« 白いクリスマス/JUN SKY WALKER(S)(1989年) | トップページ | 年末年始の気になるテレビ番組 »

2013年12月24日 (火)

2014年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日は、朝からニューイヤー駅伝を観戦というのが、
僕の恒例行事です。

「第58回 全日本実業団対抗駅伝大会」

というのが正式名称のようです。

1区:12.3キロ
2区:8.3キロ
3区:13.6キロ
4区:22.0キロ
5区:15.8キロ
6区:12.5キロ
7区:15.5キロ

の7区間、計100.0キロです。2区は「インターナショナル区間」ということで、
外国人選手は、この区間しか走れないようです。

最長距離の4区の22.0キロが「エース区間」となるのでしょうね。

コースは群馬県庁をスタート&ゴールとして、高崎市役所、伊勢崎市役所、
太田市役所、桐生市役所などの市役所の付近を巡るコースとなっていますdelicious

前回の1年前の結果は、
--------------
優勝:コニカミノルタ 4:51:32
2位:トヨタ自動車九州 4:55:24
3位:カネボウ 4:55:25
4位:Honda 4:55:25
5位:中国電力 4:55:28
6位:SUBARU 4:55:30
7位:トヨタ紡織 4:55:31
8位:トヨタ自動車 4:55:32
9位:日清食品グループ 4:55:54
10位:旭化成 4:56:10

ということで、コニカミノルタが4区のエースの宇賀地選手でトップに立ち、
その後はどんどんと差をつけての盤石のレースだったようです。

そして2位から8位までのタイム差で分かるように、2位争いはまさかの
7チームでの最後のスパート勝負という、そんな1年前でした。

今大会の各地区の予選のダイジェスト映像がTBSのホームページに
載っていたので、それを見ながら、適当に順位予想をしてみましたdelicious

http://www.tbs.co.jp/newyearekiden/

5位までは順位を、6位~10位は順位は付けずに、ここに入る5チームを。

優勝:コニカミノルタ
2位:日清食品グループ
3位:旭化成
4位:富士通
5位:九電工

6位~10位
 Honda、トヨタ紡織、トヨタ自動車、中国電力、トヨタ自動車九州

というわけで、判断材料がほとんど無いので、どうしても予選の順位が
良かったチームを選びたくなってしまいました。

やはり、エースに宇賀地選手がいるのがとにかく大きいので、
コニカミノルタの連覇と予想しておきます。

期待の新人選手としては、東日本予選でも1区を走った
日清食品の村澤選手(東海大)に注目です。

初出場はDeNA、南陽市役所、セキノ興産、住友電工の4チームということで、
特にDeNAがどこまで上位に来るのかも気になります。

あと、今年の9月に出張に行ってお世話になった、JFEスチールを
個人的には応援したいですdelicious


●東日本地区代表(13)
  コニカミノルタ、日清食品グループ、富士通、ヤクルト、DeNA、Honda、
  小森コーポレーション、SUBARU、プレス工業、日立物流、八千代工業、
  JR東日本、南陽市役所

●中部地区代表(6)
   トヨタ紡織、トヨタ自動車、NTN、愛三工業、愛知製鋼、トーエネック

●北陸地区代表(2)
   YKK、セキノ興産

●関西地区代表(5)
   SGHグループさがわ、大塚製薬、NTT西日本、住友電工、山陽特殊製鋼

●中国地区代表(4)
   中国電力、マツダ、JFEスチール、中電工

●九州地区代表(7)
   九電工、旭化成、黒崎播磨、トヨタ自動車九州、三菱重工長崎、安川電機
   西鉄

|

« 白いクリスマス/JUN SKY WALKER(S)(1989年) | トップページ | 年末年始の気になるテレビ番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58814668

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ニューイヤー駅伝の予想:

« 白いクリスマス/JUN SKY WALKER(S)(1989年) | トップページ | 年末年始の気になるテレビ番組 »