« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

2012年のベストソング決定

毎年、大みそかには

「僕のその年のベストソング」

というのをこのブログで書いているのですが、
今年でそれも8回目になりますdelicious

そんなわけで、先ほど僕の中で、

「2012年のベストソングを決定する委員会」

が開催されました。

ちなみに過去は、

2005年 ツバサ/アンダーグラフ(発売は2004年の9月)
2006年 しるし/Mr.Children
2007年 CHE.R.RY/YUI 
2008年 HANABI/Mr.Children
2009年 イチブトゼンブ/B'z
2010年 キミがいる/いきものがかり
2011年 家族になろうよ/福山雅治

でした。

まずは候補の10曲を。

・GO ROR IT!/西野カナ
  <♪「ずっと前からキミが好きでした」 Oh~ 精一杯の想いを全部~♪>

今年の夏の時期のランニングの最中、このサビの部分が
頭の中で繰り返し流れることが妙に多かったので。

・告白/平井堅
  <♪もがき あがき 泣き喚き叫べど あなたに届かない芝居~♪>

平井堅のシングル曲では、今まであまり無かったような感じの曲調で
印象に残りました。

・恋/back number
  <♪きっと 誰より君を想ってるのは 今日も明日も僕だから~♪>

「ぼんやりと君を眺めていたんだ 校舎の窓から やっぱりかわいいなって」の
出だしの部分で、僕の切ないおっさん心が鷲掴みにされました。

・片想いFinally/SKE48
  <♪好きなんだ君が好きなんだ 初めて会った瞬間(とき)から~♪>

サビの最後の「ファイナリ~」の部分が格好いいです。

SKEは今日の紅白に初出場しますが、そこで歌う曲が、去年発売された
「パレオはエメラルド」なのが、少し不思議な選曲ではあります。

・涙の軌道/Mr.Children
  <♪さようなら さようなら さようなら 夢に泥を塗りつける 自分の醜さに~♪>

ミスチルとしては「HANABI」以来、3年半ぶりのシングル曲でした。
3曲収録されている中で、この曲が1番好きです。


・愛でした。/関ジャニ∞
  
<♪それが君でした 愛し君でした ココロが求めていたもの全て~♪>

・チャンカパーナ/NEWS
  <♪Baby チャンチャンチャンカパーナ チャンカパーナ~♪>

・ナギイチ/NMB48
  <♪渚で一番かわいいGirl あなたはどこ娘を指さすの?~♪>

・ただいま/JUJU
  <♪目を閉じれば聞こえてくる あなたの声が 呼んでる~♪>

・輝く月のように/Suprefly
  <♪愛を知って輝き出すんだ 人もみんな世界を照らしてく~♪>


途中からはコメントは省略しましたが、この10曲の中から、
僕の今年のベストソングを選びました。

・恋/back number

というわけで、卒業間近の中学生や高校生の男の子を主人公にしたような
「胸キュン度満載」のこの曲を選びました。
Koi

ちなみに「back number」は群馬県出身の3人組バンドで、去年デビューしました。
11月に発売したアルバムは、オリコンの週間ランキングで初登場3位ということで、
来年さらにブレイクしてほしいと期待しています。

というところで、今年のブログ更新は終了です。
また来年、よろしくお願いいたします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

2013年箱根駅伝の予想

年明けの1月2日、3日に行われる箱根駅伝の予想をしたいと思います。
予想と言っても、かなりの部分は願望ですが。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」で、今回が第89回とのこと。

 1区:21.4キロ
 2区:23.2キロ
 3区:21.5キロ
 4区:18.5キロ
 5区:23.4キロ
 6区:20.8キロ
 7区:21.3キロ
 8区:21.5キロ
 9区:23.2キロ
10区:23.1キロ

の10区間、計217.9キロで行われます。

1年前のこの大会は、東洋大が2位の駒澤大と9分の差をつける圧勝での、
往路優勝・復路優勝・総合優勝の完全優勝となりました。

前回の総合結果は、

-------
第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走 総合結果

優勝:東洋大 10:21:36
2位:駒澤大 11:00:38
3位:明治大 11:02:50
4位:早稲田大 11:03:10
5位:青山学院大 11:08:46
6位:城西大 11:10:17
7位:順天堂大 11:11:15
8位:中央大 11:11:17
9位:山梨学院大 11:12:38
10位:國學院大 11:13:42

11位:国士舘大 11:16:47
12位:東海大 11:17:14
13位:帝京大 11:18:58
14位:拓殖大 11:20:21
15位:神奈川大 11:20:22
16位:上武大 11:20:43
17位:関東学連選抜 11:21:36
18位:中央学院大 11:21:41
19位:日本体育大 11:22:26
20位:東京農業大 11:44:16
---------

でした。

昨日、区間エントリーが発表されましたが、例年、当日に変更が結構あるので、
このエントリーを見てもなかなか判断はしにくいところ。

この区間エントリーは、箱根駅伝公式Webサイトに載っています。

http://www.hakone-ekiden.jp/

今シーズンのここまでの出雲、全日本の駅伝の結果が、

●出雲
 1位 青山学院大
 2位 東洋大
 3位 中央大

●全日本
 1位 駒澤大
 2位 東洋大
 3位 早稲田大

で、今回の箱根では東洋大と駒澤大が2強で抜けていて、それに続くのが
早稲田大、明治大、青山学院大あたりがどうかいう評判のようです。

そんなこんなで、願望もたっぷり含めた僕の順位予想を、
シード権獲得の10位まで書いてみます。

1位:東洋大
2位:駒澤大
3位:青山学院大
4位:明治大
5位:日本体育大
6位:早稲田大
7位:中央大
8位:上武大
9位:関東学連選抜
10位:中央学院大

東洋大と駒澤大、どちらに優勝してほしいかと考えたら東洋大なので、
ただそれだけの優勝予想ですdelicious

おそらく、最も差が開きやすくて重要な区間である山登りの5区。
東洋大はあの柏原選手が卒業したため、前回までのように
ここで大きな貯金を作ることはなく、むしろ「耐える区間」になりそうかも。

1年前の走りを見ていて、8区で区間賞を獲得した大津選手が適任かなと
勝手に思っていたのですが、3年生の定方選手が5区にエントリー。
初めて名前を聞く選手で、出身高校の川棚高校(長崎)も初耳の高校ですが、
こういう選手が活躍したりするのが、最近の東洋大のイメージです。

駒澤大は、安定感抜群のエースの窪田選手を復路の勝負区間の9区に
置くのかなと思っていたのですが、エース区間の2区に配置しました。
2区の区間賞争いも楽しみです。

5区では、前回、前々回と区間2位(人間界では実質1位?)だった
明治大の大江選手、前回区間3位だった早稲田大の山本選手が、
ともに今回も5区に区間エントリー。

5区に強みを持っているのは大きいので、往路優勝は、
もしかしたらこの2校になる可能性もあるかもしれませんね。

今回、北海道の高校出身者は3人なのですが、そのうちの2人の
横山選手(4年)と小椋選手(1年)の札幌山の手高出身コンビがいる
青山学院大を、希望を込めて3位に予想happy01

横山選手は9区に、そして小椋選手は7区にエントリー。

エースの出岐選手が補欠にエントリーされているのは作戦なのか調子が
悪いのかは不明ですが、スーパールーキーの久保田選手も楽しみですし、
去年の5位よりもさらに上の順位にいってほしいです。

同じような願望で、室蘭大谷高出身の菊地選手(4年)がいる明治大を
4位に予想。前回、2区のエース区間で区間5位と健闘した菊地選手。
しかし今シーズンはケガがあったようで、出雲、全日本とエントリー
されていませんでした。

心配だったのですが、11月24日に行われた1万メートル記録競技会で
29分02秒で走ったようで、何とか復調しているのかなと期待しています。
今回は3区でエントリーされています。

