« ツルツル路面 | トップページ | 残留争いが決着(新潟とC大阪が残留、G大阪と神戸が降格) »

2012年11月30日 (金)

世界陸上の派遣設定が厳しくなるようで

今日の北海道新聞の朝刊のスポーツ面に、
気になる記事が載っていました。

----------------
●派遣設定、世界12位相当に

 日本陸連は29日の強化委員会で、来年8月の世界選手権(モスクワ)で
トラック、フィールド各種目の代表選考基準について、初めて導入する
派遣設定記録を世界12位相当にすることを決めた。

 記録を満たした選手は、来年6月の日本選手権で入賞すれば代表入りとなる。
実力のある選手を優遇し、本番で上位進出を狙うことが目的。

 この記録は2008年~11年までの各シーズンで、1ヶ国・地域上位3人までで
世界12番目の記録の平均値に定めており、国際陸連の参加標準記録A
(A標準)よりも高くなるという。
----------------

ということで、この派遣設定記録の決め方は競泳と似たような感じなのかも
しれませんが、この記事を読んで最初に思ったのが、

「日本代表選手が、もしかしたらゼロになっちゃうんじゃないか……」

という心配でしたsmile

トラック・フィールド種目ということで、マラソンや競歩は入らないようですが、
今までのA標準、B標準での決め方に比べて、代表となれる選手がどのくらい
減ることになるのか、気になるところです。

|

« ツルツル路面 | トップページ | 残留争いが決着(新潟とC大阪が残留、G大阪と神戸が降格) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56223884

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上の派遣設定が厳しくなるようで:

« ツルツル路面 | トップページ | 残留争いが決着(新潟とC大阪が残留、G大阪と神戸が降格) »