« 初雪の中のハーフマラソン大会? | トップページ | 好きだよと言えずに初雪は »

2013年11月 5日 (火)

駒澤大学が優勝(2013年全日本大学男子駅伝)

2日前の11月3日(日)の午前8時05分スタートとなった
「第45回全日本大学駅伝」。8区間106.8キロで争われました。

その日は札幌ドームにコンサドーレ札幌の試合を観に行くため、
午前10時過ぎに家を出たのですが、それまではテレビ中継を観て、
あとは録画しておいてその日の夜に観ました。

当日の夜は日本シリーズもあり、その後となったので、
見終わるのにかなり夜遅くまでかかりましたdelicious

結果は駒澤大学が優勝して、これで全日本は3年連続の優勝。
今シーズンは出雲と合わせて2冠に。

3区から4区の中継所では東洋大学が1位で、10秒ほどの差で2位が駒澤大学
だったのですが、その4区の駒澤大学の村山謙太選手が区間新の走りで
一気に東洋大学との差が1分30秒ほどまで広がり、結果的にはここでほとんど
勝負ありという形になりました。

MVPがあれば、間違いなくこの4区の村山選手でしょうねhappy01

その後は駒澤大学が着実にリードを広げていって逃げ切りました。

2位の東洋大は、昨シーズンの出雲、全日本、箱根、そして今シーズンの
出雲、全日本と、これで3大駅伝では5大会連続での2位に。ある意味、
その安定感も凄いですが。

北海道関係では、札幌山の手高校出身の小椋裕介選手(青山学院大学)が
4区で区間7位のタイムと、まずまずの結果でした。チームも6位に入って、
初のシード権を獲得。

そして北海道地区代表の札幌学院大学は、オープン参加の東海学連選抜を
除いての25校中25位ということで最下位に……。

去年は23位で、今年の1区では21位でタスキ渡しをして、その後ろの4校とは
少し差を離した感じだったので「これは去年よりも良い順位で」と期待したのですが、
そこからだんだんと順位を落としていってしまいましたdespair

それと、先ほど書いた駒澤大学の村山健太選手と、2週間前の箱根駅伝の
予選会で日本人トップになった城西大学の村山紘太選手は双子なのですが、
実は今回の全日本、同じチームで双子の2人ともが走った大学が、

・設楽 悠太・設楽 啓太(東洋大学:1区と8区)
・市田 孝・市田 宏(大東文化大学:1区と2区)
・松村 優輝・松村 和樹(順天堂大学:1区と7区)

と3つあります(他にもあるかもしれませんが)。

双子はスポーツの中で陸上の長距離を一緒に選択する割合が高いのか、
それともたまたまなのか、是非ともどなたか研究をしてほしいところですdelicious

●第45回全日本大学駅伝 大会結果(6位までが来年のシード権獲得)

 1位 駒澤大学
 2位 東洋大学
 3位 明治大学
 4位 早稲田大学
 5位 山梨学院大学
 6位 青山学院大学
 7位 大東文化大学
 8位 日本体育大学
 9位 日本大学
10位 順天堂大学

25位 札幌学院大学

<区間賞>
1区 中村 匠吾(駒澤大学)
2区 井上 大仁(山梨学院大学)、山中 秀仁(日本体育大学)、
    大迫 傑(早稲田大学)
3区 油布 郁人(駒澤大学)
4区 村山 謙太(駒澤大学) 区間新
5区 中谷 圭佑(駒澤大学)
6区 馬場 翔大(駒澤大学)
7区 木村 慎(明治大学)
8区 ダニエル・ムイバ・キトニー(日本大学)
  

|

« 初雪の中のハーフマラソン大会? | トップページ | 好きだよと言えずに初雪は »

コメント

こんにちは。ついに雪が降りましたねー。いきなり寒くなってビックリです。
全日本大学駅伝は東京へ行っていたためスッカリ忘れていました。駒大優勝嬉しいです。村山選手は前回の出雲でも先輩の記録を抜いて区間新を出してますし期待の選手ですね。ご兄弟が城西大にいますよね。確か双子ではなかったと思いますが。
東洋の安定の2位はすごいですが、最近3強から外れてずーっと4位な気がする早大のポジションがファンとしては少し悲しいです。4位でも十分凄いんですけど。
箱根はどうなりますかね。ここまで来たら駒大に頑張ってほしいです。最近はずっと往路でブレーキで復路がすさまじくて復路優勝っていうパターンが多いので。

投稿: 苗坊 | 2013年11月 9日 (土) 08時31分

>苗坊さん

こんにちは~。

駒大の村山選手、昨シーズンまではトラックのタイムは凄い良いのに
駅伝ではイマイチというイメージがあったのですが、今シーズンは
出雲、全日本と快調ですね。

城西大の村山選手とは双子のようですhappy01

早大は出雲に続いて1区で出遅れて、そこから追い上げてというパターンでした。
これを受けて、箱根、1区で大迫選手というのはないとは思いますが…。

駒大はたしかに最近、往路で予想外に遅れて、復路で「さすが地力がある」と
思わせる展開が多いですよね~。2ヶ月後の箱根が今から楽しみです。

投稿: しげた | 2013年11月 9日 (土) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58521255

この記事へのトラックバック一覧です: 駒澤大学が優勝(2013年全日本大学男子駅伝):

« 初雪の中のハーフマラソン大会? | トップページ | 好きだよと言えずに初雪は »