« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

世界陸上の派遣設定が厳しくなるようで

今日の北海道新聞の朝刊のスポーツ面に、
気になる記事が載っていました。

----------------
●派遣設定、世界12位相当に

 日本陸連は29日の強化委員会で、来年8月の世界選手権(モスクワ)で
トラック、フィールド各種目の代表選考基準について、初めて導入する
派遣設定記録を世界12位相当にすることを決めた。

 記録を満たした選手は、来年6月の日本選手権で入賞すれば代表入りとなる。
実力のある選手を優遇し、本番で上位進出を狙うことが目的。

 この記録は2008年~11年までの各シーズンで、1ヶ国・地域上位3人までで
世界12番目の記録の平均値に定めており、国際陸連の参加標準記録A
(A標準)よりも高くなるという。
----------------

ということで、この派遣設定記録の決め方は競泳と似たような感じなのかも
しれませんが、この記事を読んで最初に思ったのが、

「日本代表選手が、もしかしたらゼロになっちゃうんじゃないか……」

という心配でしたsmile

トラック・フィールド種目ということで、マラソンや競歩は入らないようですが、
今までのA標準、B標準での決め方に比べて、代表となれる選手がどのくらい
減ることになるのか、気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

ツルツル路面

昨日の夜に降った雨の影響もあり、今日の朝、家を出てみると、
歩道はかなりの部分がスケートリンクのようなツルツル路面でした。

家から地下鉄駅まで20分、地下鉄駅から職場まで10分くらい歩くのですが、
今日は職場に着くまでに、肉体的にも精神的にも非常に疲れました。

前向きに考えれば、このような中を歩くことで体幹を鍛えられたような気になって、
マラソンにとって効果的なトレーニングを行えたという充実感がありますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

降格請負人?

昨夜、ブログを更新したあとに、この前の土曜日に録画しておいた
NHK-BSのJリーグタイムを見ました。

サンフレッチェ広島の優勝特集ということで、チームの20年の歴史という感じで、
過去の映像が流れていました。

その中の2002年の降格について、昨日のブログにも少し書いた、
伝説の曽田のVゴールの映像が出てきて、テレビの前で興奮しましたsmile

さて、今日もJ1リーグの話題で。

残留争い真っ只中のガンバ大阪の今野が、何やら「降格請負人」として
ネット上などであちこちでネタにされているようで。

たしかに、過去に札幌とFC東京に在籍時にJ2降格を経験していて、
そして今年、ガンバ大阪に移籍した途端、去年までずっと安定して
上位争いを続けていたガンバ大阪が、いきなり一気に降格の危機に
瀕しているという、そういう事実はあります。

しかし、どうにもこうにも、今野が「降格請負人」としてネタにされるのが
非常に違和感があって、是非とも今日のブログで訴えたいと思いますsmile

まず、高卒ルーキーとして札幌に入団した2001年、この年は札幌が、
チーム17年の中で唯一「J1残留」を果たした、歴史的な年です。

昔のJリーグ・JFL時代からJ1・J2への移行時も含めると、今年も入れて札幌は
4回の降格を経験しているのですが、そのうち3回は「1年ですぐに降格」です。

そんなわけで、唯一のJ1残留を果たしたこの2001年に、高卒ルーキーながら
J1の舞台でしっかり試合に出ていた今野は、ある意味神様のような存在ですdelicious

2年目は最下位を独走して降格しましたが、そもそもJ1での札幌に所属すれば、
当然ながら降格を経験する危険性はかなり高いわけで、その降格の事実を
根拠に「降格請負人」と言われるのが、違和感がありまくりです。

そして今野は、2004年からFC東京に移籍しましたが、
FC東京に在籍7年目の2010年に、FC東京はJ2降格。

「7年もいれば、どんなチームだって1回はJ2に降格してもおかしくないだろ」

と言いたいのが、降格請負人に対する違和感のもう1つの大きな理由です。

ガンバ大阪が落ちたら、さらにうるさくネタにされそうなので、
是非ともガンバ大阪には残留してほしい気持ちになっていますが、
ここでもう1つ、ガンバ大阪にとっては不吉な都市伝説があるようで。

というわけで、今野ネタはここまでにして、次のネタに。

日本代表FWでもあるジュビロ磐田の前田遼一が、
J1でのそのシーズンの初ゴールの相手が、

2007年 甲府
2008年 東京V
2009年 千葉
2010年 京都
2011年 山形

で、この相手の5チームは全て、そのシーズンに降格をしてしまったとのこと。

そこで気になるのが今年の前田の初ゴールの対戦相手なのですが、
今年は第3節に生まれ、その相手が、ガンバ大阪とのこと……。

磐田の今シーズンの開幕戦が札幌で、前田もフル出場していたのですが、
札幌は0-0の無失点の引き分けに持ち込んだので、今にして思えば、
J1残留への最初の大きな難関はクリアしていたのですねsmile

そんなわけで、J1残留を賭けた運命の最終節は今度の土曜日、
午後3時30分に全ての会場で同時キックオフで行われます。

テレビの番組表を調べてみたら、我が家のテレビで生中継を観られるのは、

NHK総合 ジュビロ磐田×ガンバ大阪
NHK-BS ヴィッセル神戸×サンフレッチェ広島
BS-TBS 浦和レッズ×名古屋グランパス
スカイ・A セレッソ大阪×川崎フロンターレ
J SPORTS 1 アルビレックス新潟×コンサドーレ札幌

の5試合のようで、残留争いに関係するガンバ大阪、神戸、セレッソ大阪、新潟の
4試合とも観られるため、大変な土曜日の午後となりそう。

札幌ファンとしては当然、新潟戦を最初から最後まで見続けて、
そして札幌の勝利を見届けるつもりですが、そこは展開によりますdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

サッカーJ1リーグは残り1試合(残留争いは……)

今日は雪に強風に雷と、かなり荒れた天候の1日でした。
北海道内では、広い範囲で停電などの被害が出ているようです。

さて、今週の土曜日にサッカーJ1リーグの最終節が、
午後3時30分に同時キックオフで行われますsoccer

前節でサンフレッチェ広島が優勝を決めたこともあって、
注目はやはり残留争い。

我らがコンサドーレ札幌は、はるか昔にとっととJ2復帰を決めていますが、
最終節の相手が、残留争い真っ只中のアルビレックス新潟となっています。

ちょうど10年前の最終節の広島戦と似たような状況で、その時も札幌は
降格を既に決めていて、広島は最終節に残留を賭けるという状況でした。

結果的には、広島はたとえ勝ち点3を獲得していたとしても降格となっては
いたのですが、試合はVゴールを含む曽田の伝説のハットトリックで、
札幌が5-4のVゴール勝ち。

10年前は札幌ドームだったのですが、今年は新潟のホームの試合ということで、
「ギャンブルサッカー」を展開して、10年前と同じように札幌に勝ってほしいですsmile

    勝点
14位  41 セレッソ大阪(-6)→ホームで川崎F
15位  39 ヴィッセル神戸(-8)→ホームで広島
------------
16位  38 ガンバ大阪(+3)→アウェーで磐田
17位  37 アルビレックス新潟(-8)→ホームで札幌
18位  14 コンサドーレ札幌(-60)

