« ママさんダンプ | トップページ | 名護ハーフマラソンまで3日 »

2013年1月30日 (水)

それが大事/大事MANブラザーズバンド(1991年)

昨日のブログに引き続き、今日も先々週放送のMステからのネタで。

番組内の「ジェネレーションソング」という企画で、
昭和生まれと平成生まれ、それぞれ500人に、

「勉強する時にやる気が出る曲」

を質問して、それぞれのTOP5が発表されました。

●昭和生まれ
  1位 負けないで/ZARD
  2位 それが大事/大事MANブラザーズバンド
  3位 Diamonds/プリンセス・プリンセス
  4位 さよなら/オフコース
  5位 どんなときも。/槇原敬之

●平成生まれ
  1位 サクラ咲け/嵐
  2位 女々しくて/ゴールデンボンバー
  3位 栄光の架橋/ゆず
  4位 Rising  Sun/EXILE
  5位 ultra soul/B'z

という結果で、昭和の4位の「さよなら/オフコース」は、
この質問テーマとしては少し不思議なランクインに感じましたdelicious

さて、昭和の2位に入った大事マン。
Soregadaizi

---------
負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じ抜くこと

ダメになりそうな時
どれが一番大事?
---------

というような風にネタにもされていましたが、
大ヒットしましたよね~。

発売は1991年8月とのことですが、本格的にヒットしたのは
年が明けたあたりからだった記憶があります。

その当時の僕は中学3年生で、受験生でした。
受験本番が迫ってきたその冬にヒットしていたのは、
この大事マンの他に、

・ガラガラヘビがやってくる/とんねるず
・Choo Choo TRAIN/ZOO
・悲しみは雪のように/浜田省吾

などがありました。

Kanashimiha
浜田省吾のこの曲は、ドラマの「愛という名のもとに」の主題歌でした。
最後の数回は見ていたような記憶がありますが、どんな内容だったか、
全く覚えていませんdelicious

これらのヒット曲は今から21年前ということで、
さすがに当時のことは、

「昨日のことのように~今はっきりと思い出す~」

とまではいきませんが、それでも、そんなにはるか昔の話という感じもしません。

しかし、当時15歳だった僕は今は36歳になっているわけで、
21年という月日の経過に対して非常に感慨深くなっていますsmile

|

« ママさんダンプ | トップページ | 名護ハーフマラソンまで3日 »

コメント

ども。約3ヶ月ぶりの御無沙汰ですが。久々に書けそうで、しかも
ちょっとづつ補足できそうなテーマなので(かつ観たくないほど雪が
吹雪いてる、といふのもある)。

>発売は1991年8月とのことですが、本格的にヒットしたのは
>年が明けたあたりからだった記憶があります。
当時の記憶としてはやはりこの頃華やかだった11月くらいから注目され
はじめ、のケースだったような。宴会ソングないしは、この頃CDを
買う人が同期の一つにしていた「カラオケで歌えて、盛り上がれる曲」
としての需要が下地にあってこその話(そして「ミュージック・ステーション」
やその前のミニ音楽番組「MO」などテレビ朝日ミュージックのバックアップ
体制がそれなりに機能していた1990年代だったからこそ、「負けないで」に
象徴されるいわゆる「元気ソング」といふカテゴリは、あの時代にだけ
集中している、といふハナシでもあり(=それを反芻する為に助長を
進めたのが長丁場を長い間歌を流すことで解決していた「24時間テレビ」と
「マラソン」だったのもまた然りで))。

 ついでに。大事MANブラザーズバンドは「それが大事」だけの一発屋
扱いされがちなところがありますが、前述の通りテレビ朝日ミュージックの
庇護が熱く、かつ1991年は長寿番組のスタート年ではあったので、「クレヨン
しんちゃん」の初めのEDは大事MANブラザーズバンドが歌っていたりします
(「うたをうたおう」)。

>昭和の4位の「さよなら/オフコース」
これは多分(いまさら「ラブストーリーは突然に」じゃないだろう)の
コンセンサスが微妙に入り交じったが故の結果かと。でなければこの流れで
「悲しみは雪のように/浜田省吾」になるはずもない、でもあるので。
(元々初めてシングルカットされたのは1981年。そしていつもの「野島伸司
ドラマによるヒット曲のタイムスリップ」で1992年の『愛という名のもとに』
主題歌でリメイクされ大ヒット、の流れなので)

「それが大事」のWikipediaにもある通り『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』
のテーマソングになってブレイクした、などのエピソードがあるように、この頃の
フジのバラエティやドラマの主題歌には特殊な影響力があったのだな、と実感
出来るのはすっかりそれが只の「過去の栄光」にしかなっていない現状と対比
されていて、「なお凍みる」からなのでしょうか。

投稿: torov | 2013年2月 7日 (木) 16時43分

>torovさん

お久しぶりです!

そういえば、テレビ朝日で昔、音楽のミニ番組ってありましたね。
結構あれは好きでした。懐かしいですdelicious

「それが大事」はCDシングルは買ってみたものの、当時は何となく
「無責任な前向きソング」というような感じでそこまで好きでは
無かったのですが、ここ何年かで、自分の中で一気に評価が上がりました。

とにもかくにも、21年前のヒット曲が、今でもアンケートで2位に入るのは、
難しい話は抜きにしても凄いことだと思いますhappy01

投稿: しげた | 2013年2月 7日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56662079

この記事へのトラックバック一覧です: それが大事/大事MANブラザーズバンド(1991年):

« ママさんダンプ | トップページ | 名護ハーフマラソンまで3日 »