« RUNNETに掲載の北海道の大会 | トップページ | 札幌市の連続真冬日の記録は? »

2013年1月 8日 (火)

エスビー食品陸上部がDeNAへ

昨日の北海道新聞の夕刊を開いたら、「おっ!」と思う記事がありました。

---------
●エスビー陸上部、DeNAへ
  3月廃部 選手ら12人全員

 経営合理化を理由に3月末で廃部となるエスビー食品陸上部の受け入れ先が
ソーシャルゲーム(交流ゲーム)大手ディー・エヌ・エー(DeNA)に決まったことが
7日、関係者の話で分かった。今週中に発表される。

 エスビー食品には男子マラソンの元エースでスポーツ振興局長を務める
瀬古利彦氏(56)らスタッフ6人、2008年北京五輪長距離代表の竹沢健介選手(26)や
上野裕一郎選手(27)ら選手6人の計12人が所属しており、全員が移籍する。

 DeNAは11年にTBSホールディングスから横浜ベイスターズを買収し、
プロ野球に参入。

 元巨人の中畑清氏を「横浜DeNAベイスターズ」の初代監督に迎えた12年は
最下位に終わったが、新たに陸上界にも進出することになる。

 エスビー食品は1064年に創部。中村清監督(故人)の下で大学の
有力選手が続々と加入し、瀬古氏をはじめ多くの五輪選手を輩出した。
---------

ということで、昨年、廃部が発表された時に記者会見で瀬古さんが、

「選手、スタッフを含めた全員を受け入れてくれるところを探したい」

というような発言をしていましたが、正直、それはかなり難しいだろうと
思っていました。

そんな中、DeNAが参入。何はともあれ良かったのではないでしょうかhappy01

ネットであれこれ他の記事を探していたら、毎年元日に行われている
ニューイヤー駅伝の参戦を考えているとの情報も。

ニューイヤー駅伝は7区間、そして現在の所属選手は6人ということで、
このままでは残りの1人を瀬古さんに走ってもらうしか方法はないですが、
新たな選手の獲得にも動くのでしょうかね。

ただ、卒業間近の現在大学4年生や高校3年生の有望選手を獲得するのは
時期的にかなり厳しいのかも。

DeNAがプロ野球の球団を持っているため、どうせならそのルートを生かして、
シーズンオフに戦力外通告を受けて、まだ行き先が決まっていないような選手を
1年契約で獲得して、長距離練習に打ち込ませてみるのはどうでしょうかね。

野球に限らなくても、サッカーやその他、いろいろなスポーツで戦力外や引退と
なっている選手から募集して、まずは例年11月に行われる東日本実業団駅伝
(ニューイヤー駅伝の予選会も兼ねている)を目指してほしいです。

もちろん、そこら辺のおっさん達ではなくて、基礎体力は抜群のアスリート達なので、
まだ10ヶ月ほどあれば、これから鍛えれば、何とかそこそこのレベルまで走ること
のできる選手も出てくるのではないでしょうか。

おそらく、予選を兼ねた11月の東日本実業団駅伝に選手として走るためには、
5千メートルか1万メートルでの自己ベストが基準を上回る必要があるため、
まずはそこを目指しての挑戦となると思います。

そういう面では小説の「風が強く吹いている」と通じる部分がありますし、さらには、
ネット上の一部では大人気だった「幕田カイコスターズ」の要素も入っているので、
それを合わせたようなことが現実で起こってほしいと、僕の中では既に妄想で
溢れていますdelicious

|

« RUNNETに掲載の北海道の大会 | トップページ | 札幌市の連続真冬日の記録は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56498487

この記事へのトラックバック一覧です: エスビー食品陸上部がDeNAへ:

« RUNNETに掲載の北海道の大会 | トップページ | 札幌市の連続真冬日の記録は? »