ということで、( )内は得失点差ですが、あらためて見ると、
札幌の凄さが際立っています。

17位の新潟は引き分けでもダメで、残留の条件としては、とにかく勝つことが
最低条件で、そのうえで他のチームの結果待ちなのですが、

「新潟が状況的には1番苦しいけど、対戦相手としては新潟が1番恵まれている」

というのが大きな要素。

客観的に考えると、順当なら新潟は勝つ可能性がかなり高いため、
まずはとりあえず、

「新潟は勝って勝ち点を40にする」

と仮定して、順位表を見ながら残留と降格の条件を確認してみました。

新潟が勝つと、ガンバ大阪と神戸はともに、勝たないと新潟に抜かれて降格決定。
引き分けでもダメという厳しい状況。

神戸は勝てば自動的に残留決定。

ガンバ大阪は勝っても「神戸勝ち かつ セレッソ大阪が引き分け以上」なら降格。
逆に言えば、勝ちさえすれば「神戸が引き分け以下 もしくは セレッソ大阪が負け」
なら逆転残留が決まるので、勝てば希望の光はだいぶ大きくなります。

新潟は勝った場合でも、ガンバ大阪と神戸のどちらかが勝ってしまえば降格。
両チームが引き分け以下の場合にのみ残留。

セレッソ大阪は「ガンバ大阪と神戸が勝って、自分が負ける」という場合にのみ
降格なので、可能性としては低いのですが、それでもガンバ大阪と神戸が
両方勝つという可能性も少なからずあるので、危険な状況には変わりません。

ラス前の段階で勝ち点が41ありながら、残留争いに巻き込まれるとは、
セレッソ大阪にとっては迷惑な話ですが。

次は、新潟が引き分け以下で降格を決めた場合は……、と考えてはみたのですが、
さらに書くと長くなるので、以下は省略します。たぶん新潟は勝つでしょうしsmile

4チームがこの勝ち点差の中にいれば、普通は最終節は勝ち負け引き分けの
結果だけではなくて、得失点差や総得点の関係で、

・勝つだけではなくて、できるだけ大量得点で…
・負けたとしても、1点差負けなら…
・同じ引き分けでも、0-0と3-3なら違いが出るかも…

などが生じて複雑になるはずが、今年は奇跡的に完璧な具合の
各チームの得失点差の関係により、

「1点差で勝とうが10点差で負けようがスコアは全く関係なく、
 とにかく勝ち負け引き分けの結果のみで決まる」

という状況のようです。

例えば、新潟○で神戸△なら、勝ち点は並ぶのですが、その場合は新潟は
1点差勝ちでも必然的に神戸を上回るので、「何点差で勝たなければ」というのは
発生しません。

その他、勝ち点で並ぶいくつかのシチュエーションをあれこれ考えても、
全て、当日のスコアや点差は全く関係しないという、芸術的な状況delicious

土曜日はテレビ中継とパソコン画面のJ's GOALの速報ページを眺めながら、
来シーズン、どこの2チームが札幌とともにJ2リーグで戦うことになるのか、
見届けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

明日は暴風雪?

ヤフーで明日の札幌市の天気予報を見てみたら、

「暴風雪」

の文字が力強く記載されていました。
Blizzard

風が強くなるのは明日の明け方あたりからのようですが、
まずは明日、無事に職場に着けるようにしたいですdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

Million Films/コブクロ(2004年)

今日は大阪で、約3万人が参加した大阪マラソンが行われ、
有名人も多く走ったようです。

その中で、コブクロの小渕健太郎さんもフルマラソンを走ったとのこと。

何か月か前、ミュージックステーションに出演していた際の
歌の前のトークで、

「ランニングにはまっていて、今度の大阪マラソンで初めてフルに挑戦する」

というような発言は覚えていたのですが、3時間50分06秒でゴールしたとのこと。

ネットで結果を検索してみたところ、スタート地点までのロスタイムを除いた
ネットタイムでは3時間47分45秒で、5キロごとのラップタイムも
最後まで26分台から27分台の安定したラップタイムを刻んでいて、
初のフルマラソンとしては嫉妬したくなるような見事な走りだったようでsmile

そんなわけで、今日の1曲(?)は、コブクロの中で僕が1番好きな曲の
「Million Films」で。

「♪100万枚撮りのフィルムでも 撮り切れないほどの想い出を~♪」

というサビの部分のこの曲は、2004年10月に両A面シングルとして発売。

そのもう1曲が、お笑い芸人の陣内智則が現在の最大の持ちネタと
しているかどうかは分かりませんが、「永遠にともに」です。

Kobukuro

これらの曲が収録されている、2006年に発売されたベストアルバムです。
このアルバムはたしか300万枚以上の売上枚数で、びっくりするほど売れました。

それと、この大阪マラソンの完走者では他に、水曜どうでしょうのディレクターで
お馴染みの藤村Dも、4時間47分で完走したとのこと。

あくまでイメージではありますが、フルマラソンを完走できるには想像しにくい
体型だったので、5時間以内での完走のニュースには正直びっくりでしたsmile

さらに言えば、ネットタイムでは4時間31分というもっと良いタイムで、
スタート地点までのロスタイムは16分あったようで、さすが3万人規模の
大会だけあります。

あとは、NMB48の19歳の福本愛菜さんが4時間08分でゴールとのことで、
ラップタイムも最後まで綺麗なイーブンペースで、もしかしたらペースメーカーの
ような人と一緒に走っていたのかもしれませんが、それでも普通に凄いです。

それと、今日は神戸でも、約2万人が参加の神戸マラソンが行われたとのこと。

同じ関西圏での大規模な市民マラソン大会、何で同じ開催日にしたのかと疑問に
思ったのですが、調べてみたところ、たまたま同じ日に開催予定になってしまい、
お互いにズラそうと検討してみたものの、近辺の週末は既に他のイベントなどが
あってズラせなかったとのこと。

たしかに、取り上げ方も「大阪8:神戸2」くらいになってしまい、
お互いにとってもったないない感じがしましたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

サンフレッチェ広島がJ1リーグ優勝!

今日は午前11時過ぎから、2週間ぶりのランニングを1時間ほどしてきました。
同じ時間帯に行われた北海道日本ハムの優勝パレードの移動よりは、おそらく
10倍くらいの早いスピードで走ってきましたsmile

そして午後からはJリーグ中継をあちこち観るのに忙しかったのですが、
今日の結果で、サンフレッチェ広島が1試合を残して優勝を決めましたsoccer

2001年のワールドユース代表の、僕の中での「山瀬世代」である佐藤寿人と
森崎兄弟がいて、特に佐藤寿人はあれこれ思い入れのある選手なので、
この優勝の栄冠は非常に嬉しかったです。

それと、今日は「ベガルタ仙台×アルビレックス新潟」のテレビ中継を中心に
観ていたのですが、J1残留に崖っぷちの新潟は引き分けでも降格決定の中、

「今年のホームの成績が10勝6分け1敗」

の2位の仙台が相手という、最悪とも言える対戦相手ながらも、
ここで新潟が勝ったのがオモシロいところ。

新潟は先発に石川直樹と坪内秀介、そして途中出場の藤田征也、さらに
後半の終了間際までベンチ前にいた柳下監督と、コンサドーレ札幌に
関係する方々が多くいて、テレビの前で、

「新潟勝て!仙台負けて広島の優勝を!」

と願っていたので、その願いどおりの結果に(仙台0-1新潟)。

その他にも、ガンバ大阪が逃げ切れずに勝ち点1に終わったり、サガン鳥栖が
ついに3位に浮上したり、やはりこの時期の大宮アルディージャは強かったりと
いろいろあった今節ですが、最終節は1週間後の土曜日に行われます。

