« 今年の走ったランニング大会 | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1リーグ優勝! »

2012年11月23日 (金)

大分トリニータがJ1昇格

今日から嬉しい3連休ですが、今日は午前中に床屋に行って、
そして午後からは国立競技場で行われたサッカーJリーグの
プレーオフ決勝の「ジェフ千葉×大分トリニータ」のテレビ中継を観ましたsoccer

大分トリニータ 1-0 ジェフ千葉

得点:後半41分 林 丈統(大分)

ということで、大分が来年のJ1昇格を決めました。

「90分で同点なら、リーグ戦の順位が上の千葉が昇格する」というルールが
大きくなってきた後半40分過ぎの、大分の林の絶妙なシュートが決勝点に。

林と言えば、オシム監督時代の千葉でのスーパーサブのイメージが強くて、
それから京都に移籍したまでは知っていたのですが、その後は覚えていなく、
お馴染みのウィキペディアで調べてみると、

2006年 京都
2007年 磐田
2008年 京都
2009年 京都
2010年 千葉
2011年 千葉(シーズンオフに戦力外)
2012年 タイのBECテロ・サーサナFC(6月1日まで)→大分(7月30日から)

ということで、去年まで千葉とは深く関わりがあって、そして今年は
タイのチームにいたり無所属の期間があったりした選手が、ここの
大一番で大分にとって値千金のゴールを決めたのが、あらためて
印象深いものがあります。

今年から導入された3位から6位までのプレーオフ。

「順位が上位のチームが90分で同点の場合には生き残れるし、
 3位と4位は初戦はホームで試合ができる」

ということで、リーグ戦での順位が上位のチームに価値をつけたつもりが、
今年のプレーオフの3試合は、不利な条件のはずの下位のチームが
結果的には全て勝つことにsmile

とはいえ、それはあくまでも今年はそうなったというだけで、
来年も同じ決まりで行われる場合には、

「2位以内の自動昇格を目指して、それがダメでも6位以内の少しでも上の順位に」

という目標を持って、我らがコンサドーレ札幌の応援をしたいですdelicious

ひとまずは来年、J2でともに戦うチームがどこになるのか、
明日行われる「ラス前」のJ1の結果に注目しますsoccer

|

« 今年の走ったランニング大会 | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1リーグ優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/56176626

この記事へのトラックバック一覧です: 大分トリニータがJ1昇格:

« 今年の走ったランニング大会 | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1リーグ優勝! »