« 日本は準決勝で敗退 | トップページ | 20キロのランニング »

2013年3月19日 (火)

北海道出身の幕下力士

大相撲で十両以上の力士を「関取」と呼びますが、北海道出身の力士で
その関取が不在になってから2年ほどが経ち、寂しい状態が続いています。

そこで期待したいのが、現在6人いる幕下の力士。
今日、10日目が終わっての成績は、

西17枚目 十勝海(帯広)    2勝3敗
西23枚目 旭大星(旭川)    4勝1敗
西36枚目 北海龍(苫小牧) 4勝1敗
東37枚目 北皇(むかわ)    2勝3敗
西41枚目 錦風(石狩)       4勝1敗
東56枚目 北道山(紋別)    2勝3敗

ということで、4勝1敗が3人、2勝3敗が3人と綺麗に分かれていますが、
悪くない成績です。

特に西23枚目の旭大星は、たしか2~3年前くらいに、NHK-BSで放送されていた
ドキュメンタリー番組みたいなので密着取材を受けていました。平成元年10月
生まれとのことなので現在23歳。

その放送は後半しか見なかったので内容は良く覚えていないのですが、
最後の方で相撲部屋から逃走して、そのまま放送が終了しそうな流れに
なりながらも、結局は戻ってきたようで、特に説明もないまま稽古の様子が
流れて放送終了という、なかなか印象に残るような作りだった記憶がsmile

そこから何となくこの旭大星を応援しています。放送当時は序二段か
三段目だったのですが、今は幕下の中位まで上がってきて、今場所は
ここまで4勝1敗の好成績。

5勝2敗にすれば、翌場所は10枚目近くまでは上がれるかもしれないので、
何とかせめてもう1つは勝ってほしいですhappy01

|

« 日本は準決勝で敗退 | トップページ | 20キロのランニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56990681

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道出身の幕下力士:

« 日本は準決勝で敗退 | トップページ | 20キロのランニング »