« 2012年のベストソング決定 | トップページ | 日体大が往路優勝![2013年箱根駅伝・往路] »

2013年1月 1日 (火)

コニカミノルタが5年ぶりの優勝[2013年ニューイヤー駅伝]

優勝争いはコニカミノルタ、日清食品グループ、旭化成、トヨタ自動車の4強と
言われていましたが、なかなか予想外の展開になりました。

●第57回 全日本実業団対抗駅伝大会(7区間100キロ) 結果

優勝:コニカミノルタ 4:51:32
2位:トヨタ自動車九州 4:55:24
3位:カネボウ 4:55:25
4位:Honda 4:55:25
5位:中国電力 4:55:28
6位:SUBARU 4:55:30
7位:トヨタ紡織 4:55:31
8位:トヨタ自動車 4:55:32
9位:日清食品グループ 4:55:54
10位:旭化成 4:56:10

1区はトヨタ自動車の宮脇選手がさすがの走りで、最初から
飛び出しての区間賞。2位の旭化成に28秒差をつけました。

2区のインターナショナル区間もトップで繋いで3区の高林選手へ。
しばらくはトヨタが首位をキープすると思ったのですが、高林選手が
まさかの区間31位の走りで、順位を12位まで落としてしまいました。

高林選手は去年、一昨年とこのニューイヤー駅伝で2年連続の区間賞を
獲得していて、さらに駒澤大時代の大学駅伝や都道府県対抗駅伝など、
安定感抜群で外さない選手のイメージがあったので、とにかく意外でした。

逆に、優勝候補の1つの旭化成がこの3区で、高林選手と駒澤大の
同学年の深津選手が区間賞の走りで3位まで浮上。

2区の外国人選手相手に鎧坂選手が耐えて走って、そして3区で
巻き返して4区でエースの堀端選手にタスキを渡すという、おそらく
旭化成にとっては理想的な展開で、

「これは、旭化成が優勝の可能性が高くなったかな」

と思ったのですが、エース区間の4区(22.0キロ)の堀端選手が、
1ヶ月前の福岡国際マラソンの疲れがあったのかどうか、
区間16位の走りで10位まで後退。ここも意外でした。

その3区以降で強かったのがコニカミノルタで、

3区 野口(区間4位)
4区 宇賀地(区間2位)
5区 伊藤(区間1位)
6区 新田(区間1位)
7区 松宮隆行(区間1位)

ということで、4区の宇賀地選手でトップに立って、そして5区のルーキーの
伊藤選手で差を広げるという、終わって見れば完勝の流れでした。

今朝、エントリーリストを見ていて、トヨタ自動車九州の4区から5区の
今井正人→三津谷がともに応援している選手なので気になって、

「この2人の走っているところが、少しでも多く見たいけどなぁ」

と思っていたのですが、外国人選手が走らなかったこともあり、
チームは2区が終わった段階で23位。

「これは、タスキ渡しの時にちょっと映る程度で終わりかな……」

と覚悟したのですが、3区の小西選手が区間2位の好走で
10人抜きの13位まで浮上して、さらに前の集団ともそれほど
差がついていないような状態で今井選手にタスキ渡しという
素晴らしい仕事を。個人的には今日のMVPですdelicious

そして今井選手がまずは前の集団(7位集団?)に追いついて、
その集団を引き離し、さらに前の選手にどんどん近づいていきました。

最後はトップのコニカの宇賀地選手まで1秒差か2秒差まで追い上げて、
2位争いのトヨタ紡織の選手とほぼ同時にタスキ渡し。

結局、去年の日清の佐藤悠基選手が出した区間記録を1秒だけながら
更新する区間新の走り。テレビの前で興奮しましたhappy01

5区では三津谷選手がコニカの伊藤選手と並走してトップ争い。
残念ながら途中で離されてしまいましたが、それでも区間2位のタイム。

最後のアンカー区間では残り1キロを切った段階で、2位争いの集団が
7チームになるという異常事態(?)でしたが、最後のスパート勝負に勝ち、
トヨタ自動車九州として過去最高順位の2位に。

応援しているチームではあったのですが、正直、全く予想外の結果で、
非常に嬉しかったです。

あと、北海道出身選手では、中学まで北海道にいたという(七重大中山中)
カネボウの棟方選手が、1区で区間4位。

そのカネボウ、その1区での好スタートもあって、最後は3位に入ったようです。
テレビ画面では、Hondaの藤原正和選手の方がほんのわずかに前にゴールした
ようにも見えたけど、写真判定レベルのかなり際どい感じでした。

まだまだ書きたいことはあるのですが、ここら辺で止めておきます。
明日からは箱根駅伝です。

-------
区間賞

1区 宮脇 千博(トヨタ自動車)
2区 パトリック・ムトゥンガ(トヨタ紡織)
3区 深津 卓也(旭化成)
4区 今井 正人(トヨタ自動車九州) 区間新
5区 伊藤 正樹(コニカミノルタ)
6区 新田 良太郎(コニカミノルタ)
7区 松宮 隆行(コニカミノルタ)

|

« 2012年のベストソング決定 | トップページ | 日体大が往路優勝![2013年箱根駅伝・往路] »

コメント

改めましてあけましておめでとうございます。
いやー興奮しました^^楽しかったです。
トップ争いもトヨタも旭化成も決まるかなーと思ったら決まらず、波乱な展開でしたね。
トヨタ自動車九州は本当に素晴らしかったですね。
私も襷リレー以外にも映ると良いなーくらいに思っていたので驚きました。
今井選手が良い走りで一人大興奮でした(私以外の家族は買い物へ行っていて不在でした…)
コニカミノルタも5年ぶり優勝で良かったですね。見始めた時はコニカミノルタが優勝常連だったので嬉しかったです。
今年も色々お話させていただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。
明日からは箱根ですね。早起きの日々がまだまだ続きます。

投稿: 苗坊 | 2013年1月 1日 (火) 17時36分

>苗坊さん

明けましておめでとうございます。
今年も駅伝・マラソン話を中心によろしくお願いしますhappy01

トヨタ自動車九州、正直「10位以内になってくれれば……」くらいの
感じでいたのですが、3区からの流れは興奮しました!

コニカミノルタの優勝は5年ぶりだったんですよね~。
ちょっと前までは毎年のようにコニカミノルタが優勝で、
そこに挑む中国電力というような図式で、思い出すと懐かしいですsmile

明日からも早起きの試練の日々が続きますね♪

投稿: しげた | 2013年1月 1日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56445004

この記事へのトラックバック一覧です: コニカミノルタが5年ぶりの優勝[2013年ニューイヤー駅伝]:

« 2012年のベストソング決定 | トップページ | 日体大が往路優勝![2013年箱根駅伝・往路] »