平均的な感じかもしれませんが、やはり気象条件で大きく影響を受ける
ものだと改めて実感しました。

ただ、スタート時間が2011年までは午後0時10分、そして2012年以降が
午前9時と変更になっていて、もし今年が以前のようにお昼からスタート
だったとしたら、いきなり暑い中を走り出すわけで、もしかしたら完走率は
もう少し下がっていた可能性も。

今年は5月の洞爺湖マラソン、7月の札幌・豊平川市民マラソン、
そして昨日の北海道マラソンと年に3回のフルマラソンを走り、
いずれも歩かずに走り切ってゴールできたので自画自賛です。

これで今年のフルは打ち止めで、次の大会は9月23日(火・祝)の
美唄市でのハーフマラソンとなります。

しばらく走るのはお休みにして、そしてまた練習を再開して
秋の大会シーズンに向かいたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »