« 久しぶりの長袖のランニング(+駒大苫小牧高校が優勝) | トップページ | 「2014年箱根駅伝」に向けた予選会が土曜日に(2013年10月19日開催) »

2013年10月14日 (月)

駒大が優勝、千葉ロッテがファイナルステージに(出雲駅伝とプロ野球CS)

今日は午前11時30分過ぎから15キロほどのランニングをしてきましたrun

天気が良く、半袖シャツ1枚で走るのにはちょうど良いくらいの気温で、
「体育の日」にふさわしいような爽やかな中を走ることができましたsun

この3日間は自分なりに一生懸命なペースで練習したので、明日からの平日は
走るのは休みにして、本番前日の土曜日に軽く走って、そして日曜日に行われる
北海道ロードレースのハーフ本番に挑む予定です。

家に帰ってからは、パソコンのスポーツナビの速報画面で
パリーグのクライマックスシリーズの経過を気にしながら、
大学駅伝の出雲駅伝のテレビ中継を観ました(6区間44キロ)。

結果は1区で駒大が2位以下に20秒ほどの差をつけてタスキ渡しをして、
そのままリードを少しずつ広げて、アンカーのエースの窪田選手までに
1分の貯金を作るという、盤石のレース大会で優勝に。

正直なところ、観てる方にとっては少しツマラナイ展開でしたがsmile

1区で青山学院大の小椋選手(札幌山の手高校出身)が区間4位の好走。
しかも2位と3位の選手とはほとんど差が無いような状態で、これだけで
今日は満足な気分になりました。

スタート時点の気温が26℃ということで、かなり気温の高い条件だったので
タイムは出にくいのかなと思ったのですが、6区間中3区間で区間新記録が。

この出雲の大会、テレビ中継を観ていると毎年風が強いイメージがあるのですが、
今年はその風があまりなかったようで、それが好タイムに繋がったのかも。

とはいえ、この気温はそんなに良い条件ではなかったと思うので、
その中で高レベルのタイムが出て、今シーズンのこれからが楽しみです。

あとは、中央学院大の健闘が目立ちました。

●第25回 出雲全日本大学選抜駅伝 結果

1位 駒澤大 大会新
2位 東洋大
3位 日体大
4位 早稲田大
5位 青山学院大
6位 中央学院大

*区間賞
  1区 中村 匠吾(駒大)
  2区 八木沢 元樹(明治大)
  3区 村山 謙太(駒大) 区間新
  4区 岡本 雄大(中央学院大) 区間新
  5区 服部 勇馬(東洋大) 区間新
  6区 窪田 忍(駒大)

この出雲駅伝の中継が終わったあと、プロ野球のパリーグの
クライマックスシリーズの「埼玉西武×千葉ロッテ」にチャンネルを
切り替えたところ、8回表の千葉ロッテの攻撃中でした。

その攻撃で角中の貴重過ぎる2点タイムリーが生まれて4-1とリードを広げ、
最後は益田が締めて、そのまま「千葉ロッテ4-1埼玉西武」という結果に。

何となく西武を応援していたので少し残念。しかし、敵地での試合とは
思えないロッテファンの応援は凄いdelicious

ファイナルステージはセリーグが16日(水)、パリーグは17日(木)からということで、
中日ファンとしては今年は気楽な立場で楽しみますbaseball

|

« 久しぶりの長袖のランニング(+駒大苫小牧高校が優勝) | トップページ | 「2014年箱根駅伝」に向けた予選会が土曜日に(2013年10月19日開催) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/58384087

この記事へのトラックバック一覧です: 駒大が優勝、千葉ロッテがファイナルステージに(出雲駅伝とプロ野球CS):

« 久しぶりの長袖のランニング(+駒大苫小牧高校が優勝) | トップページ | 「2014年箱根駅伝」に向けた予選会が土曜日に(2013年10月19日開催) »