前回は19位と沈んだ日本体育大ですが、10月の予選会を1位通過し、
さらに11月の全日本では4位に入ったので、伝統校復活の5位予想を。

そして、8位から10位までの上武大、関東学連選抜、中央学院大は、
シード権を獲得してほしいという願望のみの予想ですdelicious

関東学連選抜は今回の大会で終わりということで、何年か前から
「廃止」という話は出てはいて、僕は継続してほしかったので、
残念な気持ちです。

将来の復活があるのかどうかは分かりませんが、ひとまず最後なので、
シード権圏内の10位まで入ってほしいです。

最後に、出場の20校を書いておきます。前回大会と比べると、
東海大、拓殖大、国士舘大が出場できなくて、その代わりに
日本大、大東文化大、法政大が出場する形となっています。

------
東洋大、駒澤大、明治大、早稲田大、青山学院大、城西大、
順天堂大、中央大、山梨学院大 國學院大 

日本体育大、帝京大、中央学院大、大東文化大、上武大、
神奈川大、日本大、法政大、東京農業大、関東学連選抜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

2012年の走り納め

今日から1月6日の日曜日まで、嬉しい9連休ですhappy01

そんな今日は、午前11時過ぎから20キロほどのランニングをしてきましたrun
Maeshin1_2

今日は晴れていて、風はやや強かったものの、さほどツルツル路面でもなく、
今の時期としては走り易い状況でした。

手稲方面の山々を眺めながら、

「手稲の名店」

と戸次重幸さんが「おにぎりあたためますか」の番組内で何度も力説していた、
浜チャンポンのお店の前を通過(ちなみに、お店の名前は「三八飯店」です)。
Maeshin2

Maeshin3

そして、今日の目的地であった前田森林公園の前へ。
家からちょうど10キロほどの距離です。
Maeshin4

Maeshin5_2

当然のように中には入れなかったので、ここで折り返しました。

今日で今年のランニングは最後にする予定です。
無事に1年間走り通すことができて何よりでした。

ジョグノートの記録によると、

  1月 65キロ
  2月 70キロ
  3月 179キロ
  4月 141キロ
  5月 123キロ
  6月 172キロ
  7月 143キロ
  8月 180キロ
  9月 138キロ
10月 141キロ
11月 64キロ
12月 104キロ

で、年間の走行距離は1520キロでした。

初の1500キロ超えということで、自画自賛しておきますdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

2012年のクビが決定(ゴチになります!13)

今日の夜は、日テレ系で放送されている「ぐるナイ」において、
年末恒例の国民的行事(?)である、

「グルメチキンレース ゴチになります!」

のクビが決定する、最終戦の大清算スペシャルの放送がありました。

今日は家に帰ったのが午後7時40分頃で、テレビの前でしっかりと
見ることができたのは、おみや代を払う人の順位を決めるために
全員でダーツを投げたあたりからでした。

そんなわけで、今日のゴチの戦い自体はどんな模様だったかは
分かりませんが、結果発表はきちんと見ることができました。

最終戦の前までの年間のクビレースの状況は、

1位 杏 76万6,400円
2位 江角 マキコ 46万6,900円
3位 国分 太一  42万1,00円
4位 岡村 隆史  38万570円
5位 矢部 浩之 14万700円

で杏さんが独走気味ながらも、2位から4位までは混戦なので、
杏さんがもし最終戦で1位になって過去の自腹を清算すれば、
3位の太一くんや4位の岡村さんも、最終戦のおみや代だけで
クビになる危険性もあるという、そんな状況でした。

そんな中、VIPチャレンジャーに東山紀之さんと松田聖子さんを迎えた最終戦。
設定金額が4万5千円となった今日の結果は、

1位 岡村 隆史 4万2,600円
2位 東山 紀之 4万1,900円
3位 国分 太一 3万9,900円(おみや代9万円)
4位 松田 聖子 5万1,400円
5位 矢部 浩之 3万4,800円
6位 江角 マキコ 5万5,800円
6位 杏 3万4,200円

となり、ビリが2人というまさかの展開となり(上下にピッタリ1万800円違い)、
しかもその2人がクビレース1位と2位の杏さんと江角さんでした。

結局は、ビリが2人なので自腹は2人で折半して、
杏さんがそのまま逃げ切ってのクビに。

今日の結果発表は、大清算の1位を最後に回して、2位から発表でした。

3位で太一くんが抜けるも、おみや代の9万円を払うことになり、
この段階で江角さんを抜いて暫定2位に浮上。

4位で松田聖子さんが抜けたあと、さらに5位には矢部さんが。

「もしかしたら、杏さんが1位になって清算して、太一くんがおみや代でクビかも…」

と、太一くんファンの僕は心配になったのですが、今年の通算自腹が少ない
矢部さんの5位が発表された瞬間、残り3人の誰がビリになっても太一くんを
上回ることになったので、ここで太一くんの残留が決定。

状況が複雑で、何だか頭の中が整理できなかったのですが、
とにかく残留が決まってほっと一安心でしたdelicious

そしてここで羽鳥さんの「何と、今日はビリが2人います!」との衝撃的な発表。
ビリの2人で今日の自腹を折半するため、この発表の段階で岡村さんの残留が
決まるという思わぬ展開。

残り3人のうちビリは2人いて、まずは江角さんがトントンされました。

「もう1人、杏さんがトントンされれば杏さんがクビ。
 岡村さんがトントンされれば江角さんがクビ。」

と、テレビの前で何度も頭の中で繰り返しながら見ていたのですが、
結局、杏さんがもう1人のビリとなりクビ決定。

岡村さんは6月28日の放送でピタリ賞を獲得して、そこまでの自腹を清算して、
そこから半年かけてまた自腹を38万円まで積み上げ、そして最後に再びその
38万円を取り戻すという、波乱万丈の1年でした。

何だか、クビの条件があれこれ複雑で、見ていて頭の中が混乱しましたが、
非常に良い脳ミソのトレーニングになった気がしますsmile

そんなわけで、ただのテレビのバラエティ番組の一企画ではあるのですが、
このクビの放送回は毎年、切なさと寂しさが入り混じった感情になりますな。

新メンバーの発表は、年明けの1月10日(木)のぐるナイスペシャルで
発表されるとのことなので、今からあれこれと予想と妄想をしながら
楽しみにしておきます~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

明日はクビ決定の大清算SP(ゴチになります!13)

毎週、木曜日の夜に日テレ系で放送されている「ぐるナイ」で
おそらく最も人気があると思われる、今年で13年目になる企画の

「グルメチキンレース ゴチになります!」

が、明日の放送でいよいよ今年のクビが決定します。

その年間のクビレースの今の状況は、

1位 杏 76万6,400円
2位 江角 マキコ 46万6,900円
3位 国分 太一  42万1,00円
4位 岡村 隆史  38万570円
5位 矢部 浩之   14万700円

となっていて、杏さんがやや独走している状態。設定金額によっては
杏さんは1位で過去の自腹を清算しない限りクビになるかもしれないし、
ビリとおみや代の両方を免れて、他のレギュラーメンバーがビリになれば
クビにならないかもしれないし、そこら辺はスタッフの設定次第ですsmile

そんな、年末恒例の国民的行事(?)である最終戦は、松田聖子さんと
東山紀之さんをVIPチャレンジャーに招いて、明日、午後6時30分からの
2時間半スペシャルで放送されます。

明日の放送が今から気になって、今夜は眠れないかもしれませんdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

年末年始のテレビ番組をチェック

今日の札幌市の最低気温は-13.5℃という非常に寒い朝となりました。
ここまで下がるのは、札幌としてはほぼ10年ぶりとのことでした。

さて先ほど、明日から年末年始にかけての気になるテレビ番組を
TVガイドで調べてみました。
Tv_guide

12月26日(水)
 21:00-22:54 プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(HBC)
  25:15-25:45 水曜どうでしょうClassic(再)(HTB)