残留争いに大注目です。

最後に、一応、コンサドーレ札幌の結果だけは書いておきます。
終了間際に、中山雅史が今シーズン初出場をしたようです。

---------------
●第33節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 0-2 横浜Fマリノス

得点:前半33分 齋藤 学(横浜)
    後半 5分 斎藤 学(横浜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

大分トリニータがJ1昇格

今日から嬉しい3連休ですが、今日は午前中に床屋に行って、
そして午後からは国立競技場で行われたサッカーJリーグの
プレーオフ決勝の「ジェフ千葉×大分トリニータ」のテレビ中継を観ましたsoccer

大分トリニータ 1-0 ジェフ千葉

得点:後半41分 林 丈統(大分)

ということで、大分が来年のJ1昇格を決めました。

「90分で同点なら、リーグ戦の順位が上の千葉が昇格する」というルールが
大きくなってきた後半40分過ぎの、大分の林の絶妙なシュートが決勝点に。

林と言えば、オシム監督時代の千葉でのスーパーサブのイメージが強くて、
それから京都に移籍したまでは知っていたのですが、その後は覚えていなく、
お馴染みのウィキペディアで調べてみると、

2006年 京都
2007年 磐田
2008年 京都
2009年 京都
2010年 千葉
2011年 千葉(シーズンオフに戦力外)
2012年 タイのBECテロ・サーサナFC(6月1日まで)→大分(7月30日から)

ということで、去年まで千葉とは深く関わりがあって、そして今年は
タイのチームにいたり無所属の期間があったりした選手が、ここの
大一番で大分にとって値千金のゴールを決めたのが、あらためて
印象深いものがあります。

今年から導入された3位から6位までのプレーオフ。

「順位が上位のチームが90分で同点の場合には生き残れるし、
 3位と4位は初戦はホームで試合ができる」

ということで、リーグ戦での順位が上位のチームに価値をつけたつもりが、
今年のプレーオフの3試合は、不利な条件のはずの下位のチームが
結果的には全て勝つことにsmile

とはいえ、それはあくまでも今年はそうなったというだけで、
来年も同じ決まりで行われる場合には、

「2位以内の自動昇格を目指して、それがダメでも6位以内の少しでも上の順位に」

という目標を持って、我らがコンサドーレ札幌の応援をしたいですdelicious

ひとまずは来年、J2でともに戦うチームがどこになるのか、
明日行われる「ラス前」のJ1の結果に注目しますsoccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

今年の走ったランニング大会

明日からは嬉しい3連休です。3日間の中でどこか1日は、
2週間ぶりに走りたいと思っていますrun

今はすっかりオフ・シーズンの気分を満喫していますが、
今年走った大会を書いてみると、

  5月  5日(土・祝) 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)
  5月20日(日) 洞爺湖マラソン(フル)
  6月17日(日) おたる運河ロードレース大会(ハーフ)
  7月  8日(日) 札幌・豊平川市民マラソン(フル)
  7月15日(日) リレーマラソン in 札幌ドーム(計14キロ)
  8月26日(日) 北海道マラソン(フル)
  9月17日(月・祝) たきかわコスモスマラソン(ハーフ)
  9月23日(日) ピパオイヘルシーロードレース(美唄)(ハーフ)
10月  7日(日) 札幌マラソン(ハーフ)
10月21日(日) 北海道ロードレース(ハーフ)
11月11日(日) さっぽろさよならマラソン(ハーフ)

のフル3回、ハーフ7回、リレーマラソン1回の計11回の大会参加となりました。
たぶん、今までで年間の最多の大会参加になったはずです。

「今まで走ったことの無い大会」

という初参加の大会も、リレーマラソン、滝川、さよならマラソンと3つあり、
無事に1年間走り通すことができて何よりだった、自画自賛の1年となりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

参加選手の一覧(2012年プロ野球 第2回合同トライアウト)

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第2回目が、千葉県の鎌ヶ谷で行われました。

日刊スポーツのページによると、参加したのは16人で、カウント0-0からの
シート打撃形式で実施され、投手は1人5打者、打者は1人5打席とのことです。

●投手
  門倉健(元巨人)
  佐竹健太(楽天)
  石川俊介(阪神)
  久米勇紀(巨人)
  高田周平(信濃-元阪神)
  吉岡興志(阪神)
  斎藤圭祐(巨人)

●捕手
  橋本将(愛媛-元横浜)

●内野手
  渡辺正人(ロッテ)
  生山裕人(ロッテ)
  高森勇気(DeNA)
  佐伯貴弘(元中日)
  古木克明(元オリックス)
  大原淳也(DeNA)

●外野手
  末永真史(広島)
  大平成一(信濃-元日本ハム)

が参加選手で、この中で門倉と佐伯が第1回目には参加していなく、
他の14人は第1回目に引き続きの参加となっています。

第1回目は56人の参加だったので、大幅に減りました。

こう書くと、第1回目を受けたあとに行き先が決まった選手が多数いたんだと
思いたくなりますが、実際にはそうではなく、

・星野智樹(西武・投手)……楽天への入団が決定
・松本幸大(ロッテ・投手)……オリックスの入団テストに合格し、近々契約予定
・桜井広大(元阪神:外野手)……楽天の入団テストを受けるも不合格
・大立恭平(巨人・投手)……ソフトバンクが育成契約で獲得?

くらいしか、NPBの球団に関しては動きのあった選手はいないようです。

そこまで細かく情報をチェックをしているわけではないので、
他にも何人かはいるのかもしれませんが、とにもかくにも
厳しい状況です。

第1回目のトライアウトで、バッターで一応の目立った結果を残した選手としては

・末永真史(広島)……唯一の3安打
・高森勇気(DeNA)……唯一のホームラン

がいるのですが、この2人とも今日のトライアウトに引き続き参加ということで、
このトライアウトで少し結果を残したからといって、それほど影響がないのが
現実のようです。

そんなこんなで、今日参加した16人の選手の中で、来年NPBのチームで
プレーできる選手は、1人でもいればラッキーというのが正直なところかも。

ただ、独立リーグや社会人野球枠、そして海外など、野球をプレーできる
カテゴリーはいろいろとあるので、1人でも多くの選手に声がかかることを
願っていますbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

土曜日は日ハムの優勝パレード

今日は午後から、財団法人○○のようなところへ申請書類を出しに
いったりなどで、札幌駅から北海道庁までの間のあたりをウロウロと
歩きながら、4箇所ほどの建物を巡ってきました。

その最中、あちこちで目にしたのが、北海道日本ハムファイターズの
優勝パレードに関する交通規制の看板でした。
Yuusyou

今度の土曜日、11月24日の午前中に行われるようです。
この日の札幌市の天気予報を見てみると、

「曇り時々雪 最高気温3℃ 最低気温-1℃」

とのことで、なかなかハードな中でのパレードとなりそうかも。

午前中は北海道内の各テレビ局でこのパレードの模様を中継するようなので、
ストーブのついた、暖かい自宅のテレビの前で眺めたいと思いますdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

いつまでも変わらぬ愛を/織田哲郎(1992年)

