« 今年のランニング大会を振り返って(2) | トップページ | 2013年のベストソング決定 »

2013年12月30日 (月)

2014年箱根駅伝の予想

年明けの1月2日、3日に行われる箱根駅伝の予想をしたいと思います。
予想と言っても、かなりの部分は願望ですが。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」で、今回は第90回の記念大会で
出場校が前回の20校から23校へ増えています。

 1区:21.4キロ
 2区:23.2キロ
 3区:21.5キロ
 4区:18.5キロ
 5区:23.4キロ
 6区:20.8キロ
 7区:21.3キロ
 8区:21.5キロ
 9区:23.2キロ
10区:23.1キロ

の10区間、計217.9キロで行われます。

1年前のこの大会は、日体大が5区の山登り区間での服部選手の走りによって
首位を奪い、復路も安定した走りでリードを守り切っての総合優勝となりました。

前回の総合結果は、

-------
第89回 東京箱根間往復大学駅伝競走 総合結果

優勝:日本体育大 11:13:26
2位:東洋大 11:18:20
3位:駒澤大 11:19:23
4位:帝京大 11:21:39
5位:早稲田大 11:21:39
6位:順天堂大 11:24:43
7位:明治大 11:25:14
8位:青山学院大 11:25:59
9位:法政大 11:26:40
10位:中央学院大 11:27:34

11位:山梨学院大 11:28:24
12位:大東文化大 11:30:46
13位:関東学連選抜 11:31:50
14位:國學院大 11:33:28
15位:日本大学 11:35:23
16位:神奈川大 11:37:36
17位:東京農大 11:39:13
18位:上武大 11:42:44

(5区棄権……城西大、中央大)
---------

でした。

昨日、区間エントリーが発表されましたが、例年、当日に変更が結構あるので、
このエントリーを見てもなかなか判断はしにくいところ。

この区間エントリーは、箱根駅伝公式Webサイトに載っています。

http://www.hakone-ekiden.jp/

今シーズンのここまでの出雲、全日本の駅伝の結果が、

●出雲
 1位 駒澤大
 2位 東洋大
 3位 日体大

●全日本
 1位 駒澤大
 2位 東洋大
 3位 明治大

で、駒大が3大駅伝での3冠なるかという今回の箱根となります。

そんなこんなで、願望もたっぷり含めた僕の順位予想を、
シード権獲得の10位まで書いてみます。

1位:東洋大
2位:駒澤大
3位:日本体育大
4位:明治大
5位:東京農業大学
6位:順天堂大学
7位:法政大
8位:中央学院大
9位:國學院大
10位:青山学院大

3大駅伝で、2012年の出雲から5大会連続で2位の東洋大に優勝してほしいので、
ただそれだけの優勝予想ですdelicious

東洋大は設楽啓太、悠太の設楽兄弟、駒大は窪田選手が補欠に入っていて、
おそらくこれは作戦とは思いますが、ホントに不調でギリギリまで状態を見てという
可能性も少しながらはあるため、当日の区間変更が気になります。

5区の距離が伸びてから、良いか悪いかは別にして、特にこの5区の1区間の
重要性が増したため、1年前の5区で区間2位の結果を残した関口選手を今回も
5区でエントリーした法大を、シード圏内で予想します。

関口選手のあの「ペタペタ走り」は印象深いですdelicious

國學院大は滝川市に短大があり、ここ2年間、この滝川のハーフマラソン大会に
出場していていろいろと思い出のある土地なので、キャプテンの寺田選手の
ファンということもあり、期待を込めて予選会上がりからの9位予想としました。

エントリーリストを見ると、駒大の中村選手、そして何と言っても早大の大迫選手が
1区にエントリーされていて、今回は1区からかなり大きな動きがあるのではと
楽しみにしています。

しかし、早大は思いきってシード圏外と予想しました。根拠は特にありません。
単に、おそらく解説で出てくる瀬古さんがどういうテンションになるのかを
見てみたいだけですsmile

北海道関係では、

・脇坂 暁史(法政大)-北見北斗高→9区
・本間 有純(大東大)-北海道栄高→9区
・後藤 竜也(専修大)-北海道大谷室蘭高→3区
・小椋 裕介(青山学院大)-札幌山の手高→補欠

ということで、4人とも大会本番で走ることができるように祈っています。

1年前、スーパールーキーとして話題になった久保田選手が16人の
エントリーにすら入っていなく、青学大はかなり苦戦しそうな気がしますが、
小椋選手もどこかで走ると信じて、それで青学大を10位に予想しました。

最後に、出場の23校を書いておきます。

------
日本体育大、東洋大、駒澤大、帝京大、早稲田大、順天堂大、明治大、
青山学院大、法政大、中央学院大 

東京農業大学、山梨学院大学、東海大学 、神奈川大学、國學院大学
大東文化大学、専修大学、日本大学、拓殖大学、城西大学、、上武大学
中央大学、、国士舘大学 

|

« 今年のランニング大会を振り返って(2) | トップページ | 2013年のベストソング決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58849154

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年箱根駅伝の予想:

« 今年のランニング大会を振り返って(2) | トップページ | 2013年のベストソング決定 »