12月27日(木)
 18:30-20:54 ぐるナイ ゴチ13クビ決定大清算SP(STV)
  18:30-21:49  SASUKE

12月28日(金)
 特に無し

12月29日(土)
 13:05-17:00 第92回天皇杯全日本サッカー選手権・準決勝(NHK総合)

12月30日(日)
 特に無し

12月31日(月)
  8:55- 9:50 ニューイヤー駅伝2013ナビ(HBC)
 12:00-13:50 全国高校サッカー選手権大会・1回戦「旭川実業×大津」(STV)
 19:00-21:00(たぶん) ボクシング世界タイトルマッチ「井岡×ロドリゲス」(HBC)
 21:30-23:30 ボクシング世界タイトルマッチ「内山×バスケス」「佐藤×赤穂」など
         (TVH)

1月 1日(火)
  8:50-14:30 ニューイヤー駅伝2013(HBC)
 13:50-16:10 第92回天皇杯サッカー選手権・決勝(NHK総合)
 18:00-21:00 芸能人格付けチェック!2013お正月スペシャル(HTB)

1月 2日(水) 
  7:00-14:05 第89回東京箱根間往復駅伝競走・往路(STV)
 14:05-15:55 全国高校サッカー選手権大会・2回戦
          (旭川実業が1回戦に勝った場合のみ)(STV)

1月 3日(木)
  7:00-14:18 第89回東京箱根間往復駅伝競走・復路(STV)
 15:00-16:50 全国高校サッカー選手権大会・3回戦
          (旭川実業が残っている場合のみ)(STV)

1月4日(金)
 25:30-27:45 映画「風が強く吹いている」(2009年)(UHB)

1月5日(土)
 16:00-16:54 第54回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ(HBC)

1月6日(日)
 10:30-12:00 第62回 NHK杯将棋トーナメント3回戦・第5局(NHK Eテレ)
 13:25-13:55 アタック25 女子アナ大会(HTB)
 16:00-16:55 2013UHB杯ジャンプラージヒル(UHB)
 16:55-17:25 1×8いこうよ!(STV)
 19:00-19:58 ザ!鉄腕!DASH!!(STV)

大晦日には、去年に引き続き2つのチャンネルでボクシング中継が
あるのですが、大晦日の夜はチャンネル権を確保するのが難しいので、
個人的には止めてほしいのですが……。

1月2日からは意外と夜に見たいと思える番組が少なかったので、
ボクシングはそこら辺で日を別にして中継してほしかったですdelicious

そしてお正月の3日間は、駅伝中継を最初から最後まで見るというのが
ここ15年くらい継続している恒例行事なので、今回もその予定ですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

コンサドーレ札幌U-18が日本一に!!(Jユースカップ2012)

今日は午後3時半過ぎから、1時間ほどのランニングをしてきましたrun

Heiwa2

途中、一部では「パワースポット」として人気らしい、
西野神社の前も通りました。
Heiwa1

今日の札幌市の最低気温は-10.1℃、最高気温も-5.9℃ということで
寒い1日で、走っている最中に本格的に雪も降ってきて、なかなか大変な
状況ではありましたが、テンションは高めで走ることができました。

その原因は、午後1時にキックオフとなったサッカーの試合結果です。
コンサドーレ札幌ファンとして辛いシーズンだった今年の最後に、
非常に嬉しいニュースがsoccer
--------------------
2012Jユースカップ決勝 長居スタジアム 結果

コンサドーレ札幌U-18  5-1  ガンバ大阪ユース

得点:前半31分 出岡 大輝(G大阪)
    前半42分 中原 彰吾(札幌)-PK
    後半 4分 中原 彰吾(札幌)
    後半22分 下田 康太(札幌)
    後半24分 國分 将(札幌)
    後半40分 中原 彰吾(札幌)

というわけで、札幌が全国優勝!

札幌の公式ページのテキスト速報だけの情報ですが、同点に追いついた
前半42分のPKの場面は、相手がペナルティエリア内で1発レッド退場となって、
そしてPKを決めて同点になったようです。

そこから1人多くなった有利な状況はあったとはいえ、
決勝の舞台で後半に4点も取るとは、凄過ぎますhappy01

このユースカップ、どういう大会か詳しくは良く知らなかったので、大量リードの
余裕もあって調べてみたところ、J1の18チームとJ2の22チームの計40チームの
ユースチームが、まずは4チーム×10グループに分かれての予選リーグを
戦ったとのこと。

そこで札幌は、

札幌 2-0 仙台
札幌 4-0 栃木SC
札幌 2-1 大宮

の3戦全勝で1位突破。

各グループの2位までの20チームが予選リーグ突破で、そこに
Jリーグ以外のチームでの地域予選を勝ち抜いた4チームを加えた
24チームでの決勝トーナメントとなり、札幌は2回戦から登場で、

2回戦    札幌 1-0 新潟
準々決勝 札幌 4-1セレッソ大阪
準決勝   札幌 5-1 広島(延長戦)
決勝    札幌 5-1 G大阪

で日本一の栄冠をhappy01

公式ページには、
--------
圧倒的に攻めまくり、後半に4点を奪って札幌が優勝を決める。北海道の
高校世代のチームとしては初の全国制覇!北海道の歴史を変えた!
--------

との記載も。

「今年の札幌は、トップチームよりユースの方が強かったんじゃないか?」

と早速あちこちでネタにされているようですがsmile

来年、このユースチームから、GK阿波加、DF永坂、MF中原、堀米、神田、深井の
6人がトップチーム昇格。夢と妄想が膨らむ、最高の祝日の1日となりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

男子は豊川、女子は立命館宇治が優勝[2012年全国高校駅伝]

今日は午前中から、京都で行われた全国高校駅伝の中継を
ずっと観ていました。

-------------
●第63回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ 47校参加)

 優勝:豊川(愛知) 2:02:55
  2位:西脇工(兵庫) 2:04:46
  3位:伊賀白鳳(三重) 2:05:33
  4位:倉敷(岡山) 2:05:33
  5位:世羅(広島) 2:05:53
  6位:白鴎大足利(栃木) 2:05:54
  7位:小林(宮崎) 2:05:54
  8位:山梨学院大付(山梨) 2:06:07
  9位:鳥栖工(佐賀) 2:06:22
10位:佐久長聖(長野) 2:06:24

25位:大谷室蘭(北海道) 2:09:01

スタート前、とにかくひたすら願っていたのは、

「頼むから、豊川が1、2区で出来るだけ遅れてくれ」

だったのですが、1区で区間賞を獲得した伊賀白鳳の西山選手と
僅か1秒差の2位で、豊川が2区へタスキ渡し。

そして、2強とされていた西脇工業は、そこから20秒離れてのタスキ渡し。

この段階で、そのあとの豊川の独走のレース展開が見えてしまい、
テレビの前で意気消沈delicious

残念ながらその予想通り、3区の豊川のズク選手が、あのサムエル・ワンジルが
出した区間記録に7秒まで迫る快走で、ほぼ勝負は決着。

西脇工は、豊川からは大きく離されてはしまいましたが、
しっかりと2位に入って、やはり実力があるチームでした。

3位の伊賀白鳳、そして初出場で6位に入った白鴎大足利の走りも
印象に残りました。

北海道代表は、去年の札幌山の手高校が29位だったので、
今年の大谷室蘭にも何とか20位台をと期待していました。

1区で39位と出遅れましたが、そこからジワリジワリと順位を上げていって、
最終的には25位でゴール。途中からは、豊川の走りは全く興味が無くなって、
2位以下の争いと、データ放送での大谷室蘭の順位の動向をひたすら
気にしていましたdelicious

たぶん、少なくともここ10年くらいの間では、北海道勢の最高順位じゃないかと
思うので、満足しました。


------
●第24回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ 47校参加)