昨日の夜、BS日テレで放送されていた、

「JASRAC賞30回記念特別番組 日本人が心から愛した歌30年
 ~奥飛騨慕情からヘビーローテションまで~」

という番組を見ていたら、ゲストで織田哲郎さんが出てきて、
高校時代にビーイングっ子だった僕は、非常にテンションが
上がりましたhappy01

そんなわけで、この織田哲郎さんがかつてソロで発売した
超名曲の「いつまでも変わらぬ愛を」について書きます。

この曲は1992年7月にシングル発売ということで、
ちょうど20年前になるんですね~。

ポカリスエットのCMソングになっていて、そのCMには一色紗英が出ていたのも
懐かしいところです。

2番のサビの前の
------
陽ざしの中のその笑顔だけは
変わらないで欲しい 心からそう思う
------

からサビの
------
いつまでも忘れはしないよ 君に会えた夏の日を
きらめく風の魔法の様に この胸のDay dream
------

へと続く部分は特に、僕の切ない男心を刺激しますdelicious

今調べてみたら、この曲はオリコンの週間ランキングでは初登場15位ということで
発売当初はそれほどでも無かったみたいなのですが、その後に

13位→7位→6位→3位

と推移して、6週目にはとうとうランキング1位を獲得したとのこと。
ちなみに、この週の2位は光GENJIの「リラの咲くころバルセロナへ」で、
ちょうど時期的にバルセロナオリンピックの頃だったんですね。

岩崎恭子さんの金メダルや、谷口浩美さんの「こけちゃいました~」の時の
オリンピックです。

話を戻して、こういう売れ方って、何となく「いい曲の売れ方」っていう感じで
妙に嬉しくなります。

織田哲郎さんと言えばやはり、「ちびまる子ちゃん」でお馴染みの

おどるポンポコリン/B.B.クイーンズ

を作曲したとして有名になったかと思っていたのですが、
その前にもTUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」「サマー・ドリーム」も
作曲していたんですね。今調べて初めて知りました。

「おどるポンポコリン」の後は「ビーイング系」の中心的存在として大活躍して、
さらにその後は相川七瀬のプロデューサーになったりしました。

ウィキペディアに載っていた「織田哲郎の主な提供曲」から一部を抜粋して
書きますが、僕にとっては名曲揃いとなっています。

相川七瀬
 ・夢見る少女じゃいられない
 ・恋心

大黒摩季
 ・チョット

KinKi Kids
 ・ボクの背中には羽根がある
 ・Anniversary

ZARD
  ・負けないで
 ・揺れる想い
 ・心を開いて

酒井法子
 ・碧いうさぎ

DEEN
  ・このまま君だけを奪い去りたい
 ・翼を広げて
 ・瞳そらさないで

T-BOLAN
  ・サヨナラから始めよう
 ・すれ違いの純情

中山美穂&WANDS
  ・世界中の誰よりきっと

FIELD OF VIEW
 ・君がいたから 
 ・突然

WANDS
  ・愛を語るより口づけを交わそう
 ・世界が終るまでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

走らない週末

♪好きだよと言えずに初雪snowは~♪

とは村下孝蔵さんは歌ってはいませんが、札幌では今日、初雪が降りました。
1118hatuyuki

初雪の記録は札幌では1870年くらいから残っているらしいですが、
その記録の残っている中で最も遅い初雪は11月20日で、今年の
11月18日はそれに続く過去2位タイの遅さとのことです。

もう少し耐えてくれれば、記念すべき記録更新となったのですが無念smile

今日の天候とはあまり関係なく元々決めていたことですが、先週の日曜日の
「さっぽろさよならマラソン」でのハーフが今年の最後のランニング大会となり、
ひとまず脚を休ませようということで、それ以降は走っていなくて、今週末の
ランニングもお休みでしたrun

週末の土・日の両方とも一切走らなかったのはおそらく、
5月の洞爺湖マラソンでのフル本番の次の週末以来で、
ほぼ半年ぶりになるかと思います。

しばらくはオフ・シーズンの気分を満喫しますdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

札幌ドームへサッカー観戦(コンサドーレ札幌×サガン鳥栖)

今日は札幌ドームへ、サッカーJ1リーグの「コンサドーレ札幌×サガン鳥栖」の
試合を観に行ってきましたsoccer
Dome1

Dome2

札幌の試合を生観戦するのは今年2回目です。
今日は午後5時にキックオフでした。
Dome3

結果は2-3で負けました。
Dome4

サッカーJ1リーグ 第32節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 2-3 サガン鳥栖

前半45+1分 内村(札幌)-PK
後半  9分 豊田(鳥栖)
後半11分 奈良(札幌)
後半22分 池田(鳥栖)
後半26分 野田(鳥栖)

ということで、前半終了間際にPKを獲得しての先制。

後半に一旦追いつかれるも、直後にCKから奈良くんのプロ初ゴールで
再び勝ち越し。

そんな奇跡的な展開ながらも、終わってみれば、
いつも通り負けてしまいましたsad

まぁ、今日のゴールはチームとして4試合ぶりの得点でしたし、
さらにゴールの大喜びを2回も味わえたということで、満足と
しておきます。

やはり、負け慣れると、人間ができてくるものですsmile

鳥栖の藤田のロングスロー、オフサイドの無いセットプレーという感じで、
ホントに止めてほしかったです。タッチライン沿いにある看板を、
ラインギリギリまで前に出したい気分になりました。

それと札幌では、中盤の右サイドで先発で出ていた前くんが、
何度か良さそうな突破っぽい動きをしていたのが印象に残りました。
来年は中心選手となって活躍してほしいです。

あと試合前、近くに座っていた人や、トイレに行った時にすれ違った人などから
「なぜ大島?」というような発言を複数回耳にしました。

その答えは、きっと試合を観れば分かると思って観ましたが、
全く分かりませんでしたdelicious

いや、まぁ、1人の選手がどうこうというチーム状況ではないのは
分かってはいますし、他に誰がいるのかと聞かれたら、何とも返答は
ままなりませんが………。

J1リーグは残り2試合。来週の札幌ドームの横浜Fマリノス戦が
ホームでの最終戦となります。来週は観に行かない予定なので、
生観戦はまた来年です。

来年は是非とも勝ち試合を観たいものですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

1イニングに2本の満塁ホームラン

2年前、北海道日本ハムファイターズの小谷野と金子が、同じイニングに
1人の投手から満塁ホームランを打つという、滅多にない出来事が起こりました。
打たれた投手はオリックスの阿南でした(トレードで来シーズンから巨人へ)。

その時に、

「そういえば昔、中日ドラゴンズにも同じように、満塁ホームランを
 1イニングで2発喰らったピッチャーがいたなぁ~」

と、中日ファンの間では少し話題になりました(1996年の阪神戦での金森投手)。

そして今日、望ましくない形のニュースをきっかけとして、
その16年前の出来事を再び思い出してしまいましたbaseball

それとは全く関連の無い話題ですが、日ハムの稲葉選手、
結婚おめでとうございますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

土曜日は札幌ドームへ(コンサドーレ札幌×サガン鳥栖)

あさっての土曜日は、サッカーJ1リーグの「コンサドーレ札幌×サガン鳥栖」の
試合観戦で札幌ドームへ行ってきますsoccer
Sapporotosu
今シーズンの生観戦は、4月の札幌ドームでの
柏レイソル戦以来、2回目になります。

午後5時という中途半端な時間のキックオフですが、対戦相手のサガン鳥栖は
ここまで31試合で13勝10敗8分けの勝ち点47で、現在18チーム中7位という
昇格1年目での大健闘。しかも3位の浦和レッズまでの勝ち点差は僅か2点です。

