« 3週間ぶりのランニング | トップページ | 日本は準決勝で敗退 »

2013年3月17日 (日)

羽生善治3冠の5連覇を渡辺明2冠が阻止(NHK杯将棋トーナメント決勝)

今日の午前中は、日本全国の約8千万人は注目していたであろう、
第62回NHK杯将棋トーナメントの決勝を見ました。

「羽生善治 3冠(王位、王座、棋聖)×渡辺 明 2冠(竜王、王将)」

の黄金カードは先手の渡辺2冠が勝利し、これでNHK杯は初優勝という結果に。

羽生3冠は一昨年、史上初のNHK杯3年連続優勝となり、さらに去年、
その記録を4年連続に伸ばし、さらに今年も決勝へ。

NHK杯はこの5年間、無傷の24連勝ということで凄過ぎたのですが、
その連勝と5連覇を止めたのが渡辺2冠ということで、現在の将棋界の
主役の1人が立ちはだかった形に。

羽生3冠の5連覇を見たかった気分が強くて、今日は羽生3冠を
応援していたので少し残念でしたdelicious

今日の対局、中盤で△8七歩▲7九玉と効かせてから7五の地点で角交換を
したあたりでは、何となく羽生3冠のペースかもという気がしたのですが、
その後の△2七角▲5四歩から一気に勝負が決まっていきました。

渡辺2冠の確実で厳しい攻めが印象的でした。

今年度のNHK杯は、実績のある棋士がやはり強くて残っていった感じに
なったので、次年度は新しい棋士が活躍してくれることを期待していますhappy01

|

« 3週間ぶりのランニング | トップページ | 日本は準決勝で敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56972463

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生善治3冠の5連覇を渡辺明2冠が阻止(NHK杯将棋トーナメント決勝):

« 3週間ぶりのランニング | トップページ | 日本は準決勝で敗退 »