« 今年度の名局賞候補かも(NHK杯将棋トーナメント:豊島×西川) | トップページ | 「2014年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に »

2014年1月27日 (月)

赤羽有紀子選手の現役最後のレース(2014年大阪国際女子マラソン)

昨日、テレビで観た「第33回 大阪国際女子マラソン」について書きます。
ホクレンの赤羽有紀子選手の引退レースとしても注目を集めていました。

赤羽選手は前半から先頭集団の早いペースで走り、30キロ過ぎでウクライナの
ガメラシュミルコ選手に追いつかれた後は一緒にトップの選手を追いかけて
追いつき、37キロくらいでガメラシュミルコ選手に突き放されるまでは激しい
優勝争いをするという、観ていて非常に面白いレースとなりました。

これだけの走りができて、これで引退というのはもったいない気もしますが、
最後の最後に素晴らしい走りでした。

前半、かなり早い段階から、後方のガメラシュミルコ選手を気にしながら
テレビ画面を観ていたのですが、去年に引き続いての「さすがガメラ」という
強い走りでガメラシュミルコ選手の2連覇に。

あとは、2時間26分46秒で4位に入った初マラソンの佛教大の前田彩里選手。

Yahooのトップページに「無名の女子大生、前田彩里が4位に」と出ていましたが、
強豪の佛教大学のエースで、大学女子駅伝や都道府県対抗駅伝でも好走して
いるので、全然「無名」ではないですが、とにかく将来が楽しみです。

この前田選手の50歳のお母さんも一緒に走って、2時間55分でゴールしたそうで、
それも凄いです。

*第33回 大阪国際女子マラソン 結果

優勝:タチアナ・ガメラシュミルコ(ウクライナ) 2:24:37
2位:赤羽 有紀子(ホクレン) 2:26:00
3位:ヤジンスカ(ポーランド) 2:26:31
4位:前田 彩里(佛教大) 2:26:46
5位:レマ(エチオピア) 2:28:06
6位:プチコア(ロシア) 2:28:44
7位:小崎 まり(ノーリツ) 2:31:17
8位:トニオロ(イタリア) 2:31:42

|

« 今年度の名局賞候補かも(NHK杯将棋トーナメント:豊島×西川) | トップページ | 「2014年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/59021110

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽有紀子選手の現役最後のレース(2014年大阪国際女子マラソン):

« 今年度の名局賞候補かも(NHK杯将棋トーナメント:豊島×西川) | トップページ | 「2014年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に »