 優勝:立命館宇治(京都) 1:07:22
  2位:豊川(愛知) 1:07:46
  3位:興譲館(岡山) 1:08:03
  4位:筑紫女学園(福岡) 1:08:14
  5位:大阪薫英女(大阪) 1:08:15
  6位:須磨学園(兵庫) 1:08:18
  7位:青森山田(青森) 1:08:21
  8位:神村学園(鹿児島) 1:08:23
  9位:白鵬女子(神奈川) 1:09:00
10位:長野東(長野) 1:09:11

27位:旭川龍谷(北海道) 1:12:07

中継所でのトップが筑紫女学園→大阪薫英女→大阪薫英女→豊川と来て、
そしてアンカー区間で立命館宇治が逆転しての優勝という、観ていて非常に
オモシロい展開となりました。

岡山の興譲館は、これで9年連続で3位以上という抜群の安定感です。
ただ、優勝争いにあまり絡めなかったのは残念でした。

北海道代表は、初出場の旭川龍谷。

去年の代表の札幌静修が32位だったので、こちらも男子と同じく、
何とか20位台を期待していました。

先ほどの男子の大谷室蘭とほぼ同じようなコメントとなりますが、
1区の36位からジワリジワリと順位を上げて、最終的には27位でゴール。

チームの目標も20位台だったようですし、ゴールの時には
実況と解説の方に、

「初出場で大健闘ですね~」

と言ってもらえたので嬉しかったですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

明日は有馬記念(予想っぽいものをしてみました)

今日は午前11時30分過ぎから、1時間ちょっとのランニングをしてきましたrun
西区福井の五天山公園を目標としました。
Gotenzan1

Gotenzan2

午後からは、この前の月曜日に録画しておいた「Qさま!!」の
2時間30分スペシャルを見て、それから北海道新聞の夕刊の
スポーツ欄を見ながら、明日の競馬の有馬記念の予想っぽいものをsmile
Arimayosou

まぁ、実際は僕は馬券は買わないのですが、G1レースを中心に、
競馬中継は好きで良く見ています。

今日の午前11時現在で、

ゴールドシップ 2.8倍
ルーラーシップ 5.1倍
エイシンフラッシュ 8.2倍
ダークシャドウ 11.8倍

というのが上位の人気馬のオッズとのことです。

目の前にマークシートと馬券を購入する機械があると想像して予想を。
馬連(1着と2着に入る2頭の馬を当てる)の5頭のボックス買いで、

  8.トレイルブレイザー
  9.ルーラーシップ
10.ダークシャドウ
13.ゴールドシップ
14.ビートブラック

としてみました。

天皇賞・秋を勝って3番人気のエイシンフラッシュは、注目を集めると
ダメなような気がして外しました。根拠はありません。

ビートブラックが逃げて、そして前残りで2着のような展開になれば、
レース的にも馬券的にもオモシロいので、ひそかに期待しています。

そんなこんなで、10通りの組み合わせとなるので、1口500円の
計5,000円買いということで、机上の購入をしてみました。

明日は午後3時25分出走。G1レースはだいたい午後3時40分出走というのが
多いので、注意が必要ですdelicious

*12月23日(日) 午後8時追記

1位 ゴールドシップ
2位 オーシャンブルー
3位 ルーラーシップ
4位 エイシンフラッシュ
5位 スカイディグニティ

という結果になりました。

1番人気のゴールドシップの最後の爆発的な伸びと、3位のルーラーシップの
お約束のスタート出遅れ→最後の追い上げなど、かなり印象に残るような
レースとなりました。

そして2位となったのが、10番人気のオーシャンブルー。
馬連は37.7倍となりました。

ブログに書いた予想としては、5頭の馬連のボックス買いで、

「上位の人気馬を3頭、残りの2頭は10番人気前後の馬を」

として予想をしていて、その考え方はかなり良かったのですが、
肝心なオーシャンブルーを入れていなくて無念でしたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

2013年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日は、朝からニューイヤー駅伝を観戦というのが、
僕の恒例行事です。

「第57回 全日本実業団対抗駅伝大会」

というのが正式名称のようです。

1区:12.3キロ
2区:8.3キロ
3区:13.6キロ
4区:22.0キロ
5区:15.8キロ
6区:12.5キロ
7区:15.5キロ

の7区間、計100.0キロです。2区は「インターナショナル区間」ということで、
外国人選手は、この区間しか走れないようです。

最長距離の4区の22.0キロが「エース区間」となるのでしょうね。

コースは群馬県庁をスタート&ゴールとして、高崎市役所、伊勢崎市役所、
太田市役所、桐生市役所などの市役所の付近を巡るコースとなっていますdelicious

前回の1年前の結果は、
--------------
優勝:日清食品グループ 4:49:32
2位:コニカミノルタ 4:50:52
3位:旭化成 4:51:16
4位:トヨタ自動車 4:51:33
5位:九電工 4:52:49
6位:安川電機 4:53:26
7位:トヨタ自動車九州 4:53:54
8位:Honda 4:54:13
9位:中国電力 4:54:56
10位:富士通 4:55:19

ということで、日清が5区でトップに立って、そのままリードを広げて
逃げ切りという感じだったようです。

TBSのホームページ(http://www.tbs.co.jp/newyearekiden/)に
今大会の各地区の予選のダイジェスト映像が載っていたので、
それを見ながら、適当に順位予想をしてみましたdelicious

5位までは順位を、6位~10位は順位は付けずに、ここに入る5チームを。

優勝:旭化成
2位:コニカミノルタ
3位:トヨタ自動車
4位:日清食品グループ
5位:安川電機

6位~10位
 Honda、富士通、トヨタ紡織、佐川急便、トヨタ自動車九州

というわけで、判断材料がほとんど無いので、どうしても予選の順位が
良かったチームを選びたくなってしまいました。

旭化成は、現在の日本の長距離界の中心選手である堀端選手に、
今年の日本選手権の5000メートルで優勝した出口選手、さらには
ルーキーの鎧坂選手など、楽しみな選手がたくさんいるので、
願望で旭化成の14年ぶりの優勝予想としましたhappy01

札幌山の手高校出身の荒川選手も、是非ともメンバーに入って
走ってほしいです。

去年の3区では、コニカミノルタの宇賀地選手とトヨタ自動車の宮脇選手の
オモシロ過ぎる熾烈な争いがありましたが、この2選手には今回も期待です。

2人ともハーフで60分台のタイムを持っているので(日本歴代3位と4位)、
エース区間の4区の22.0キロを走ってほしい気持ちもありますが、
どういう区間配置になるかも気になります。

おそらく今大会で1番注目され、そして1番知名度が高い選手は、
東洋大から富士通に入ったルーキーの柏原選手でしょうね。
登り坂が多くタフなコースとされる5区で起用される可能性が高いかも。

とにかく、アンカー区間に入るまで、どこが優勝するか分からないような
激戦の展開を期待しますhappy01

最後に、参加する37チームを全部書いておきます。
書いた順番が、それぞれの地区予選での順番となっています。

ちなみに、この中で唯一の初出場のチームは東日本の日立物流グループで、
調べてみたら、日立電線のマラソン部を譲り受けて新たに発足したチームの
ようです。

兄弟ランナーとしても有名な松宮祐行選手がコニカミノルタから
移籍していたのを知って、ちょっとびっくりしました。

●東日本地区代表(12)
   コニカミノルタ、日清食品グループ、Honda、JR東日本、カネボウ、富士通、
   SUBARU、日立物流グループ、小森コーポレーション、八千代工業、
   プレス工業、自衛隊体育学校

●中部地区代表(7)
   トヨタ紡織、トヨタ自動車、愛知製鋼、NTN、愛三工業、中央発條、トーエネック

●北陸地区代表(2)
   YKK、重川材木店

●関西地区代表(5)
   佐川急便、四国電力、大塚製薬、山陽特殊製鋼、NTT西日本

●中国地区代表(4)
   中国電力、マツダ、JFEスチール、中電工

●九州地区代表(7)
   旭化成、安川電機、トヨタ自動車九州、九電工、三菱重工長崎、
   黒崎播磨、西鉄

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

大通公園のホワイトイルミネーション2012

今日は仕事帰りに大通公園に行って、ホワイトイルミネーションを見てきました。
寒かったですが、天候が穏やかだったのは何よりでしたdelicious

テレビ塔から出発して、大通公園を西へ向かいました。
Ilumi1

Ilumi2

Ilumi3

去年までと違って、西4丁目を過ぎたあたりからは何も無かったのが
想定外でしたが、このホワイトイルミネーションはたぶん5~6年くらい
連続で見に行っているので、今年も冬の恒例行事を堪能できて、
満足な木曜日の夜でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

