« 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 | トップページ | 果てしない夢を/ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄(1993年) »

2012年11月 6日 (火)

サッカーJ2リーグは残り1試合

来シーズン、我らがコンサドーレ札幌が意気揚々と復帰するJ2リーグですが、
今シーズンの残り試合が1試合となっています。

22チームが参加しているこのJ2の現在の上位10チームの順位は、

        勝点  得失点差
  1位 85   +28  ヴァンフォーレ甲府
  2位 73   +16  京都サンガF.C.
-------------
  3位 72   +20  湘南ベルマーレ
  4位 70   +19  大分トリニータ
  5位 70   +16  横浜FC
  6位 69   +25  ジェフユナイテッド千葉
-------------
  7位 63   +18  東京ヴェルディ
  8位 62   + 5  ファジアーノ岡山
  9位 61   + 5  ギラヴァンツ北九州
10位 61     + 4  モンテディオ山形

で、首位の甲府は3週間ほど前に昇格を決定させました。
去年までは下位チームのイメージがあった岡山がかなり健闘して、
かなり惜しい位置まで行っていたんですね。

今シーズンから、

「2位までは自動昇格、3位~6位までがプレーオフで残り1枠」

となったので、2位と3位、そして6位と7位のラインが大きいのですが、
6位の千葉と7位の東京Vの勝ち点差が5で逆転不可能なので、
プレーオフ圏内の6位までの6チームは決定。

そして、さらに大きな2位と3位に関しては、2位の京都から5位の横浜FCまでが、
自動昇格の2位のチャンスがある大激戦。

地味に今シーズンの横浜FCは好成績で、

「三浦カズ、フットサルに出ていていいのか?」

ともちょっとだけ思ってしまいますがsmile

プレーオフは、まずは11月18日(日)に3位×6位、4位×5位で、
上位チーム(3位と4位)のホームゲームで1発勝負。

そこを勝ち上がった2チームが、11月23日(金・祝)に国立競技場で
最終決戦のこれも1発勝負。

どちらも、延長戦は行われず、90分で同点の場合は、
リーグ戦の順位が上位チームの勝利扱いになるようです。

「90分での引き分けなら勝利扱い」

はサッカーにおいては結構デカいので、現在6位の千葉も、
最後に勝てば3位まで上がれる可能性もあるので、
重要な1試合になりますね。

来シーズンは札幌がこの昇格争いに加われるように願っていますhappy01

J2リーグの最終節は、今度の日曜日の11月11日、
全ての会場で午後1時キックオフとのこと。

町田×湘南
横浜FC×岐阜
松本×大分
京都×甲府
徳島×千葉

が昇格争いに関係あるカードです(左側がホームチーム)。
どういう結果になるのか、気楽な立場で楽しみにしていますsoccer

|

« 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 | トップページ | 果てしない夢を/ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄(1993年) »

コメント

さて。約半年ぶりの御無沙汰ですが。J2はかなりつぶさに
観ていたので(マッチデーJリーグもホントに面白いのは水沼の
出ないJ2の時に限られるので)、多少補正しておきたいフォロー
コメントなど。

>首位の甲府は3週間ほど前に昇格を決定させました。
確かに大分の田坂監督が言っていた通り『結局甲府はダヴィなん
ですよ!』なチームではありましたが、昨年からモノになってきた
MF井澤をはじめ柏、堀米といった中盤が結果を出し始め(最後は
ブラウブリッツ秋田にレンタルされてた畑田も結果を出した)、
DF盛田やMF伊東輝、後半加入の「ちっこいおっさん」フェルナン
ジーニョと組み合わさることによって、チームに「崩れない安定感」
が出ていたのが今年のJFK(城福)サッカーの醍醐味と成果、でした。
ホント、いい廻り道をしたな、と。あと今年もはくばくの新聞広告は
泣けました(「ありがとう俺たちの甲府(ヴァンフォーレ)」)。

>「三浦カズ、フットサルに出ていていいのか?」
それでいいんです、と。それだけ山口素弘監督になって以降の成績が
しっかり物語っているので、カズはフットサルでもしているのが
世の中のため、なのかと。
 ここのターニングポイントは前回覚醒のポイントと同じく監督交代
のタイミングでしたが、トリガーを引く前段階においてこのクラブを
地獄に引きずり入れた佐藤工業が復活しており、かつ多大な失態を
引き起こしたことがもう一つのトリガーになっているのも興味深い。
(2012/05/24南魚沼市「八箇峠トンネル」で爆発事故、4人死亡の
受注責任元が佐藤工業→2012/03/21に監督就任した山口素弘率いる
横浜FCが2012年の5月から6月にかけて6連勝達成、勝ち星先行
→7月には7位→10月後半に5位浮上)
 チームの特色としては運動量の落ちないチームでツインタワーの
FW(復帰した大久保哲哉と湘南から来た田原豊)を軸に交代枠で
使われることの多い野崎、武岡、ユース出身の小野瀬がコンスタント
に点を獲ってくるチームなのが特長。
 セットプレイ的にはMF高地のFKがアクセントで前回レンタル時には
怪我で全く機能しなかったMF寺田紳一が再びガンバから加入したのも
大きいかと。それと、ホントに乗せると怖いカイオの復活が終盤戦
特に利いているような。

2位昇格争いは甲府が「勝ちきり」にこだわらず、ダヴィも出場停止
なので、最終ホームの空気を読めば素直に京都、大人気なく町田を
J2から叩き落として(スマスマでも有名な田子千尋氏がDJを務める)
「湘南昇格」の想いが貫き通せるのであれば湘南、どちらも完遂出来
なければホームゲーム残しの分で横浜FCかと。
(即昇格の可能性を残す中ではようやく借金を完済したとはいえ、
大分トリニータが一番不利)
 プレーオフは霞ヶ丘での一発勝負に一番相応しい成果を出せた所が
栄冠を勝ち取ることになるのかと。

投稿: torov | 2012年11月 7日 (水) 16時39分

>torovさん

お久しぶりです!

横浜FCは開幕からしばらく勝てなくて、監督も速攻で交代して、
その負のイメージでいたら、いつの間にか上位に上がっていた印象。

2位争い、3位~6位までの順位争いも激しいですよね~。
前節では湘南が鳥取相手に苦戦しながら、最後に決勝点を決めたのが、
あのキリノだったようでsmile

最終節の11月11日はマラソンの大会があるので試合経過は楽しめませんが、
どうなるのかが今から気になっていますsoccer

投稿: しげた | 2012年11月 7日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56057078

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーJ2リーグは残り1試合:

« 「さっぽろさよならマラソン」まで6日 | トップページ | 果てしない夢を/ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄(1993年) »