シーズン前は仲間だと思っていたのですがsmile

現在の得点ランキングは、

1位 佐藤 寿人(広島) 21 
2位 豊田 陽平(鳥栖)  16
3位 工藤 壮人(柏)、レアンドロ(G大阪) 13

ということで残り3試合。大逆転の得点王獲得のために、鳥栖の豊田にとっては
この札幌戦が荒稼ぎの絶好のチャンスかもしれません。

ちなみに、札幌のチームの総得点は現在22得点です……。

そんなわけで、今シーズンの札幌のリーグ戦5勝目を願って応援してきますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

「2012さっぽろさよならマラソン」の成績表(鮭まで少し…)

3日前に行われた「2012さっぽろさよならマラソン」の公式成績表が今日、
早くも家に郵送で届きました。

自分が走った組の、全完走者の成績一覧表みたいな感じの
1枚の紙でした。
Seisekihyou

今年、この大会は初めて参加して、事前の情報などもほとんど
知らなかったのですが、大会当日、受付の際に貰ったプログラムに、

「各組10位までを入賞とし、その10位までの入賞者全員に
 賞状と副賞(鮭)を贈ります」

のような説明書きがあり、僕の走ったハーフマラソン一般男子A組
(高校生以上~35歳まで)のエントリー一覧を見ると、63人でした。

思っていたよりも参加人数が少なく、さらに入賞が10位までと枠が大きかったため、

「上手くいけば、10位以内で賞状と鮭を狙えるかも……」

と一気に緊迫感が増しましたdelicious

年齢別にA組、B組、C組とは分かれているのですが、同時にスタートして
一緒に走っているので、走っている最中は自分がA組の何位なのかは
分かりませんでした。ただ、何となくの感覚ながらも、

「もしかしたら、ギリギリで10位以内に入っているかも」

という期待があり、「鮭!鮭!鮭!」と思いながら、最後まで必死に走り切って
ゴールしました。

ゴールした後は、結構ドキドキしながら、まずは屋外競技場の建物に入って
着替えをしました。

そして再び建物の外に出ると、入口のところに「速報」ということで
結果が掲示されていて、ハーフは各組10位までが記載されていました。

しかし、残念ながら10位までに僕の名前は無く、10位の人のタイムが
1時間24分台で、僕と2分30秒ほどの差がありました。

ハーフでの2分30秒は結構大きな差なので、そこまで惜しいわけでもなく、
ややがっかりしながらも、

「まぁ、目標(と妄想)を持ってワクワクしながら走ることができて良かったやぁ~」

と自分で自分を納得させて、自分の順位は分からないまま、
会場の真駒内公園を去りました。その時は、

「15位以内には入っていそうかな」

くらいに思っていました。

しかし、今日送られてきた成績表を見ると、僕の順位は11位でした。

先ほども書いたとおり、タイム的には10位の人と差があったので、
そういう面ではたいして惜しくはないのですが、

「10位までに入った10人のうち、誰か1人が不参加だったら……」

という、変な感情での惜しい気持ちになりましたsmile

「来年こそは!」

と思いたいところですが、ハーフの組別のエントリー数が、

A組(高校生以上~35歳まで)……63人
B組(36歳~49歳まで)……118人
C組(50歳以上)……101人

ということで、35歳の僕は、来年からはエントリー数が倍に近いB組になります。

B組の10位の人のタイムがたしか1時間20分台で、一気に入賞タイムの
レベルが上がっていたので、今年が鮭を貰える千載一遇の最後のチャンス
だったのかもしれませんdelicious

そんなわけで、今年の最後の大会で、自分の中では思わぬ
記憶に残るようなオモシロい展開と結末の大会になりましたrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

そろそろ初雪?

今日は11月13日ですが、札幌ではまだ初雪が降っていません。

先週の木曜日か金曜日だったと思いますが、HTBの朝のイチオシ!モーニングの
お天気コーナーを見ていたら、記録が残っている中で、過去の札幌の遅い初雪は、

11月20日(18××年)
11月18日(18△△年)
11月14日(2011年 他)

ということだそうです。上位2つの西暦は全部記憶できませんでしたが、
たしか2つとも1800年代だったのは合っていると思います。

去年の11月14日もかなり遅い記録だったのですが、
今年はそれを上回りそうです。

週間天気予報を見ると、雪の予報が出ているのが

11月15日(木) 曇り一時雨か雪
11月18日(日) 晴れ時々雪
11月19日(月) 晴れ一時雪

ですが、ここを何とか耐えて、過去の最遅(?)となる11月20日の
記録を更新してほしいですsmile

経験的に言って、初雪の早さ遅さと、そのシーズンの冬の寒さや雪の量には
あまり関係が無い印象がありますが、

「初雪がいつになるか?」

というのが話題になるのは、今の時期の毎年の恒例行事ですsnow

ちなみに、去年のこのブログを見てみたら、12月10日に書いた文章に
当日撮った写真を載せていました。
129run2

129run3

ということで、初雪がいつ降るかどうかはともかくとして、
あと1ヶ月も経てば、こういった景色が訪れのは確実ですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

真駒内公園はまた来年

昨日行われた「2012さっぽろさよならマラソン」ですが、朝は7時30分から
朝食を食べ、8時40分に家を出て、9時50分に真駒内公園に到着という、
ほぼ予定通りの行動でした。

そして、(旧)真駒内屋外競技場前のテントで受付をしたのですが、
ゼッケンや参加賞のTシャツとともに、走る前から完走証を貰いましたhappy01
Sayonarakansousyou

大会の結果はインターネット上の掲載はしないようですが、
プログラムによると、

「各組の成績表を後日、郵送します」

とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

Makomanai1
この写真は、3週間前の北海道ロード―スの時に撮った写真です。
地下鉄駅から歩いていって、真駒内公園に入ってすぐの場所です。

Makomanai2
そしてこれが昨日、ほぼ同じ場所から撮った写真です。
やはり3週間あれば、大きく変わるものですね。

真駒内公園に次に行くのは、おそらく来年の5月5日の
日刊スポーツ豊平川マラソンだと思います。それまで、
真駒内公園ともしばらくのお別れですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

完走しました![2012さっぽろさよならマラソン]

今日は「2012さっぽろさよならマラソン」でハーフマラソンを走ってきました。
Sayonara1

結果は手元の時計で1時間26分54秒と、今年最後の大会で1時間30分を
切ることができて、良い締めくくりになりましたhappy01
Sayonara2
真駒内公園内の写真です。最近では珍しいような、雲がほとんどない
爽やかな青空の1日でしたsun

今日の大会はハーフとクォーター(約10.5キロ)があったのですが、
クォーターのコースが、

「真駒内公園内(約3キロ)~豊平川河川敷南22条橋上流約150メートル折り返し」

で真駒内公園がゴールで、ハーフはそのコースをもう1周(1往復?)でした。
同じところを2回走るのは、精神的にもなかなか厳しいコース設定かもしれませんsmile

今日の札幌市の最高気温は10.7℃で、風もそれほど強くなく、
良い条件の中での走りとなりました。

距離表示が無かったのでラップタイムはありませんが、
大雑把に書くと、

・1周目……43分
・2周目……44分

くらいの感じでした。後半は脚にきて辛かったですが、何とか最後まで粘って
無事に完走となりました。
Sayonara3
真駒内屋外競技場の中は、ちょうど昨日からスケートリンクの氷を張る作業に
入ったとのニュースを今朝見ました。