I Wish/L'Arc~en~Ciel(1996年)

今日の日中は雪はあまり降らずに穏やかなようでしたが、
12月に入ったあたりからの札幌は、例年の今の時期と比べると
なかなか破壊力のある雪の降り方が続いていますsnow
1219yukigeshiki

さて、昨日に続いてクリスマスソング特集で。

ラルクの「I Wish」は1996年12月発売の「True」というアルバムに収録されていて、
シングル曲にはなっていませんが、アルバム曲としては知名度はかなりある曲と
思われます。

この曲は、サビのコーラス部分が特に好きなんですよね~。
そのコーラスは英語(たぶん)で歌われています。

「アイ・ウィッシュ」の部分以外は、何と歌っているのかが
分からないのが残念なところではありますがsmile

ちなみに、このアルバムに収録されているシングル曲の「flower」は、
ラルクの中で僕が一番好きな曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

白いクリスマス/JUN SKY WALKER(S)(1989年)

ももいろクローバーZが1ヶ月ほど前に発売した「サラバ、愛しき悲しみたちよ」という
シングル曲のタイトルを目にして一瞬、

「ジュンスカのカバー?」

と反応してしまった30代後半以降の方も結構多いかと思われますが、
今日はそんなJUN SKY WALKER(S)の話題で。

ジュンスカの曲で一番有名なのは、おそらく2枚目のシングルの
「歩いていこう」でしょうね。
Aruiteikou_2

そしてその次の3枚目のシングルとして1989年11月に発売されたのが
「白いクリスマス」という曲で、僕の最も好きなクリスマスソングですhappy01

残念ながらCDは持っていなく、ダビングしたカセットテープしかないので、
今は「著作権はいいの?」でお馴染みのYouTubeで頻繁に聴いています。

1番のサビの手前の
--------
サヨナラする時の 笑顔作らなくちゃ
--------

からサビへ入っていくあたりが特にたまりませんdelicious

ちなみに、この次の4枚目のシングルの「START」は
元日ハム(現オリックス)の高橋信二の登場曲だったので、
そういう面で、去年途中でのトレードは残念でしたbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

2013年の北海道マラソンは8月25日(日)に開催

何日か前の新聞に、日本陸上連盟から来年度(2013年度)の主な大会の
日程が発表されたとの記事が載っていました。

北海道マラソンは8月25日(日)に行われるということで、例年通りの
8月の最終日曜日の開催となるようです。

スタート時間は今年と同じように午前9時になるのか、スタート&ゴール地点も
大通公園で変更無いのか、20キロあたりからのひたすら新川通のコースは
来年も健在なのかなど、いろいろと気にしながら大会要項の発表を待ちたいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

ランニング時のサングラス

今日はお昼から「全日本実業団女子駅伝」のテレビ中継を観ました。

29チームが出場していたのですが、1区の前半、まだその29チームが全員
テレビ画面に入っているような段階で、解説の増田明美さんが、選手が着ける
サングラスについて話題にしていました。

それでふと注目してみると、あの選手もこの選手も、
みんなサングラスを着用。

確認できた中でサングラスを着けていなかったのは、
たぶん大塚製薬の1選手のみ。

僕はサングラスを着けて走った経験は無く、今まであまり必要性を考えたことも
無かったのですが、どのような効果があるのか、気になってしまいましたdelicious

今日のレースは6区間42.195キロで行われたのですが、優勝候補筆頭と
されていたユニバーサルエンターテインメントの1区の青山選手がトップで
2区にタスキを渡し、そのまま一度も首位を譲らずに2位以下との差をどんどん
広げていって完全優勝という、観ている分には望ましくない展開にsmile

とはいえ、3区のエース区間は期待通りにオモシロかったです。
やはりワコールの福士さんは凄かったです。

そして、6区のデンソーのアンカー(石橋選手)が、テレビにはあまり
映らないながらも、やたらと速い区間新の区間賞で5位から2位まで
一気に順位を上げてゴールしたのが印象に残りました。

解説の千葉さんも惚れ惚れするようなランニングフォームの選手とのことhappy01

そのデンソーと優勝したユニバーサル(以下略)のゴールタイム差は52秒。

5区の準エース区間の10キロを走ったユニバーサル(以下略)の那須川選手は、
大会の10日前ほどにノロウイルスに罹ってしまったとのことで、不安視されていた
区間だったようですが、区間3位の好走(しかもこの区間の1位が天満屋の重友、
2位がダイハツの木崎と、オリンピックのマラソン代表の2人)。

チーム関係者にとっては、もう1分くらい遅くても完全に想定内くらいの感覚
だったのかもしれませんが、そうなっていたらアンカーでどうなっていたかは
分からないので、非常に大きな那須川選手の復活の走りでした。

そして北海道所属のホクレンは29チーム中24位ということで、去年の19位を
さらに下回り、特に見せ場も無く、残念な結果に終わりましたdespair

●2012年 全日本実業団女子駅伝 結果

1位:ユニバーサルエンターテインメント 2:17:35
2位:デンソー 2:18:27
3位:第一生命 2:18:29
4位:ワコール 2:18:32
5位:豊田自動織機 2:18:41
6位:天満屋 2:19:15
7位:大塚製薬 2:20:05
8位:しまむら 2:20:10
9位:パナソニック 2:20:27
10位:積水化学 2:20:30

24位:ホクレン 2:25:24

*区間賞
  1区 青山 瑠依(ユニバーサルエンターテインメント)
  2区 中村 萌乃(ユニバーサルエンターテインメント)
  3区 福士 加代子(ワコール)
  4区 F.ワンジュク(ユニバーサルエンターテインメント)
  5区 重友 梨佐(天満屋)
  6区 石橋 麻衣(デンソー)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

雪道のランニング

今日は午前11時30分過ぎからランニングに出かけましたrun

国道5号線を小樽方面に向かってひたすら走って、小樽市のカントリーサインを
通過して札幌市を脱出したすぐ後の信号で折り返しとして、そしてあっという間に
札幌市に復帰という、冬の定番のコースとなっている20キロほどの走りでした。
Otaru1

Otaru2

Otaru3

手稲の稲穂にある「すたみな太郎」という、焼肉・寿司・デザートなどの食べ放題の
お店です。この前を通るたびに1回行ってみたいと思いながら、まだ入ったことは
残念ながらありませんsmile
Otaru4

そんなこんなでお昼の1時30分頃に無事に家に到着して、それから遅めの
昼食を食べたあと、録画していたネプリーグSPを見たり、(旧)NHK教育テレビ
で放送されていた将棋の日の森内名人×羽生三冠の超大熱戦を堪能したりで、
土曜日の休日の1日を過ごしました。

明日は、

「選挙の日って、ウチじゃなぜか、投票行って外食するんだ」

でお馴染みの衆議院議員選挙の投票日ですが、まずはお昼からテレビ中継がある
全日本実業団女子駅伝を観て、さらに競馬の朝日杯フューチュリディステークス
を観て、それから投票に行って、夜はサッカークラブW杯決勝の中継を観ながら、
適当な感じで選挙結果を気にする日曜日とする予定ですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

思い出の室蘭大谷高校のベスト4(冬の高校サッカー)

