« コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 東洋大が2年ぶりの総合優勝[2014年箱根駅伝] »

2014年1月 2日 (木)

東洋大が往路優勝[2014年箱根駅伝・往路]

東洋大と駒大の差がほぼ1分ということで、明日の総合優勝争いが楽しみです。

-------
●第90回 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路結果

1位 東洋大 5:27:13
2位 駒澤大 5:28:12
3位 早稲田大 5:32:22
4位 日本体育大 5:33:45
5位 青山学院大 5:25:04
6位 拓殖大 5:35:52
7位 明治大 5:36:01
8位 大東文化大 5:36:31
9位 東海大 5:37:00
10位 日本大 5:37:12
11位 法政大 5:37:46
12位 帝京大 5:39:23
13位 中央学院大 5:40:18
14位 東京農業大 5:41:39
15位 神奈川大 5:41:56
16位 上武大 5:41:59
17位 中央大 5:42:27
18位 國學院大 5:42:36
19位 順天堂大  5:43:30
20位 城西大  5:44:27
21位 専修大  5:47:57
22位 国士舘大  5:55:47
(2区で途中棄権……山梨学院大)

1区は早大が大迫選手を起用したこともあり、早いペースで推移していきました。
前半から集団がどんどんとバラけていった1区は、あまり記憶にないかも。

結局、最後に抜け出した日体大の山中選手が区間賞。
評判通りの強さでした。

5区にあの服部選手がいる日体大としては最高の出だしながらも、
実績のある2区の本田選手以降、4区までが想定外の走りとなり、
5区の服部選手にタスキが渡った段階でトップと6分31秒差の7位と、
意外な展開となりました。

2区では山梨学院大のオムワンバ選手が、序盤から前を走っている選手を
抜いていって快調かと思われましたが、10キロ手前で脚を痛めて倒れ込み、
無念の途中棄権……。

右脚のすねの部分の疲労骨折とのことで、長距離ランナーには結構良くある
症状のようです。まだ2年生なので、今後の競技生活に影響が出ないことを
祈るばかりです。

5区の個人記録では、

1位 設楽 啓太(東洋大) 1:19:16
2位 服部 翔大(日体大) 1:19:17
3位 馬場 翔大(駒大) 1:19:54
4位 三輪 晋大朗(東農大) 1:19:56
5位 宮上 翔太(東海大) 1:20:06
6位 関口 頌悟(法政大) 1:20:35

ということで、わずか1秒差で設楽啓太選手が区間賞を獲得。
服部選手は1年前の圧倒的な区間賞の再現とまではいきませんでしたが、
それでもさすがの走り。

何年か前からこの5区の距離が伸びて以来、この5区の1区間でやたらと差が
ついてしまっていた印象があったのですが、今年は他の区間と比べても
そんなに差が開かなかった印象が。気象条件の良さもあったのかも。

駒大としては、馬場選手が東洋大の設楽選手より区間で38秒遅かっただけで
ほぼ1分差でゴールしたのは充分満足な走りだったでしょうね。

もし明日、駒大が総合優勝したら、勝因はこの5区が大きかったと言えそう。

法政大の関口選手は、ぱっと見たら脚を痛めているんじゃないかと心配に
なるような独特な走りから、去年の区間2位に続いて今年も好走。

ちなみにどうでもいい話ですが、今日の5区、専修大の斉藤翔太選手も加えて、
4人の「しょうた選手」が走っていましたdelicious

それと3位になった早大、去年5区を走った山本選手がケガで今年は5区を
走れないと聞いて、レース前は、

「1区の大迫選手はトップになるだろうけど、2区からズルズルと順位を落として、
 明日はシード権争い」

という展開を予想していたのですが、むしろ逆の展開に。

1区で大迫選手が5位だったのも意外ながらも、2区で区間賞を獲得して
盛り返したのがさらに意外性があってビックリでした。

その2区の早大の2年生の高田選手。最初は初めて名前を耳にする選手と
思ったのですが、鹿児島実業高出身と聞いて、3年前の高校駅伝で全国優勝した
時のアンカーと思い出しました。

世羅高校を逆転したあの最後のスパートは印象に残っています。
当時のブログにもその時の模様を書いていました。

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2010/12/2010-07f1.html

明日の復路、駒大は窪田選手を残しているので、東洋大との1分差、
どっちが勝つのか、今から非常に楽しみです。

明日も早起きします。

-----
区間賞

1区 山中 秀仁(日体大)
2区 高田 康暉(早大)
3区 設楽 悠太(東洋大) 
4区 中谷 圭佑(駒大) 
5区 服部 啓太(東洋大) 

|

« コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 東洋大が2年ぶりの総合優勝[2014年箱根駅伝] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58869321

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋大が往路優勝[2014年箱根駅伝・往路]:

« コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 東洋大が2年ぶりの総合優勝[2014年箱根駅伝] »