スタートとゴールはこの屋外競技場のそばの公園内の路上で、特に公園内の
路上がゴールというのは、かつての「アコムさっぽろ祭りマラソン」を思い出して
懐かしかったですdelicious
Sayonara4
これがゴール地点です。

終わったあとは、南3条西3丁目の狸小路内にある「札幌相撲茶屋」というお店で
ちゃんこ鍋で打ち上げで、午後2時30分からしこたま食べて飲んできました。

そんなこんなで、無事に今シーズンが終了しました。1年間良く走ったと、
自分で自分を褒めたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

「2012さっぽろさよならマラソン」は明日

今日は正午前から30分ほどのランニングをしてきました。
最近では珍しく1日中安定した好天sunの日だったので、
快適に走ることができました。

さて明日は、今年の最後のランニング大会となる、

「2012さっぽろさよならマラソン」

でハーフマラソンを走ってきます。この大会は初参加です。

スタート&ゴール地点は(旧)真駒内屋外競技場のそばのようで、
真駒内公園内と豊平川河川敷を走るコース。

11月に入ってからの真駒内公園って、もしかしたら今まで行ったことが
無いかもしれないので、どんな景色になっているかが楽しみです。

Yahooの天気予報を見てみると、明日の札幌市の天気予報は、

「晴れのち曇り 最高気温10℃、最低気温1℃
  降水確率:6時-12時 0%、12時-18時 0%」

ということで、ハーフのスタート時間は午前11時10分なので、
風は少し強い予報のようですが、そこまで寒くはならなさそうなので、
上は薄手の長袖シャツ、下は短パンで走ろうと思いますrun

ただ、朝の最低気温が1℃ということで、家を出る時には
結構な肌寒さがあるかもしれません。

3週間前の北海道ロードレースでのハーフマラソン本番以来、
週末にしか走っていないので練習不足気味ではありますが、
今年最後の大会を満喫しながら完走したいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

2012年プロ野球 第1回合同トライアウトの参加選手一覧と結果

今日は、戦力外等となった選手を対象とした、プロ野球の12球団合同の
トライアウト(入団テスト)の第1回目が、楽天の本拠地であるKスタ宮城で
行われました。

参加選手は、日刊スポーツの速報ページの情報を元にして、

●投手(36名)
  大立恭平(巨人)……三振、三振、四球、遊飛
  久米勇紀(巨人)……三振、左飛、二塁打、遊ゴロ
  朝井秀樹(巨人)……ヒット、三振、二塁打、四球
  斎藤圭祐(巨人)……捕邪飛、遊ゴロ、中飛、一ゴロ
  土本恭平(巨人)……四球、二塁打、二ゴロ、一飛
  福泉敬大(巨人)……ヒット、二ゴロ、四球、三振
  高島祥平(中日)……ヒット、四球、三振、四球
  一場靖弘(ヤクルト)……一塁ライナー、三振、三振、ヒット    
  木下達夫(ヤクルト)……二ゴロ、ヒット、二ゴロ、四球
  上野啓輔(ヤクルト)…… 二塁打、三ゴロ、四球、左飛
  蕭一傑(阪神)……遊飛、遊ゴロ、ヒット、遊ゴロ 
  石川俊介(阪神)……三ゴロ、遊ゴロ、ヒット、三振
  吉岡興志(阪神)……ヒット、ヒット、二ゴロ、四球
  松崎伸吾(阪神)……三邪飛、四球、一ゴロ、三邪飛
  高田周平(信濃-元阪神)……投ゴロ、遊ゴロ、四球、三振
  小林公太(DeNA)……三振、四球、一ゴロ、三ゴロ
  秦裕二(元横浜)……三振、ホームラン、三ゴロ、ヒット
  ルイス・ゴンザレス(高知-元横浜)……二ゴロ、三振、三振、二ゴロ
  松家卓弘(日本ハム)……投ゴロ、三振、三振、死球
  木田優夫(日本ハム)……中飛、一邪飛、四球、投ゴロ
  星野智樹(西武)……一ゴロ、二ゴロ、遊ゴロ、遊ゴロ
  岩崎哲也(米独立リーグ-元西武)……三ゴロ、三振、右飛、投ゴロ
  近田怜王(ソフトバンク)……三振、四球、ヒット、ヒット
  柳川洋平(ソフトバンク)……三振、三ゴロ、三振、死球
  川島亮(楽天)……四球、四球、四球、ヒット
  有銘兼久(楽天)……捕邪飛、三振、三振、ヒット
  佐竹健太(楽天)……遊ゴロ、ヒット、三振、二塁打
  林啓介(ロッテ)……遊飛、ヒット、遊飛、三振
  松本幸大(ロッテ)……三振、右飛、三振、四球
  山田秋親(ロッテ)……二ゴロ、四球、一ゴロ、三振
  山口祥吾(ロッテ)……三飛、左飛、二ゴロ、四球
  小林憲幸(愛媛-元ロッテ)……四球、遊ゴロ、四球、右飛
  小林良寛(韓国独立リーグ-元ロッテ)……三振、左飛、内野安打、二ゴロ
  西川雅人(オリックス)……三振、二ゴロ、二ゴロ、中飛
  長峰昌司(オリックス)……三振、三ゴロ、遊ゴロ、右飛
  甲斐拓哉(オリックス)……内野安打、四球、一ゴロ、二塁打

●捕手(1名)
  橋本将(愛媛-元横浜)……三振、四球、遊飛、三振、二ゴロ、遊飛、三飛 

●内野手(9名)
  田中大二郎(巨人)……三振、ヒット、二ゴロ、一ゴロ、四球、ヒット、二ゴロ、中飛
  大原淳也(DeNA)……三ゴロ、三振、三振、三ゴロ、左飛、三振、一飛
  高森勇気(DeNA)……四球、三邪飛、ホームラン、遊ゴロ、四球、左飛、三振
  市川卓(日本ハム)……右飛、四球、二ゴロ、二ゴロ、ヒット、四球、二ゴロ
  仲澤忠厚(ソフトバンク)……ヒット、ヒット、遊ゴロ、投ゴロ、右飛、二ゴロ、三振
  渡辺正人(ロッテ)……死球、四球、遊ゴロ、四球、四球、三振、左飛
  生山裕人(ロッテ)……内野安打、一ゴロ、三振、遊ゴロ、二ゴロ、三飛、四球
  柳田将利(NOMOベースボールクラブ-元ロッテ)
             ……遊ゴロ、三邪飛、三振、一ゴロ、二ゴロ、二塁打、ヒット
  柴田亮輔(オリックス)……三振、捕邪飛、ヒット、四球、三ゴロ、三振、四球
  