先ほど、コンサドーレ札幌の公式ページを見てみたら、

「コンサドーレ札幌 新監督に 財前恵一氏 就任のお知らせ」

という発表が掲載されていました。

http://www.consadole-sapporo.jp/news/2012/12/013675.html

現在44歳の財前さんは、指導歴としては、

1997年~1998年 コンサドーレ札幌ユース・U-15 コーチ
1999年~2000年 コンサドーレ札幌ユース・U-18 コーチ
2001年~2003年 コンサドーレ札幌ユース・U-18 監督
2004年~2006年 コンサドーレ札幌トップチーム コーチ
2007年~2009年 コンサドーレ札幌ユース・U-18 コーチ
2010年~2011年 アビスパ福岡U-13 監督
2011年~2012年 アビスパ福岡U-18 監督

ということで、札幌のユースのコーチと監督、そしてトップチームのコーチも
過去に経験しているので、そういう面では安心感がありますdelicious

さて、財前さんは室蘭大谷高校出身なのですが、財前さんが3年生の時、
室蘭大谷高校は全国高等学校サッカー選手権大会(冬の高校サッカー)で
ベスト4に進出しました。

今日のブログでは、この時の思い出について書きたいと思います。

当時は年が明けた元日に開幕だったようなので、1987年(昭和62年)の
1月上旬に行われた大会という事になりますが、僕は小学校4年生でした。

そして、室蘭大谷高校の快進撃のこの大会が、
僕にとってはおそらく、

「生まれて初めて、特定のチームを応援しながらサッカーを観る」

という経験をした大会になった記憶があります。

ウィキペディアで調べてみたところ、

1回戦 室蘭大谷 0-0 広島工(PK5-4)
2回戦 室蘭大谷 2-0 仙台育英
3回戦 室蘭大谷 2-0 鹿児島実業
準々決勝 室蘭大谷 0-0 宇都宮学園(PK15-14)
準決勝 室蘭大谷 0-1 国見

ということで4勝して、準決勝で国立の舞台に立ちました。

このチームでは、FWの財前さんがエースストライカーとして、
テレビの実況でも注目選手として取り扱われていましたが、

「中盤の野田っていう選手の方が、地味だけど活躍してるよな~」

と子供心にテレビの前で思っていました。

その選手が、Jリーグ初期の頃の横浜マリノスで活躍した野田知さんということで、
小学校4年生当時の自分の見る目のたしかさに、今だに自画自賛していますsmile

ただし、この時の室蘭大谷高校で最も記憶に残っているのは
財前さんでも野田さんでもなく、ゴールキーパーの選手でした。

4つ勝って準決勝まで行ったとはいえ、印象としてはどの試合も
かなり攻め込まれる時間が長くて、そこを必死に耐えて失点をせずに、
そしてPK戦2つを含めて勝ち上がった感じでした。

もちろん、小学校4年生の時に観た印象なので、実際にはどうだったかは
分かりませんが、そんな苦しい展開で、スーパーセーブを連発していた
イメージがとにかく強いのが、ゴールキーパーの星野という選手。

今、グーグルで「室蘭大谷 高校サッカー GK 星野」で検索してみたら、

「あの時のGKの星野は凄かった」

というようなことを書いているホームページやブログをいくつか発見して、
非常に嬉しくなりましたhappy01

準決勝の国見戦でも、GKの星野選手を中心に必死に耐えて0-0で
後半の終盤まで持ち込んでいったのですが、そこでペナルティーエリアに
入ってきた国見の選手を倒してPKを与えてしまったのが、そのGKの
星野選手だったんですよね~。

PKを決められて0-1となり、そのスコアのまま試合終了。

そんな何とも言えないような結末もあって、今でも思い出すたびに
懐かしさが溢れてきますsoccer

ちなみに、準々決勝の「PK15-14」というのは記載ミスではありません。

去年の天皇杯で、たしか名古屋と柏の試合がPK戦で10-9までいったのですが、
そういったPK戦があった次の日のスポーツ新聞なんかには、

「過去の記憶に残るPK戦」

みたいな感じで、今でも必ず取り上げられるような、伝説の「15-14」です。

そんなわけで、あまり財前さんについては触れないまま今日の文章を
締めてしまいますが、来シーズンのコンサドーレ札幌、とにかく僕は
変わらず応援し続けたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

今日は2012年12月12日

というタイトルの通り、今日はなかなかの日付の並びの1日でした。

今から800年前には「1212年12月12日」という、
さらに完璧な1日があったことになります。

この日に何か特別な出来事はなかったのかとグーグルで検索してみましたが、
残念ながら特に発見できませんでした。

幅を広げて、1212年に起こった出来事をウィキペディアで調べてみると、

・鴨長明の随筆「方丈記」が完成。
・フリードリヒ2世がドイツ王として戴冠。
・オルレアン近郊の村の少年・エティエンヌが少年十字軍を率いて
 エルサレムへ旅立つ。
・聖トーマス教会合唱団創設。

とのことでしたsmile

1212年といえば、「いい国作ろう鎌倉幕府」でお馴染みの鎌倉時代だったのですが、
鎌倉時代の中では、1232年に制定された「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」の
音の響きが妙に好きで、中学か高校の日本史の授業で習って以来、

「1232年 御成敗式目」

はずっと覚え続けています。まぁ、日本史用語でいえば、

「墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいのほう)」

の口に出した時のリズムの良さは別格で、これと対等に闘える日本史用語は
存在しないと言っても過言ではないでしょうねdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

第54回NAGOハーフマラソン

♪N・A・G・O 名護~ N・A・G・O 名護~♪

というわけで昨日、たきかわコスモスマラソン実行委員会事務局から、
来年の2月3日に沖縄県の名護市で行われる「NAGOハーフマラソン」の
日程表などの書類が送られてきました。

この名護の大会への招待にまさかの大当たりをした、滝川の大会の奇跡から
早くも3ヶ月ほどが経過しますが、自分のゼッケン番号が呼ばれた時の瞬間を
思い出すと、今だに軽く興奮してしまいますsmile

送られてきた書類には、名護の大会の大会要項も入っていました。
Nagohalf

種目としてはハーフ、10キロ、3キロがあるとのこと。

複数の種目があるのはネットで調べていて前から知っていたのですが、
僕は滝川でハーフを走ったので、今回もてっきり、ハーフに出るしか
選択肢はないと勝手に思い込んでいました。

それもあって、先週と先々週の土曜日は、2週続けて20キロほどの
距離を走って、ある程度ながらもハーフに備えているつもりでした。

しかし、滝川の大会事務局から送られてきた書類の中の
説明書きを読んでみると、

「種目はハーフ、10キロのどちらに出場していただいても構いません」

とのことで、10キロという選択肢もあることが判明。

残り2ヶ月近く、これからの本格的な冬のシーズンを考えると、
ハーフの約21キロに向けた練習をするのはなかなか厳しいので、

「10キロにしようかな~」

と少しだけ心が揺れ動きましたsmile

しかしコース図を見てみると、ハーフの場合は、名護湾と羽地内海という
2つの海岸沿いを走ることができるようです。

そう考えるとやはり、せっかくの二度とないような機会なので、名護の街を
長く走った方が断然お得ということで、当初思っていた通りハーフにします。

1日目 移動
2日目 大会参加
3日目 観光
4日目 帰る

というのが大雑把な日程ですが、初日、新千歳空港に午前7時45分に
集合というのが、覚悟していたとはいえ、今から少し憂鬱ですsmile

そんなわけで、人生初の沖縄に向けて、これからのシーズンも何とか
練習を続けていきたいと思いますrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

来年の祝日の並びは?

