« 完走しました!(2014年日刊スポーツ豊平川マラソン) | トップページ | 荒木雅博のサヨナラヒットで連勝!(中日ドラゴンズ) »

2014年5月 6日 (火)

「2014年日刊スポーツ豊平川マラソン」の全完走者の結果が掲載

昨日行われた「第26回 日刊スポーツ豊平川マラソン」。
大会結果が早くもランネットに掲載されています。

http://runnet.jp/record/userRaceTopShowAction.do?raceId=90600

これを見ると、僕が走った「男子ハーフ高校生~39歳」の完走者は672人で、
その中で僕の順位は上位20%以内に入っているような好位置でした(^^)

さて、昨日の1日を振り返りたいと思います。

ハーフのスタートの9時50分に向けて、朝は5時40分に起きて、
6時20分から朝ご飯を食べ、7時30分に家を出て、真駒内公園の
屋外競技場に着いたのが8時45分と、まずは予定通りの行動。

準備運動をした後、軽く5分くらい走って、そしてスタート40分くらい前に
荷物を預けに行きました。荷物預けはスムーズに進みました。

そして9時50分にスタート。とにかく風が強いレースとなりました。

手元の時計では、

  0~ 5キロ 21分59秒(スタート地点までのロスタイムは10秒くらい)
  5~10キロ 42分33秒(20分34秒)
10~15キロ 1時間04分44秒(22分11秒)
15~20キロ 1時間28分44秒(24分00秒)
20~ゴール 1時間33分26秒(4分42秒)

で、豊平川の河川敷では前半が追い風&下り、そして折り返してからの
後半が向かい風&上りという、前半と後半では世界ががらっと変わるような
21キロとなりました。

それでも、強烈な向かい風の後半に、前を走っている人をポツリポツリと
抜いていくことができたので、自分なりに粘った走りだったと自画自賛です(^^)

走っているコースの横が砂地の箇所では、風に舞った砂や小石が
全身を襲ってきて、思わず走りながら「痛い」と声に出してしまいました。

何とか向かい風の河川敷を終えて、真駒内公園に入るための登り坂を超えて、
この大会名物の135度くらいの角度で曲がるヘアピンカーブからさけ科学館の
横を通って、アンダーパスのような部分を通過して、屋外競技場の中に入る前の
最後の登り坂のカーブを喘ぎながら走り、そしてゴールの屋外競技場の中へ。

そこで、ゲストランナーの赤羽有紀子さんが応援で立っていてくれて、
ハイタッチをすることができました。

21キロを走ってきたご褒美を貰った気分になって嬉しかったです。

そして無事にゴール。
Nikkanfinish

この会場にサンクスのお店が出ていたので、焼き鳥を買って食べました。
疲れた身体に対して非常に美味でした。
Tyanks

タイム的にはそれほど満足ではありませんが、2週間後の洞爺湖マラソンの
フルに向けても貴重な走りになって、良い1日でした。

ちなみに、走りながら頭の中で繰り返し流れていたのは、

「前しか向かねえ~最後くらいは~カッコつけさせてくれ~」

というAKB48の曲で、特に後半の向かい風との格闘にはぴったりでした。

|

« 完走しました!(2014年日刊スポーツ豊平川マラソン) | トップページ | 荒木雅博のサヨナラヒットで連勝!(中日ドラゴンズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/59594776

この記事へのトラックバック一覧です: 「2014年日刊スポーツ豊平川マラソン」の全完走者の結果が掲載:

« 完走しました!(2014年日刊スポーツ豊平川マラソン) | トップページ | 荒木雅博のサヨナラヒットで連勝!(中日ドラゴンズ) »