« NEWS23が始まったら、亀田興毅が勝ってた | トップページ | BYE/L⇔R(1995年) »

2013年11月20日 (水)

サッカー天皇杯(札幌、長野ともに惜しくも負け)

今日の午後7時から、サッカー天皇杯のベスト8進出を目指しての
3試合が行われました。

NHK-BSで「横浜F・マリノス(J1)×AC長野パルセイロ(JFL)」の
生中継をしていたので後半から観ていました。

最初は何となく観ていたのですが、長野が攻め込んだ時の
解説の早野宏史さんの「おっ!これはいいですよ!」というような
絶妙なテンションの上げ方により、自然と「にかわ長野ファン」に
なっていきました。

長野のユニフォームが、コンサドーレ札幌のアウェー用のユニフォームと
少し雰囲気が似ていたのも要因でしたdelicious

前半1-1で、後半は点が入らずに延長戦に突入して、
延長戦の前半に横浜が勝ち越して、さすがにこれでダメかと
思いました。

ところが、延長の後半はむしろ長野が攻め込んで、

「決まったか!?」

と思えるような非常に惜しいチャンスの場面も3回ほどあり、
最後の方になったら「熱狂的な長野ファン」になっていましたsoccer

結果はそのまま2-1で横浜の勝ちになりましたが、
思わぬ形で熱くなることができた水曜日の夜になりました。

また、同じく午後7時にキックオフになった、何故か熊本で行われた
「コンサドーレ札幌×ヴァンフォーレ甲府」の試合は、J's GOALの
速報画面でずっとチェックしていたのですが、延長戦の後半に
甲府のパトリックに決勝ゴールを決められて0-1で負けという結果に。

4日後にJ2リーグの最終戦もあるので、この前の日曜日の岐阜戦とは
メンバーを大きく入れ替え、岐阜戦の先発で今日も先発で出たのは、
我らが砂川誠だけだったようです。

砂川はこの前の試合でイエローカードを貰って、累積で次の試合は
出場停止で出られないため、今日は中2日の試合で先発で、さらには
120分フルにプレーしたということで、僕と同じ36歳、お疲れさまでした!

今日の札幌のメンバーは、

●先発
GK 阿波加 俊太
DF 前 貴之
DF 小山内 貴哉
DF パウロン
DF 松本 怜大
MF 前 寛之(札幌U-18)
MF 堀米 悠斗
MF 神田 夢実
MF 横野 純貴
MF 砂川 誠
FW フェホ

●控え
GK 種村 優志(札幌U-18)
DF 内山 裕貴(札幌U-18)
MF 古田 寛幸
FW レ コン ビン(英雄)
FW 前田 俊介

ということで、多くの甲府ファンは今年の札幌の普段のスタメンなどは
分からないと思うので、

「先発と控えを合わせて外国人選手を3人も入れ、控えの切り札に前俊もいるし、
 あとは砂川くらいしか名前は分からないけど、きっとベストメンバーに近いはずだ」

と勘違いをした方々もいるかもしれませんねsmile

とにかくこのメンバーで120分の真剣勝負をできたことは、
来年以降に向けても貴重な試合になったと思います。
もちろん、勝てば最高だったのですが……。

そんなわけで天皇杯は終わりましたが、次は4日後の札幌ドームでの北九州戦。
このリーグ戦最終節で勝利して、松本山雅が「13-0」のスコアで勝つことなく、
J1昇格プレーオフ進出を決めたいです!

|

« NEWS23が始まったら、亀田興毅が勝ってた | トップページ | BYE/L⇔R(1995年) »

コメント

ども。今日はこのあたりで。
>解説の早野宏史さんの「おっ!これはいいですよ!」
まあ基本的にはややもヒゲのOLポトフさんも好きなので
(徳島の監督時代書いてたブログが「まるでOLのブログみたい」と
呼ばれ、特にポトフに関しての記述が好評だったことから美濃部監督の
綽名の一つが「ポトフ」。でも現役はガンバ大阪で終えた名選手で、
解説者としても定評があり、柿谷再生や今季の長野パルセイロ(人文字
略称は相性から来ていて「籠」)をJFL初優勝に導いた名監督なんです)、
当然注目していたわけですが、メンツの実力不足を補う見事に繋がる
パスサッカーをよく表現していたなあ、と(覚え方ははややに倣って
「パルセイロ、パスせいよ」とでもしましょうか)。

 選手としてはFKを決めた元は柏レイソルではややとラモスでやらかして
J2に落ちた時(2006年)に零たれた選手の一人で福岡→ジャパンサッカー
カレッジ(アルビレックス新潟の北信越地域における下部組織・育成組織の
一つみたいなもので北信越リーグ1部所属)→長野と渡り歩いてきたFW
宇野沢祐次と柏レイソルユース出身で前評判も高かったがこちらもアルビ
レックス新潟→ジャパンサッカーカレッジ→長野と渡り歩いてきたGK
諏訪雄大に注目が集まっていたようで。
 他にも元福岡の平島メンバーとか、昔ジュビロ磐田にいた藤井貴とか
色々集めているようなんですな。某やる夫スレでは「ステルスモモ」こと
『咲-saki-』の東横桃子で語られていたようですし(無論松本との確執
含めて)。ともあれ長野市長の土建屋体質が強いこともあって、まだまだ
スタ建設完了までは余談を許さないところですが、強いチームのベースは
出来上がりつつあるんだな、と考えさせられた一戦でした。

>今日の札幌のメンバー
何気なく確認した限りでは「トップチームの試合で前兄弟が先発した
最初の試合」になってたのかも。

投稿: torov | 2013年11月21日 (木) 07時42分

>torovさん

監督の美濃部さんの姿を見た時に「おっ!今はここにいたんだ!」と
反応してしまいました。2年前の今頃は、札幌と徳島で昇格を争って
いたんですものね~。

レイソル時代の宇野沢は何とか覚えていたので、久しぶりに名前を聞いて
活躍する姿を見られて嬉しかったです。

それとGKの諏訪、「札幌来てくれないかなぁ~」と思ってしまいましたdelicious

前兄弟はトップチームでは初じゃないですかね~。去年のプレーを見て、
兄貴の方はかなり期待していたので、今年は少し残念でした。

投稿: しげた | 2013年11月21日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58613823

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー天皇杯(札幌、長野ともに惜しくも負け):

« NEWS23が始まったら、亀田興毅が勝ってた | トップページ | BYE/L⇔R(1995年) »