« 衝撃のKO決着(山中 慎介 VS トマス・ロハス) | トップページ | 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 »

2012年11月 4日 (日)

フラれて元気/TOKIO(1997年2月)

今日は午後4時過ぎから10キロほどのランニングをしてきました。

家を出た時は雨rainは止んでいたのですが、結局、降ったり止んだりの中を
走った日曜日の夕方になりました。

その走っている最中、頭の中で繰り返し流れていた曲は、
TOKIOが1997年の2月に発売したシングル曲の、

「フラれて元気」

でした。

♪雨降られ 空にフラれ♪

の出だしの部分が今日の状況と合っていて、
頭に浮かんできたのかもしれません。

最後の

----------
(人生は)長く厳しい
(女には)気をつけろ
(幸せは)走ってつかめ
(フラれても)陽はまた昇る
----------

の部分は特に、数えきれないほどに頭の中で口ずさみました(変な表現ですが)。

僕も女性には気をつけたいと思いますsmile

この曲は連続ドラマの「サイコメトラーEIJI」の第1期の主題歌でしたね。
主演が松岡くんということもあってか、松岡くんの珍しいソロパートもある曲でした。

このドラマに関しては、女性刑事役の大塚寧々さんと、
松岡くんの友人役の小原裕貴くんが懐かしいですhappy01

--------------
●第44回全日本大学駅伝(8区間106.8キロ)

朝8時から昼の1時30分過ぎまでテレビ中継をずっと観ていましたが、
最後までどうなるか分からない白熱の優勝争いでした。

1位 駒澤大学 5時間12分43秒
2位 東洋大学 5時間13分32秒
3位 早稲田大学 5時間15分08秒
4位 日本体育大学 5時間15分21秒
5位 明治大学 5時間17分09秒
6位 日本大学 5時間18分49秒

7位 上武大学 5時間20分17秒
8位 山梨学院大 5時間20分33秒
9位 中央大学 5時間21分54秒
10位 神奈川大学 5時間23分23秒

23位 札幌学院大学 5時間46分59秒

ということで、アンカー区間にタスキを繋いだ段階で、
トップの東洋大と2位の駒澤大の差は1分7秒。

東洋大の酒井監督がレース前に、駒大のアンカーに窪田選手が
いることを踏まえて、

「最低でも1分、可能ならば1分30秒の差はほしい」

とコメントしていたようですが、やはりその通りに窪田選手が
抜群の安定感の強さを発揮しての逆転劇に。

「さすが!」としか言えないような窪田選手の走りでした。

北海道地区代表の札幌学院大は去年が21位で、過去の最高順位は
19位だったとのことで、その最高順位の更新を期待していたのですが、
結果は25校中の23位(オープン参加の東海学連選抜を除く)。

1区が18位となかなかの出だしで、2区で1つ順位を上げて17位でタスキを
渡した時には少し夢を見ましたが、やはり現実は厳しかったようで……。

今日は風や気温などが好条件だったようで、区間新が8区間中3つも出ました。
駒大の優勝タイムも大会新に。

そんな早いタイムのおかげで、今年は割と普通のテレビ中継の終了と
なりましたが、あいかわらず余裕の無い終了時間設定のテレビ朝日の
中継ではありましたsmile

●区間賞

1区 田口 雅也(東洋大) 43分17秒
2区 E.オムワンバ(山梨学院大) 37分16秒→区間新
3区 油布 郁人(駒澤大) 26分55秒→区間新
4区 服部 翔太(日体大) 40分23秒
5区 有村 優樹(明治大) 33分48秒
6区 前田 悠貴(早稲田大) 35分30秒→区間新
7区 佐久間 建(東洋大) 34分57秒
8区 G.ベンジャミン(日本大) 56分52秒

|

« 衝撃のKO決着(山中 慎介 VS トマス・ロハス) | トップページ | 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 »

コメント

こんばんは^^
久しぶりにリアルタイムで見れました。
でも、寝過ごしてしまったので見たのは5区くらいからだったのですが。
最後の駒大の逆転劇は本当に素晴らしかったです!
窪田選手は貫録がありますね。
早大の前田選手の区間新も嬉しかったです。
個人的に上武大にシード権を獲得してほしかったので、ベンジャミン選手、そこまで頑張らなくていいんだよ・・・と思ってみてました←
東海大の村澤選手はやはり出場しなかったですね。早川選手が村澤選手ともう襷を繋ぐことは出来ないんだとコメントされたらしくてそれを聞いたときはうるっとしました。

投稿: 苗坊 | 2012年11月 5日 (月) 00時01分

>苗坊さん

こんばんは~。昨日はリアルタイムで観ていたんですね!

窪田選手、坊主頭になっていて、最初見た時は誰か分かりませんでしたsmile
1分ちょっとの差はどうかなと思いましたが、淡々と詰めていった
感じの走りが逆に凄みがありました。

そして早大の前田選手、正直なところ、今までの大会でも名前は良く聞くけど、
あまり印象には残っていませんでした。4年生のここで区間新は見事ですねhappy01

ベンジャミン選手は次元が違いましたね~。僕も上武大は応援していたので、
あと一歩でシード権を逃したのは残念でした。

早川選手のコメント、僕も思わず胸にきてしまいました。
箱根では学連選抜で是非とも快走してほしいですね。

投稿: しげた | 2012年11月 5日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56044299

この記事へのトラックバック一覧です: フラれて元気/TOKIO(1997年2月):

« 衝撃のKO決着(山中 慎介 VS トマス・ロハス) | トップページ | 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 »