« 「2014年さっぽろさよならマラソン」の大会要項 | トップページ | 2010年のドラフト1位指名選手 »

2014年9月 5日 (金)

中日ドラゴンズの山本昌が49歳0ヶ月での勝利投手に

今はボクシングの世界タイトルマッチ「八重樫東×ローマン・ゴンザレス」の
テレビ中継を観たあとの余韻で、テンションが変になっています。

正直に書くと、最後の8R、9Rは涙を浮かべながらテレビ画面を観ていました。

八重樫も凄かったけど、やはりロマゴンは強かった………。

さて、そんな金曜日の夜はもう1つ大きな出来事があり、我らが
中日ドラゴンズの山本昌が今シーズン1軍初登板となる先発の
マウンドに立ち、5回を無失点に抑えて勝ち投手に(中日6-0阪神)。

現在、49歳と25日の山本昌、1軍の試合に出場したことだけでも
「史上最年長出場記録」だったとのこと。

そして勝利投手になったため、当然ながら「史上最年長勝利記録」も達成。
ともに64年ぶりの記録更新とのこと。

まぁ、多くの中日ファンにとっては、そこまで山本昌の年齢は
特別なものとして扱っていなく、

「今日はこれでいいけど、次回の登板はもう少し長いイニングを投げてほしい」

と、普通の先発投手としての役割を期待しているかもしれません(^^)

我が家にあるTシャツも誇らしげです。
Masat

|

« 「2014年さっぽろさよならマラソン」の大会要項 | トップページ | 2010年のドラフト1位指名選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/60266556

この記事へのトラックバック一覧です: 中日ドラゴンズの山本昌が49歳0ヶ月での勝利投手に:

« 「2014年さっぽろさよならマラソン」の大会要項 | トップページ | 2010年のドラフト1位指名選手 »