« 2014年箱根駅伝の予想 | トップページ | コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) »

2013年12月31日 (火)

2013年のベストソング決定

毎年、大みそかには、

「僕のその年のベストソング」

というのをこのブログで書いているのですが、
今年でそれも9回目になりますdelicious

そんなわけで、先ほど僕の中で、

「2013年のベストソングを決定する委員会」

が開催されました。

ちなみに過去は、

2005年 ツバサ/アンダーグラフ(発売は2004年の9月)
2006年 しるし/Mr.Children
2007年 CHE.R.RY/YUI 
2008年 HANABI/Mr.Children
2009年 イチブトゼンブ/B'z
2010年 キミがいる/いきものがかり
2011年 家族になろうよ/福山雅治
2012年 恋/back number

でした。

まずは、今年気になった曲をひたすら書きます。

・制服のマネキン/乃木坂46(発売は去年の12月)
・My Resistance-タシカナモノ/Kis-My-Ft2
・SNOW DOMEの約束/Kis-My-Ft2
・棚からぼたもち/舞祭組
・リリック/TOKIO
・恋する季節/ナオト・インティライミ
・手紙/ナオト・インティライミ
・スターラブレイション/ケラケラ
・さよなら大好きだったよ/ケラケラ
・RPG/SEKAI NO OWARI
・ありがとう/FUNKY MONKEY BABYS
・会わないつもりの、元気でね/SCANDAL
・Joy!!/SMAP
・Believe/西野カナ
・常夏ハイタッチ/SUPER☆GiRLS
・高嶺の花子さん/back number
・友達より大事な人/剛力彩芽
・恋するフォーチュンクッキー/AKB48
・暦の上ではディセンバー/ベイビーレイズ
・ごめんなさいのKissing You/E-girls
・まだ涙にならない悲しみが/KinKi Kids
・桔梗が丘/平井堅

次に、この中から5曲を選びました。

・ありがとう/FUNKY MONKEY BABYS
  <♪君と寄り添って いくつも乗り越えた 悲しみの夜を 僕は忘れない♪>

Mステの最後の出演でのライブを見て、思わずテレビの前で
グッときてしまったのが印象に残っています。

・Joy!!/SMAP
  <♪無駄なことを 一緒にしようよ 忘れかけてた魔法とは つまりJoy!! Joy!!>

発売前に「SMAPもあからさまな複数売り商法に」と話題になったシングルで、
最初はそういう面で先入観を持って曲を聴いたのですが、曲自体は上に書いた
サビの部分が特に絶品で、非常に好きになりました。

・高嶺の花子さん/back number
  <♪会いたいんだ 今すぐその角から飛び出してきてくれないか♪>

軽快なメロディーに乗せながら、片想い男の妄想全開な様子が
歌われていて、是非とも多くの人に聴いてほしい曲です。

・恋するフォーチュンクッキー/AKB48
  <♪恋するフォーチュンクッキー 未来はそんな悪くないよ♪>

最初に聴いた時は少し地味な曲と思ったのですが、いつの間にか
耳に残り続けてしまっていました。振り付けも話題になりましたね~。

「売上戦略」はともかく、AKB系の曲は基本的に僕は好きです。

・まだ涙にならない悲しみが/KinKi Kids
  <♪まだ涙にならない悲しみが 心を記憶に閉じ込めてしまう♪>

作詞が松井五郎、作曲が織田哲郎という黄金コンビ。

サビの長めのフレーズを曲のタイトルにしたり、さらに曲全体の雰囲気も含め、
何となく全盛時代のビーイング系を思い出させ、今年の終盤に良い曲を発売
してくれて嬉しかったです。


この5曲の中から僕の今年のベストソングを選びました。

・高嶺の花子さん/back number

そんなわけで、3人組の男性バンドのback numberの曲を
2年連続で選びました。

最初、このタイトルを見た時は「ちょっとなぁ……」と思いながらも、
何回か曲を聴いたら、このタイトルしかないような気になりましたdelicious

妄想と願望を持つだけで、特に行動に移そうとは一切していない、
そんな主人公の男性の描かれ方が素晴らし過ぎます。

ただ、この曲、さらにback numberというバンドの存在自体、一般的に
どのくらいまで浸透しているのかが大きな疑問となっています。

一昔前までなら、オリコンでの売り上げ枚数や、週間ランキングでどのくらいの
期間でチャートインしていたかなどで、ある程度はその曲や歌手・グループの
知名度が把握できていたのですが、今はそれが難しい状態です。

そういう面で、

・南部蝉しぐれ/福田こうへい

を今年の僕の特別賞に選びたいです。

去年の10月24日に発売され、オリコンの週間ランキングでここまで
最高13位、登場回数61回という、こういうロングヒットのチャート動向が
我々の大好物なんだと、強く訴えたいです。

ただ、この曲、CDTVの週間ランキング発表の時に流れる
サビの部分の、

「蝉~し~ぐ~れ~」

しか耳にしたことがないので、今夜の紅白歌合戦で曲の全体を初めて
聴けることを今から楽しみにしていますsmile

ちなみにこの福田こうへんさん、1976年9月生まれということで、
僕と同い年のようです。

そんなこんなでまとめですが、今年、2013年は僕の中では気になった曲が
多く発売されていた印象で、良い1年でしたhappy01

これで今年のブログ更新は終了です。また来年、よろしくお願いします~。

|

« 2014年箱根駅伝の予想 | トップページ | コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58849596

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のベストソング決定:

« 2014年箱根駅伝の予想 | トップページ | コニカミノルタが2年連続の優勝(2014年ニューイヤー駅伝) »