●外野手(10名)
  加藤聡(中日)……三振、一ゴロ、投ゴロ、三ゴロ、三振、三振、二塁打、捕邪飛
  末永真史(広島)……二ゴロ、二塁打、三振、ヒット、ヒット、三振、遊ゴロ
  甲斐雄平(阪神)……二塁打、三振、ヒット、三振、三振、四球、遊ゴロ、一ゴロ
  野原祐也(阪神)……中飛、遊ゴロ、死球、四球、三ゴロ、遊飛、二塁打
  桜井広大(香川-元阪神)
            ……ヒット、四球、遊ゴロ、一邪飛、三振、左飛、四球
  大平成一(信濃-元日本ハム)
            ……三振、三振、二ゴロ、ヒット、右飛、遊飛、四球
  中村真人(楽天)……遊ゴロ、ヒット、投ゴロ、四球、三振、内野安打、一直
  南竜介(ロッテ)……三ゴロ、ヒット、四球、四球、投ゴロ、ヒット、右飛
  丹羽将弥(オリックス)……二ゴロ、三ゴロ、三振、三振、二塁打、四球、
                  四球、遊ゴロ
  古木克明(元オリックス)……四球、三振、ヒット、中飛、一ゴロ、三振、二ゴロ


の計56名とのこと。去年の第1回目は59名の参加だったので、
今年もほぼ同じくらいの参加者数だったようです。

中には、元ロッテ・横浜の橋本(現愛媛)、元阪神の桜井(現香川)などのように、
今年は地域の独立リーグなどに所属していた選手も。

トライアウトの方式は対戦形式で、1人の投手が4人の打者と続けて対戦し、
打者は順番に回っていって7~8人の投手と対戦する、そんな感じだったようです。

この第1回目の合同トライアウト前に、戦力外になった選手と他の球団が
契約するのは禁じられているようですが、スポーツ新聞などの報道を見ていると、
正式なものではなくても、事前に「内々定」みたいなのはあるのかもしれません。

そんなわけで、今日1日のトライアウトだけで「新しい発見」をされて
声がかかるというのは、NPBの球団からは、現実的には可能性は
低いのかも。

今日のトライアウトの結果も書いてみましたが、ヒットを何本打ったとか、
多くのバッターからアウトを取ったとか、それがどのくらい影響するのかも
かなりの疑問はあります。

ただ、各地域の独立リーグ、社会人野球の元プロ選手枠などもあるので、
そういった関係のスカウトの人から、

「今までほとんど見たことなかったけど、結構いい選手だな」

と評価を受けるというのは、充分に考えられそう。

ちなみに今日の結果では、バッターでは広島の末永が最多の3安打。
そしてDeNAの高森が唯一のホームランを打ちました。

なお、この合同トライアウトは2回行われることとなっていて、
第2回目は11月21日に鎌ヶ谷スタジアムでの開催となります。

1人でも多くの選手が野球を続けられるように期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔そっと抱んでた

何日か前、北海道大学の構内に行く機会があったので、
イチョウ並木の通りを歩いてきました。
Ityou1

Ityou2
すっかりと観光名所となっているようですが、たしかに綺麗でしたmaple

北海道大学の公式ページにも「平成24年イチョウ並葉状況」ということで、
何日かに1回ペースで現在の状況の写真が更新されているようです。

http://www.hokudai.ac.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

果てしない夢を/ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄(1993年)

今夜行われたサッカーJ1リーグの第31節。

サンフレッチェ広島 3-0 コンサドーレ札幌

ということで、首位の広島がきっちりと(当然のように)勝ち点3を獲得。
佐藤寿人もゴールを決め、これで今シーズンは21得点目。

コンサドーレ札幌のチームの総得点数の22まで後1点と迫り、
この争いは最後まで見物ですsmile

さて、サッカーの話題はこのくらいにして、今日は音楽ネタを書きます。

現在は音楽の歌手名(グループ名)の記載で「○○ feat. △△」というのは
あちこちで良く目にする、ありふれた感じとなっていますが、その、

「feat.(=featuring:フィーチャリング)」

というものを、最初に世の中に広く知らしめた曲が、
1993年の6月に発売された、

「果てしない夢を/ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄」

であると言ってもいいと思われます。

ちなみに「フィーチャリング」の意味を説明しろと言われたら自信はないので、
ウィキペディアあたりで調べてみてくださいdelicious

この当時はビーイング系の全盛期でしたね~。
僕は高校2年生でしたが、当然のように「ビーイングっ子」でした。

長嶋茂雄さんの歌声の部分はともかくとして、この曲は、
日本テレビのプロ野球中継のテーマソングとなっていました。

作詞がWANDSの上杉昇とZARDの坂井泉水、作曲がREVの出口雅之です。

3年前に生まれて初めて東京ドームに行ったのですが、
回転ドアを通って中に入る時に、この曲の出だしの、

♪回転ドアを抜け出した時から~何故か新しい自分を感じた~♪

の部分が頭に浮かんできて、非常に感慨深くなりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

サッカーJ2リーグは残り1試合

来シーズン、我らがコンサドーレ札幌が意気揚々と復帰するJ2リーグですが、
今シーズンの残り試合が1試合となっています。

22チームが参加しているこのJ2の現在の上位10チームの順位は、

        勝点  得失点差
  1位 85   +28  ヴァンフォーレ甲府
  2位 73   +16  京都サンガF.C.
-------------
  3位 72   +20  湘南ベルマーレ
  4位 70   +19  大分トリニータ
  5位 70   +16  横浜FC
  6位 69   +25  ジェフユナイテッド千葉
-------------
  7位 63   +18  東京ヴェルディ
  8位 62   + 5  ファジアーノ岡山
  9位 61   + 5  ギラヴァンツ北九州
10位 61     + 4  モンテディオ山形

で、首位の甲府は3週間ほど前に昇格を決定させました。
去年までは下位チームのイメージがあった岡山がかなり健闘して、
かなり惜しい位置まで行っていたんですね。

今シーズンから、

「2位までは自動昇格、3位~6位までがプレーオフで残り1枠」

となったので、2位と3位、そして6位と7位のラインが大きいのですが、
6位の千葉と7位の東京Vの勝ち点差が5で逆転不可能なので、
プレーオフ圏内の6位までの6チームは決定。

そして、さらに大きな2位と3位に関しては、2位の京都から5位の横浜FCまでが、
自動昇格の2位のチャンスがある大激戦。

地味に今シーズンの横浜FCは好成績で、

「三浦カズ、フットサルに出ていていいのか?」

ともちょっとだけ思ってしまいますがsmile

プレーオフは、まずは11月18日(日)に3位×6位、4位×5位で、
上位チーム(3位と4位)のホームゲームで1発勝負。

そこを勝ち上がった2チームが、11月23日(金・祝)に国立競技場で
最終決戦のこれも1発勝負。

どちらも、延長戦は行われず、90分で同点の場合は、
リーグ戦の順位が上位チームの勝利扱いになるようです。

「90分での引き分けなら勝利扱い」

はサッカーにおいては結構デカいので、現在6位の千葉も、
最後に勝てば3位まで上がれる可能性もあるので、
重要な1試合になりますね。

来シーズンは札幌がこの昇格争いに加われるように願っていますhappy01

J2リーグの最終節は、今度の日曜日の11月11日、
全ての会場で午後1時キックオフとのこと。

町田×湘南
横浜FC×岐阜
松本×大分
京都×甲府
徳島×千葉

が昇格争いに関係あるカードです(左側がホームチーム)。
どういう結果になるのか、気楽な立場で楽しみにしていますsoccer

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

「さっぽろさよならマラソン」まで6日

今度の日曜日に行われる「さっぽろさよならマラソン」のハーフマラソンが、
僕の今年の最後の大会になります。

11月に大会を走るのは初めてのため、寒さが厳しい場合には
どういった服装で走ればいいんだろなどと心配だったのですが、
週間天気予報を見ると、大会当日の日曜日は、

「曇り時々晴れ 最高気温11℃ 降水確率30%」

ということで、おそらく今の時期の平年並みくらいで、
そこまでの寒さにはならなさそうな、今のところの予報。

「雪snowが舞う、最高気温5℃以下の中を走る」などの方が
話のネタになるのになぁ~、という気持ちも少しだけありますが、
それはあくまで少しだけなので、何とか日曜日は穏やかな天候に
なってくれることを祈っていますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