この前、水曜どうでしょうの来年の卓上カレンダーを買ってきました。
Doudesyou

土・日・祝日が休みの職場に勤める僕にとって、祝日が土曜日にあるのは
妙に心の底から損をした気分になるのですが、今年は、

  2月11日(建国記念日)
  5月  5日(こどもの日)
  9月22日(秋分の日)
11月  3日(文化の日)

と、4回も土曜日に重なってしまったようで、何年かに1回訪れるらしい、
巡り合わせの悪い年でした。

そこで、このカレンダーで来年、2013年の祝日を調べてみたところ、

  5月 4日(みどりの日)
11月23日(勤労感謝の日)

の2回が土曜日のようです。ゴールデンウィーク中はどこかの祝日が
土曜日に当たる場合も多いので、実質は11月23日のみと、来年は
悪くなさそうな並びのようですhappy01

ちなみに来年のランニング大会の日程は、例年と同じ開催時期とすると、
僕が毎年のように出ている主な大会では、

  5月 5日(日・祝) 日刊スポーツ豊平川マラソン(翌日は振替休日で休み)
  5月19日(日) 洞爺湖マラソン
  6月16日(日) おたる運河ロードレース大会
  8月25日(日) 北海道マラソン
10月 6日(日) 札幌マラソン
10月20日(日) 北海道ロードレース

というような感じになるのかもしれませんrun
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

2000年10月の思い出

この前の金曜日の午前中、「危険物取扱者の保安講習」という3時間の講習を、
札幌の北6西7の北海道自治労会館で受けてきました。
Kikenbutu1

Kikenbutu2

この「危険物取扱者」は、試験を受けて合格して取得できる国家資格で、
今回受けた保安講習というのは、この資格を持っている人が定期的に
受けることになっている講習でした。

今日のブログではこの資格について語るわけではなく、
試験を受けた時の思い出を書きたいと思います。

この試験を受けたのは、今から12年前の2000年10月22日の日曜日だったの
ですが、その前日の10月21日の土曜日は、J2リーグにいたコンサドーレ札幌が
アウェーの湘南ベルマーレ戦に勝って2位以内を確定させ、J1リーグ昇格を
決めた記念の日でしたsoccer

この試合は午後7時キックオフのナイトゲームで、たしかテレビ北海道で
生中継がされていたので、しっかり観ていました。

試合が終わりJ1昇格が決定して、本来ならばその後、ビールbeerで夜通し
乱れるまで祝杯したかったのですが、次の日の午前中に、上に書いた
資格の試験があったので、必死に耐えてそのまま大人しく寝ることに。

試験は無事に合格して、大人の判断で耐えた甲斐がありましたsmile

ちなみに、昇格を決めた湘南戦のスコアは3-0で、得点者は順に
名塚、播戸、エメルソンということで、非常に懐かしいです。

エメルソンはその試合の段階ではたしか19歳ながらも、12年後の現在は
34歳ということですが、それはおいといて、そのエメルソン、今はブラジルの
コリンチャンスというチームに所属しているとのこと。

そのコリンチャンスは、現在日本で行われているクラブワールドカップに
出場していて、エメルソンもおそらくチームの中心選手として来日しています。

変則的なトーナメント方式で、今日の「サンフレッチェ広島×アルアハリ」の
勝った方が水曜日に、準決勝でコリンチャンスと対戦となっていました。

是非とも広島に勝ってもらって、日本のチーム相手にプレーするエメルソンを
観たかったのですが、残念ながら広島は1-2で負けてしまいましたsad

それでも、かなり久しぶりのエメルソンを観たいので、
今度の水曜日の試合は楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

一瞬だけ銭函の男に

今日は午前11時30分頃からランニングをしてきました。
Maeshin1

手稲方面をひたすら走り、途中からどこを走っているのかが
良く分からなくなりながらも、最終的には国道337号線に出て、
新川通とぶつかるT字路の交差点へ。
Maeshin2
見事に(?)札幌市を脱出。住所としては、銭函4丁目となるようです。

Maeshin3

そして、小樽市のカントリーサインを超えたすぐ先のこの信号で
右に曲がって横断歩道を渡り、あっという間に再び札幌市へ。

信号待ちも含めて、銭函の滞在時間は1~2分程度でしたsmile

それから、除雪されていない新川通の歩道を、雪をかき分けながら
何とか進んで、悪戦苦闘しながら前田森林公園の前まで到達。
Maeshin4

Maeshin5

ここから家まではまだ10キロほどあり、このあたりから雪snowも本格的に降ってきて
あわや遭難しかけましたが、かろうじて無事に家まで生還できましたdelicious

今日の札幌市の最高気温は-2.0℃ということで真冬日でしたが、
歩道の雪道はツルツル路面のところは少なく、走りやすい状況でした。

そんなこんなで、時間は2時間ちょっと、走った距離はおそらく23キロほどの
雪道ランニングの土曜日にrun

今日はたっぷり走ったので、明日は1日中、家に引きこもることを決意しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

年末年始は9連休?

僕の職場は土・日・祝日と、年末年始の12月29日から1月3日までの6日間が、
就業規則(?)で休日と決められています。

12月29日(土)
12月30日(日)
12月31日(月)
  1月1日(火)
 1月2日(水)
 1月3日(木)
 1月4日(金)
 1月5日(土)
 1月6日(日)

ということで、通常通りでいけば、1月3日まで6連休で、1月4日に出勤となり、
そして次の日からまた土・日の休みとなります。

ただし、職場の方針として、今回の1月4日は基本的に休みとするようで、
そうなると1月6日までの9連休に。

その1月4日は有給休暇を使うことにはなりますが、
心おきなく休めそうなのは嬉しいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

ナンダカンダ/藤井隆(2000年)

今日の帰り道、なぜか頭の中にふと流れてきたメロディーが、
藤井隆が12年前の2000年3月に、デビューシングルとして発売した
「ナンダカンダ」という曲。

「♪なんだかんだ叫んだって~やりたいことやるべきです~♪」

というサビの部分は特に、10年以上経っても、
頭の中に刻み込まれてしまっているようでsmile

この当時、僕の周りでも「何気にいい曲だよね~」と言っている人が
思いのほか多かったような印象があります。

同じような系統として「野猿」あたりも、曲に対しての評判が高かった記憶が。

今調べてみたら、この藤井隆の「ナンダカンダ」は、作詞がGAKU-MCで、
作曲と編曲が浅倉大介だったんですね。

先ほど、Youtubeで検索してPVを見てみたのですが、
パソコンの前で妙にテンションが上がりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

また暴風雪?

明日の天気予報を見ると、1週間ほど前に続き、
また暴風雪の予報が出ています。

Blizzard_2

昨日も朝は風が強く、日中は雨と雷が激しかったですし、
最近の荒れる天気には、かなりウンザリ気味です……。

とにかく、被害が出ないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

12月から1月にかけては駅伝シーズン

僕にとってランニングrunは、

・ 4月から10月までは自分が走る
・11月から 3月までは人が走っているのをテレビで観る

という感じなのですが、これからは全国規模の駅伝の大会が続きます
(箱根駅伝だけは、関東の大学のローカルな大会ですが)。

12月16日(日) 全日本実業団対抗女子駅伝
12月23日(日) 全国高校駅伝(男子・女子)
1月 1日(火) 全日本実業団対抗男子駅伝(ニューイヤー駅伝)
1月 2日(水) 箱根駅伝(往路)
1月 3日(木) 箱根駅伝(復路)
1月13日(日) 都道府県対抗駅伝(女子)
1月20日(日) 都道府県対抗駅伝(男子)

というのが、おそらく全国中継される大会です。

特に正月の3日間は、スタートからゴールまで全て見続けるのが
毎年の恒例行事となっていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

久しぶりの札幌脱出

当日のブログにも少しだけ書きましたが、2日前の土曜日、
今シーズン初となる雪道ランニングをしてきましたrun

まずは国道5号線に出るのを目標にして、それからは手稲・小樽方面を
目指して5号線をひたすら走りました。
5gousen1

5gousen2
ここからさらに268キロを走れば、函館市に辿り着けるそうですsmile

5gousen3
そして無事に小樽市に突入。札幌市を脱出したのは、
たぶん9月23日の美唄市でのハーフマラソン以来です。

その後、すぐ先の信号を渡って折り返しとして、すぐに札幌復帰。
札幌脱出は3~4分程度でした。
5gousen4

札幌市と小樽市の境目に近い星置橋からの眺めは綺麗で、
このコースを走る時には楽しみにしています。
5gousen5

すぐ下にJRの線路があるので、走っている最中に列車が通過してくれると
何か得をした気分になります。

土曜日は最高気温が-0.3℃ということで、おそらく今シーズン初の
真冬日となりましたが、天気は良く、風もそれほど強くなかったので、
気分の良い20キロほどのランニングとなりました。

