« 「2013年洞爺湖マラソン」に申し込み! | トップページ | WBCで日本の2次ラウンド進出が決定 »

2013年3月 3日 (日)

藤原正和(Honda)が2時間8分台で日本人トップの4位に[2013年びわ湖毎日マラソン]

昨日のブログの最後に、
--------
オリンピック代表だった山本亮選手(佐川急便)と、中央大学時代から
応援している藤原正和選手(Honda)に期待です。
--------

と書きましたが、願った通りの展開にhappy01

スタート時の気温が6℃と低目で風も結構強かったようで
タイムを狙うには厳しい条件だったみたいですが、レース的には
最後まで非常に見応えがありました。

そして、HHKの中継はやはり落ち着いて観られました。

----------
●第68回 びわ湖毎日マラソン 結果

1位 ビンセント・キプルト(ケニア) 2:08:34
2位 タクリ・ジュファー(エチオピア) 2:08:37
3位 ジェームス・ムワンギ(ケニア(NTN)) 2:08:48
4位 藤原 正和(Honda) 2:08:51
5位 山本 亮(佐川急便) 2:09:06
6位 石川 末廣(Honda) 2:09:10
7位 松村 康平(三菱重工長崎) 2:10:12
8位 ビクトル・ロスリン(スイス) 2:10:18
9位 足立 知弥(旭化成) 2:10:22
10位 田村 英晃(JR東日本) 2:10:54

ペースメーカーが外れた30キロ過ぎから3分00秒~3分02秒くらいのペースに
上がったようで、そこで先頭集団が絞り込まれて、35キロ地点では、最終的に
1位から7位になった7人の集団に。

そこから日本人選手が1人ずつ離されていってしまい、それでも何とか大きくは
遅れずに粘って、そして優勝はキプルト選手とジェファー選手のトラック勝負という、
観ていて最後までオモシロいレースでしたsmile

日本人トップになった藤原選手は、2001年の箱根駅伝の
山登り区間の5区で走り、強風の中の伝説の、

「大村(法政大)、奥田(順天堂大)、藤原(中央大)の激しい往路優勝争い」

での冷静な感じの走りが印象に残ってファンになったんですよね~。

そしてちょうど10年前の2003年、4年生の時にびわ湖で初マラソンを
走っていきなり2時間8分12秒を出して、世界陸上代表に選出。

ここまでは良かったのですが、その世界陸上は故障で出場できず、
そしてそれからも故障が続いたようで、次にフルマラソンを走ったのは、
その5年後くらいだったと思います。

1回、3年前の東京マラソンで優勝はありましたが、なかなか期待通りの
結果は出ない状態だったので、今回の結果は非常に嬉しいですhappy01

世界陸上の代表枠は5人で、

・福岡……堀端(2時間8分24秒)
・別府……川内(2時間8分15秒)、中本(2時間08分35秒)
・東京……前田(2時間8分00秒)
・びわ湖……藤原(2時間8分51秒)

の5人が今のところは代表になりそうです(これからの海外のレースも
選考対象に入っているようなので、まだ分かりませんが)。

そして、ロンドンオリンピック代表だった山本選手は35キロ過ぎで遅れて、
そこから粘ったのですが、世界陸上の代表は難しいでしょうね。

ただ正直、「去年のびわ湖の一発屋で終わるんじゃないか」というのも
少し思っていたので、2年続けての良い走りで、今後も楽しみです。

藤原選手と同じくHonda所属で、一般参加枠で走った石川選手は33歳で
自己ベストを2分ほど更新の2時間9分台前半。そして32歳の福山選手も
2時間10分59秒でゴール。

去年の堀口選手もそうでしたし、Hondaの30代選手のマラソンでの
健闘が目立つ結果に。

「駅伝は強いんだけど……」

というコニカミノルタや日清食品あたりは、この結果に奮起してほしいところ。

そして、注目された駒澤大3年生の窪田忍選手の初マラソンは、
30キロまでは先頭集団についていきながらも、そこから失速して、
結局は2時間15分台でゴール。

それでも、大学生のうちからマラソンに挑戦するという姿勢は
非常に頼もしいので、これからが楽しみですdelicious


--------
●サッカーJ2リーグ 開幕戦 千葉(フクダ電子アリーナ)

ジェフユナイテッド千葉 0-1 コンサドーレ札幌

得点:後半45分+1分 内村(札幌)
Consawin

勝ちました!さすが、「準ホーム」と言われている
相性の良いフクアリの試合だけありましたhappy01

午後1時キックオフで、マラソン中継を観ながら、パソコン画面の
J's GOALの速報画面をチラチラと気にしていましたが、マラソンの
上位の選手がゴールして一段落して、パソコン画面に集中し出したら
いきなり嬉しい「札幌 1」の点滅が。

ゴールの映像はまだ観られていませんが、砂川選手からの絶妙なパスを
内村選手がダイレクトで蹴り込んだ綺麗なゴールだったようです。

後半40分過ぎ、3人目の選手交代で「古田から砂川に交代」というのを見て、

「えー、上原か榊を入れてほしいなぁ~」

と思ってしまったのですが、砂川選手には全力で謝罪しますsmile

|

« 「2013年洞爺湖マラソン」に申し込み! | トップページ | WBCで日本の2次ラウンド進出が決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56879232

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原正和(Honda)が2時間8分台で日本人トップの4位に[2013年びわ湖毎日マラソン]:

« 「2013年洞爺湖マラソン」に申し込み! | トップページ | WBCで日本の2次ラウンド進出が決定 »