« 50回目のハーフマラソン | トップページ | 憧れの女性ランナー »

2013年10月 3日 (木)

広島・前田智徳の引退試合(ライトフライを狙って打つのは難しい…)

今日のプロ野球、広島のマツダスタジアムでは広島×中日の試合が
前田智徳の引退試合として行われました(中日5-3広島)。

8回裏の代打で登場の場面は残念ながら見逃してしまったのですが、
ライトの守備についた9回表の途中からテレビ中継を見ることができました。

そして、中日のバッターの大島、森野、平田が何とかライトへフライを
打とうという姿勢がヒシヒシと感じられ、見ていて胸が熱くなりましたsmile

まず大島は方向としてはいい感じでポップフライを打ち上げたのですが、
惜しくも外野まで飛ばずにセカンドのほぼ定位置のフライ。

次の森野はライト線へワンバウンドでフェンスに当たるような痛烈な2塁打。
その打球を前田智が処理する場面を作り出した最高の仕事を。

もしかしたら打った瞬間、

「違う!こんないい当たりでは無く、打ちたかったのは平凡なライトフライだった…」

と森野は思ったかもしれませんがdelicious

そして2アウト2塁となって最後の平田。

明らかに右打ちを狙っていて、右方向にフライは上がるのですが、
全てスタンドに入るファール。結局、そんなファールが7球続きました。

そのファールに反応するため、打球が上がるたびにフェンスまで
移動する前田智。そのたびに大歓声に包まれるスタジアム。
お笑い要素も含みながらも暖かい、素晴らしいものを見た気分に。

結局、最後は打球が上がらずにセカンドゴロに終わりました。

そのあとの9回裏の広島の攻撃、最後の打者となった広島の迎の
打球はほぼ定位置に飛ぶ平凡なライトフライ。そしてそのライトを
守っていたのが平田。

「平田くん、ライトフライはこうやって打つものなんだよ」

と迎が示したかのような打球で今日の試合は終了となりました。

前田智は僕が中学生の頃から活躍していた選手なので、
引退は寂しいものがありますが、今日の引退試合とその後の
セレモニーをテレビ中継で見られて良かったですbaseball

|

« 50回目のハーフマラソン | トップページ | 憧れの女性ランナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58315343

この記事へのトラックバック一覧です: 広島・前田智徳の引退試合(ライトフライを狙って打つのは難しい…):

« 50回目のハーフマラソン | トップページ | 憧れの女性ランナー »