« 川内優輝が世界初(?)の月間2回目の2時間10分切り | トップページ | Starting Over/Superfly(2013年) »

2013年12月16日 (月)

カーリング女子がソチオリンピック代表に決定

日本時間で今日の午前0時30分開始で、ドイツで行われているカーリング女子の
オリンピック世界最終予選の最後の1枠を賭けた、日本×ノルウェーの試合が
ありました。日本代表は北海道銀行チーム。

カーリングの試合時間はだいたい2時間30分くらいなので、さすがに全部観るのは
厳し過ぎたため、早めに寝て、そして部屋のテレビのタイマーを午前2時35分に
セットしました。

そして午前2時35分にテレビがつき、思いのほかパッと目が覚めて
テレビ画面を見たところ、まずは後ろのスコアボードが目に入って、

「第7エンド終了時点で『日本3-4ノルウェー』」

ということが分かり、「えぇー、負けてるんだ……」とやや焦ったのですが、
氷上には、円の中心に近い部分にやたらと赤色のストーンが多い状態。

その赤色のストーンが日本のもので、このエンドは日本が有利な後攻で、
お互いのスキップが最後の1投を残して、先行のノルウェーが打ち合わせを
している最中の状況だと寝起きの頭で理解して、

「おぉっ!これは大チャンスか!」

と思ったところ、ノルウェーの最後の1投は円の中に届かないミスとなり、
そして日本のスキップの小笠原選手が最後の1投も確実に決めて、
何とこのエンドで6得点の大量得点で「日本9-4ノルウェー」となりました。

結局、次の第9エンドも日本が1点を獲得して10-4となったところで
ノルウェーがギブアップ。日本が見事にオリンピック出場権を獲得。

その後のインタビュールームで、テレビ解説も務めた敦賀さんが
前の日(当日?)の午前4時までかかって作ったという、お手製の
くす玉をメンバー全員で割るのを見届けて、大満足な状態で
再び眠りに入りました。

大量得点を奪ったこの試合の最も重要な部分から、オリンピック代表決定の
瞬間までを狙ったかのようにきっちりと観ることができて、寝る前にテレビの
タイマーを「午前2時35分」にセットした昨夜の自分に自画自賛ですsmile

|

« 川内優輝が世界初(?)の月間2回目の2時間10分切り | トップページ | Starting Over/Superfly(2013年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58767443

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング女子がソチオリンピック代表に決定:

« 川内優輝が世界初(?)の月間2回目の2時間10分切り | トップページ | Starting Over/Superfly(2013年) »