« 川内優輝(埼玉県庁)が日本人最高の3位に[2013年福岡国際マラソン] | トップページ | 来年、2014年の祝日は? »

2013年12月 3日 (火)

114-112が2人の判定は正しい?

今夜はボクシングの世界タイトルマッチの中継を観ていました。

最後の亀田大毅×リボリオ・ソリスのS・フライ級の試合、

ソリス 114-112 亀田
ソリス 114-112 亀田
ソリス 113-115 亀田

の2-1の判定で、計量失敗と水のかぶ飲みで有名になった
ソリスの勝利と発表。

観ていた限りでは減点の発表も無く、ダウンもそれに近いようなシーンも無く、
全てのラウンドで10-9を付けても114-112にはならないのですが、それが2人もいて、
明らかにおかしいような気がします。

判定発表の時にリングアナウンサーがグタグタな感じの発表になっていましたし、
もしかしたら集計ミスで、明日の朝、新聞を広げたら、

「亀田大毅の勝利(もしくは引き分けでIBFの王座は防衛)」

となっていて、そしてヤフーコメントなどのネット上は大荒れ、
そんな展開になっている可能性もsmile

そうなるかはともかく、「114-112」は不思議です。

*追記
  「114-112」ではなくて、「116-112」でソリスの勝利にしたジャッジが
 2人らしいです。勝敗が変わらなかったからまだいいですが、2週間前の
 韓国での長男の試合と同じで、ちゃんとスムーズに集計して正しく
 発表してほしいです。

  そうしてくれないと、あの妙な空気の待ち時間の間にどうしても
 「今現在、あの場で何らかの取り引きが?」と疑ってしまうのでsmile

*さらに追記
  IBFが試合後に「亀田大毅はIBF王座にとどまる」と発表したという情報も。
 ソリスが計量で失格になったのがそもそも悪いのですが、もう何が何だか
 訳が分かりません。
 

|

« 川内優輝(埼玉県庁)が日本人最高の3位に[2013年福岡国際マラソン] | トップページ | 来年、2014年の祝日は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58692917

この記事へのトラックバック一覧です: 114-112が2人の判定は正しい?:

« 川内優輝(埼玉県庁)が日本人最高の3位に[2013年福岡国際マラソン] | トップページ | 来年、2014年の祝日は? »