冬の間も、ずっとこのくらいの条件だったら、それほど問題なく練習を
続けられるのですが、なかなかそうはいってくれないのが悩みどころですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

堀端宏行が日本人トップの2位に[2012年福岡国際マラソン]

昨日の夜からまとまった雪snowが降ったこともあり、今日の朝起きてみると、
すっかりと白い雪景色となっていました。
122honkakutekiyuki

そんな今日はお昼から「第66回 福岡国際男子マラソン」の
テレビ中継を観ました。

スタート時間が午後0時10分で、中継の終了時間が2時間16分後の午後2時26分、
実質は午後2時23分で終わったという、あいかわらず時間設定に余裕の無い
テレビ朝日の中継でありましたsmile

●第66回 福岡国際マラソン 結果

1位 ジョセフ・ギタウ(JFEスチール) 2:06:58
2位 堀端 宏行(旭化成)  2:08:24
3位 ヘンリク・ゾスト(ポーランド)  2:08:42
4位 藤原 新(ミキハウス)  2:09:31
5位 黒木 文太(安川電機)  2:10:08
6位 川内 優輝(埼玉県庁)  2:10:29
7位 モハメド・トラフェ(米国)  2:11:41
8位 ライアン・ベイル(米国)  2:11:45
9位 カットバート・ニャサンゴ(ジンバブエ)  2:11:48
10位 野口 功太(トヨタ自動車)  2:12:24

ということで、日本の実業団に所属する外国人選手が優勝するという、
ここ最近の大会でよくある、お馴染みの展開に。

優勝のギタウ選手は去年の北海道マラソンを走っているとのことで、
その時のタイムは2時間21分と失敗レースだったようですが、
自分と同じレースを走った選手が優勝したと思うと、少し嬉しいですhappy01

35キロ~40キロのラップタイムがたしか14分41秒と、今日の5キロごとの
ラップタイムの中でこの区間が最速となっていて、日本人選手との差を
感じてしまいました。

「2時間07分59秒以内で日本人トップでゴールすれば、世界陸上代表が内定」

という決まりで、堀端選手は35キロくらいまではギリギリいけそうかなと
期待したのですが、惜しかったです。

まぁ、この内定タイムが出せなかったら問答無用でダメというわけでは
ないので、堀端選手の代表は濃厚でしょうね。これで、

「今日の堀端選手の内容では、日本代表に選ぶまでにはいかない」

と言ったら、この後の東京とびわ湖の結果により、
日本代表がゼロになる可能性が高いと思われますdelicious

注目の川内選手は、27キロくらいで先頭集団から遅れていってしまいました。
あの遅れ方を見ると、さらにズルズルと失速していって、2時間15分~20分
くらいのゴールタイムになってもおかしくなさそうな感じでしたが、結局、
2時間10分台でゴールという、ある意味でのさすがの安定感は見せました。

そして、中継では完全に「空気」のような存在として扱われていた
安川電機の黒木選手が、2時間10分切りまであと僅かというタイムで
5位でゴール。

帝京大学出身の27歳ということで、今後に期待したいです。

そんなわけで、日本の実業団に所属する外国人選手のレベルの高さを
あらためて実感した大会となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

残留争いが決着(新潟とC大阪が残留、G大阪と神戸が降格)

今日は午前11時過ぎから、20キロほどのランニングをしてきました。
今シーズン初の雪道ランニングとなりましたrun
Otarurun

そして家に戻って遅めの昼食を食べたあと、午後3時30分に同時キックオフの
J1リーグの最終節に備えて、再び残留と降格の条件を確認しましたdelicious

そして各会場で運命の試合開始となりました。

コンサドーレ札幌ファンとしては、対戦相手がアルビレックス新潟でしたが、
ひとまずは相手の残留争いとかは関係なく、単純に札幌の応援をするという
スタンスで、CS放送のテレビ中継を観ていました。

-------------
サッカーJ1リーグ 最終節(第34節) 新潟

アルビレックス新潟 4-1 コンサドーレ札幌

得点:前半8分 坪内(新潟)
    前半43分 ブルーノ・ロペス(新潟)
    後半8分 榊(札幌)
    後半26分 アラン・ミネイロ(新潟)
    後半35分 ブルーノ・ロペス(新潟)

ということで、前半が終わった段階で新潟が2-0のリード。

とはいえ、ともにCK絡みからのゴールで、この1年間の札幌のセットプレーの
ピンチに対する弱さの持ち味を存分に発揮した2失点とはいえ、その他は、
どっちもどっちという内容に感じられました。

札幌も、思いのほか綺麗にパスを繋いで相手ゴール前までは
ボールを運ぶシーンも何回もあって、

「札幌相手に、攻められるそのシーンを何回も作られるのはどうだ?」

と思って観ていたのですが、解説の人は、よく分からないけど
ひたすら新潟をベタ褒めするような解説を。

「うるせぇぞ玉乃」

と、前半の途中から、テレビの前で頻繁に呟きたくなりましたsmile

そんなこんなで、後半の早い時間帯に、高卒ルーキーの榊くんが
ゴールを決めてくれたのは、非常にスカッとしました。

その後の古田のパスからの絶好機も是非とも決めてほしかったのですが、
来シーズンの希望の光を感じた1点だったので、今日はそれだけでもう
充分に満足です。

後半26分に、新潟が札幌を突き放す3点目のゴールを決めた後に、
チャンネルをNHK総合のジュビロ磐田×ガンバ大阪に変えました。

この後半の途中の段階で、磐田1-1G大阪、神戸0-1広島でした。

新潟の勝利は濃厚となったので、G大阪と神戸はともに勝たなければ
降格の可能性が極めて高くなっていました。

G大阪はこの後、レアンドロのヘディングシュートがバーを叩いたり、
絶好のシュートシーン2連発を磐田の身体を張った守備に立て続けに
ブロックされ、その直後の遠藤のゴールはオフサイド判定。

そうこうしているうちに、後半40分に磐田の小林が、普通ではなかなか
決まらないようなニアサイドの上隅をぶち抜く芸術的なゴールを決め、
G大阪は追い詰められてしまいました。

結局そのまま、磐田2-1G大阪、神戸0-1広島で終了し、
新潟が逆転残留、G大阪と神戸がJ2リーグに降格することに。

何日か前、NHKの朝のニュースのスポーツコーナーでも
取り上げられていたという「前田遼一の呪い」が今年も発動して、
G大阪が降格となってしまいました。

前田にとっては、完全な言いがかりで迷惑な話でしょうがdelicious

ちなみに、C大阪も「G大阪と神戸がともに勝って、自分たちが負ける」という
場合にのみ降格となっていました。

結果的には負けていても残留だったのですが、川崎F相手に
後半のロスタイムに同点ゴールを決めて、自力での残留に。

新潟は前節、「勝たなければ降格決定。引き分けでもダメ」という状況の中、
アウェーの仙台で対戦(今年の仙台のホーム戦績が10勝6分け1敗)という、
非常に厳しい条件の中を勝って踏み止まったのが残留に繋がりましたね~。

それを乗り越えて辿り着いた先がホームの試合で、
しかも相手があの札幌だったわけでsmile

先制点が元札幌の坪内、2点目のアシストとなったのが
こちらも元札幌の石川。藤田征也も先発出場で、柳下監督は
スタンドから観戦。なかなか趣深いものがありました。

札幌ファンとして、神戸とまさかのG大阪が加わる来年のJ2リーグが
今から楽しみですsoccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »