« 3週間ぶりのランニング再開 | トップページ | 春よ来い »

2013年2月24日 (日)

前田和浩(九電工)が2時間08分00秒で4位に[2013年東京マラソン]

テレビ画面では、「2時間07分59秒」でゴールしたようにも思えたのですがsmile

今日は朝から、東京マラソンのテレビ中継を観ていました。
ペースメーカーの設定はキロ2分58秒前後で、5キロで15分を切るような
設定だったらしいですが、優勝したキメット選手のラップタイムが

~ 5キロ:15分15秒
5キロ~10キロ:15分01秒
10キロ~15キロ:15分04秒

15キロ~20キロ:15分32秒
20キロ~25キロ:15分21秒
25キロ~30キロ:15分08秒
(ペースメーカー離脱)
30キロ~35キロ:14分20秒
35キロ~40キロ:14分35秒

ゴール:2時間6分50秒


ということで、これだけ見ると、ペースメーカーがきっちりと仕事が
できなかったように思われてしまいますが、今日は風が強くて、
特に15キロ過ぎから30キロ手前までは基本的にずっと向かい風
だったようなので、このペースも仕方ないのかなと思います。

ペースメーカーが外れた30キロ以降の急激なペースアップも、
30キロ手前で折り返して追い風になったことも1つの大きな要因だったはずです。
もちろん、風よりも何よりも、ケニア勢の選手のスピードの凄さが1番ですが。

風がとにかくペースに大きな影響を与えるということを、
本来はしっかりと説明するはずの立場の解説の瀬古さんが、

「遅いですね~、2時間4分台のベストを持っている選手が4人もいる中で、
 このペースはダメですね~」

みたいな繰り返しで、今日の中継を観ていて、最もイライラしましたsmile

やはりケニア勢が強かった印象しかない今日の大会でしたが、そんな中、
九電工の前田選手が30キロ以降のペースアップに対応して、何とか
第2集団に入って走って、最後は少しずつ順位を上げて4位でゴール。

「2時間07分59秒以内で日本人トップなら、世界陸上代表に自動内定」

という決まりの中、最後のラストスパートでギリギリいったかと思いましたが、
ゴールタイムは2時間08分00秒。惜しい!

とはいえ、自動内定しなかっただけで、代表入りはほぼ100%確実でしょうねhappy01

そして、僕が最も期待していた今井正人選手(トヨタ自動車九州)は、
30キロから前田選手についていけず、正式なゴールタイムは分かりませんが、
たぶん2時間10分28秒くらいでゴール。

今までの自己ベストが2時間10分32秒だったので、そこは何秒か更新しましたが、
応援していただけに残念な結果でした。

これで今井選手、2時間10分●●秒というのが3回目になると思います。
ある意味、それなりの安定感はあるのですが、もう一歩を期待です。

また、初マラソンの佐藤悠基選手(日清食品グループ)は、
終盤に失速して2時間16分台でした。ただ、30キロまでは
先頭集団に加わっていたので、これを良い経験として
次回以降につなげてほしいです。

●東京マラソン2013 男子結果

1位 O.キメット(ケニア) 2:06:50 大会新
2位 M.キピエゴ(ケニア) 2:06:58 大会新
3位 B.キピエゴ(ケニア) 2:07:53
4位 前田 和浩(九電工) 2:08:00
5位 J.クワンバイ(ケニア) 2:08:02
6位 G.キルワ(ケニア) 2:08:17
7位 F.ベケレ(エチオピア) 2:09:05
8位 O.セフィル(エチオピア) 2:09:13
9位 松宮 隆行(コニカミノルタ) 2:09:14
10位 J.マイヨ(ケニア) 2:10:18


そして女子は、エチオピアのケベデ選手が2時間25分34秒で優勝。
このケベデ選手も去年のベルリンでは2時間20分台で走っていたとのことで、
やはりコースや条件などによって、タイムは大きく影響される結果に。

この東京マラソン、女子は日本代表選考レースとはなっていませんが、
日本人選手のトップは尾崎好美選手(第一生命)の2時間28分30秒。

この尾崎選手、この大会で競技者としては一区切りとのことです。

さらに、ロンドン五輪の5千メートルと1万メートルの日本代表だった
吉川美香選手(パナソニック)が、初マラソンで2時間30分20秒でゴール。

大会の1週間くらい前、エントリーリストに吉川選手の名前を見つけた時、

「おぉ~、トラックの日本トップクラスのスピードランナーがマラソンに挑戦か~」

と嬉しくなったのですが、実は吉川選手、結婚して会社も3月で退社して、
この大会が引退レースとのこと。

おそらく、フルマラソンの練習も、それほど本格的に追い込むまでは
していなかったんじゃないかと推測しますが、それで初マラソンで
このタイムで走れるのは(しかも最後はしっかりとスパートして)、
尾崎選手とともに、非常にもったいない気がdelicious

|

« 3週間ぶりのランニング再開 | トップページ | 春よ来い »

コメント

こんにちは。
久しぶりにマラソン中継を見れました。
今井選手あと一歩でしたねー。日本人では3位ですかね。
数秒自己ベストは更新されたと思いますがやはり10分台だと厳しいですね…。頑張ってほしいです。
前田選手が粘りましたよねー。絶対に2秒くらい速くゴールしてると思ったのに8分と出た時は「えー!!」と思いました^^;
尾崎選手はラストラン?と言われていますが日本人トップでしたからもったいないなぁと思います。

投稿: 苗坊 | 2013年2月24日 (日) 17時48分

>苗坊さん

こんばんは。

今井選手、2時間10分台を何回も出すことができるのは、
日本人選手の中でもそんなにいるわけじゃないので、
何とかもう一歩と、もどかしい気持ちです……。

前田選手のゴールシーン、2時間8分になるギリギリ前にゴールしたように、
願望も含めた僕の目には見えたのですがsmile

女子の尾崎選手と吉川選手、尾崎選手は少し含みのある感じもしましたが、
ともにひとまずはラストランとのことで、勝手な立場からは非常に
もったいない感じがdelicious

投稿: しげた | 2013年2月24日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56831493

この記事へのトラックバック一覧です: 前田和浩(九電工)が2時間08分00秒で4位に[2013年東京マラソン]:

« 3週間ぶりのランニング再開 | トップページ | 春よ来い »