« 1年3ヶ月ぶりに勝ち試合を観戦(コンサドーレ札幌) | トップページ | プロ野球の開幕は明日 »

2013年3月27日 (水)

愛を語るより口づけをかわそう

今日のブログのタイトルだけだと、

「このおっさん、大丈夫か?」

と思われるかもしれませんが、これはWANDSが1993年に発売した
シングル曲のタイトルで、この曲はミリオンヒットになりました。

この前、3月6日に発売されたAcid Black Cherryのカバーアルバムに
この曲が収録されているので、懐かしくなって今日のブログネタに。

Acid Black Cherryは、Janne Da Arc(ジャンヌダルク)のボーカルのyasuの
ソロプロジェクトなのですが、

「早く、ジャンヌダルクが復活してほしいなぁ~」

という気持ちが強いのが本音ですdelicious

とはいえ、Acid Black Cherryのカバーアルバムのシリーズもこれで第3弾と
なるのですが、その選曲の数々が30代後半のおっさん心を刺激します。
曲についての詳細はウィキペディアなどで調べてみてください。

今回取り上げた「愛を語るより口づけをかわそう」をWANDSが発売した
1993年の春のあたりはビーイング系全盛時代で、高校生時代を
ビーイング系と共に過ごした僕にとって、想い出の1曲です。

この頃、戦略かどうかは分かりませんが、ビーイング系の長いタイトルの曲が
立て続けに発売され、このWANDSの曲以外にも、

・愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない
・押さえきれないこの気持ち
・このまま君だけを奪い去りたい
・別れましょう私から消えましょうあなたから
・君が欲しくてたまらない
・君が好きだと叫びたい
・声にならないほどに愛しい

などがありました。歌っていた歌手やグループ名が全て分かった方は
ビーイング系レベルが高いですhappy01

ちなみに、書いた順番にB'z、T-BOLAN、DEEN、大黒摩季、
ZYYG、BAAD、マニッシュです。

この当時、これらの「ビーイング系」のヒットには、
次のような批判がなされていました。

・売れ線を狙った商業主義だ
・耳当たりはいいけど、音楽性のレベルは低い
・聴いた後に何も残らない、使い捨て型の音楽だ

………。残念ながら、僕が音楽に求めるものは、
上で述べられた批判の項目、まさにそのものです。

「音楽性」なんか僕の耳ではちっとも分からないし、

・ぱっと聴いて
・すっと耳に入って
・さらっと流れていく

そんな音楽が理想ですsmile

|

« 1年3ヶ月ぶりに勝ち試合を観戦(コンサドーレ札幌) | トップページ | プロ野球の開幕は明日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/57046543

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を語るより口づけをかわそう:

« 1年3ヶ月ぶりに勝ち試合を観戦(コンサドーレ札幌) | トップページ | プロ野球の開幕は明日 »