フラれて元気/TOKIO(1997年2月)

今日は午後4時過ぎから10キロほどのランニングをしてきました。

家を出た時は雨rainは止んでいたのですが、結局、降ったり止んだりの中を
走った日曜日の夕方になりました。

その走っている最中、頭の中で繰り返し流れていた曲は、
TOKIOが1997年の2月に発売したシングル曲の、

「フラれて元気」

でした。

♪雨降られ 空にフラれ♪

の出だしの部分が今日の状況と合っていて、
頭に浮かんできたのかもしれません。

最後の

----------
(人生は)長く厳しい
(女には)気をつけろ
(幸せは)走ってつかめ
(フラれても)陽はまた昇る
----------

の部分は特に、数えきれないほどに頭の中で口ずさみました(変な表現ですが)。

僕も女性には気をつけたいと思いますsmile

この曲は連続ドラマの「サイコメトラーEIJI」の第1期の主題歌でしたね。
主演が松岡くんということもあってか、松岡くんの珍しいソロパートもある曲でした。

このドラマに関しては、女性刑事役の大塚寧々さんと、
松岡くんの友人役の小原裕貴くんが懐かしいですhappy01

--------------
●第44回全日本大学駅伝(8区間106.8キロ)

朝8時から昼の1時30分過ぎまでテレビ中継をずっと観ていましたが、
最後までどうなるか分からない白熱の優勝争いでした。

1位 駒澤大学 5時間12分43秒
2位 東洋大学 5時間13分32秒
3位 早稲田大学 5時間15分08秒
4位 日本体育大学 5時間15分21秒
5位 明治大学 5時間17分09秒
6位 日本大学 5時間18分49秒

7位 上武大学 5時間20分17秒
8位 山梨学院大 5時間20分33秒
9位 中央大学 5時間21分54秒
10位 神奈川大学 5時間23分23秒

23位 札幌学院大学 5時間46分59秒

ということで、アンカー区間にタスキを繋いだ段階で、
トップの東洋大と2位の駒澤大の差は1分7秒。

東洋大の酒井監督がレース前に、駒大のアンカーに窪田選手が
いることを踏まえて、

「最低でも1分、可能ならば1分30秒の差はほしい」

とコメントしていたようですが、やはりその通りに窪田選手が
抜群の安定感の強さを発揮しての逆転劇に。

「さすが!」としか言えないような窪田選手の走りでした。

北海道地区代表の札幌学院大は去年が21位で、過去の最高順位は
19位だったとのことで、その最高順位の更新を期待していたのですが、
結果は25校中の23位(オープン参加の東海学連選抜を除く)。

1区が18位となかなかの出だしで、2区で1つ順位を上げて17位でタスキを
渡した時には少し夢を見ましたが、やはり現実は厳しかったようで……。

今日は風や気温などが好条件だったようで、区間新が8区間中3つも出ました。
駒大の優勝タイムも大会新に。

そんな早いタイムのおかげで、今年は割と普通のテレビ中継の終了と
なりましたが、あいかわらず余裕の無い終了時間設定のテレビ朝日の
中継ではありましたsmile

●区間賞

1区 田口 雅也(東洋大) 43分17秒
2区 E.オムワンバ(山梨学院大) 37分16秒→区間新
3区 油布 郁人(駒澤大) 26分55秒→区間新
4区 服部 翔太(日体大) 40分23秒
5区 有村 優樹(明治大) 33分48秒
6区 前田 悠貴(早稲田大) 35分30秒→区間新
7区 佐久間 建(東洋大) 34分57秒
8区 G.ベンジャミン(日本大) 56分52秒

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

衝撃のKO決着(山中 慎介 VS トマス・ロハス)

巨人ファンの皆さま、日本一おめでとうございます(完全に棒読み口調)。

ということで、今年は素直に巨人がとにかく強かったということで、
プロ野球の話題はこの辺にしておきます。

僕の家ではWOWOWには加入していないのですが、今日は無料放送ということで、
夕方から放送されたボクシングの世界タイトルマッチ中継を観ることができました。

WBCバンタム級タイトルマッチでの、チャンピオンの山中慎介(帝拳ジム)の
左ストレートでのKOシーン、凄過ぎました。

「山中へのニュートラルコーナーへの指示はいいから、早くロハスを救え!」

とレフェリーに対して思った人が多かったのではないでしょうか。

仙台で行われた試合ということで「伊達正宗もビックリ」という高柳アナの
コメントがあり、「それはどうだろ?」と思いましたがdelicious

1つでも多くのスポーツニュースで、あのKOシーンが放送されることを
祈っています。明日の朝のTBSのサンデーモーニングでは、是非とも
「天晴れ」をいただきたいものです。

映像をまだ観られていない方は、YouTubeなどで頑張って検索してみてくださいsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

「2012年全日本大学駅伝」は日曜日に

明日は文化の日で祝日ですが土曜日のため、土・日・祝日が休みの
僕にとっては、妙に損をした気分ですsmile

さて、あさっての日曜日には「第44回全日本大学駅伝」が行われます。
愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間、
106.8キロのコースとなっているようです。

出場校は、

●関東地区(駒澤大から上武大までの6校はシード)
  駒澤大学、東洋大学、早稲田大学、日本大学、中央大学、上武大学、
  東海大学、日本体育大学、明治大学、帝京大学、神奈川大学、
  山梨学院大学

●北海道地区
  札幌学院大学

●東北地区
   東北福祉大学

●北信越地区
   新潟大学、信州大学

●東海地区
   名古屋大学、中京大学

●関西地区
   関西学院大学、立命館大学、大阪経済大学

●中四国地区
   広島大学

●九州地区
   第一工業大学、福岡大学、日本文理大学

●その他
   東海学連選抜


の26チーム。先月の出雲駅伝で優勝した青山学院大が、今大会は
予選で敗退して出場していないのが残念。

おそらく、優勝候補は駒大と東洋大の2強で、早稲田がそれに続くという
感じなのかなと勝手に推測しています。

それと、東海大は箱根駅伝の本大会の出場を逃したため、4年生の村澤選手に
とっては、これが最後の大学駅伝大会(たぶん)。

2週間前の箱根駅伝の予選会はケガの影響で欠場したため、
あさって走るのかどうかは分かりませんが、もし出たなら、
早川選手との2枚看板で上位争いをしてほしいです。

札幌学院大は去年は21位で、過去の最高順位が19位とのことで、
その最高順位の更新を期待しています。

当日はテレビ朝日系で生中継があるのですが、スタートは朝8時5分なので、
寝坊しないように注意しないといけませんsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

中島公園のカモ

今日は特に書くネタが無いので、デジカメに入っていた写真を。

1ヶ月ほど前の札幌マラソンの前日に、中島体育センターへゼッケンを
受け取りに行った後、中島公園の中を歩きました。

その公園内の池で、カモさんの集団が。
Kamo1_2

Kamo2

しばらくの間、この池を眺めていましたが飽きませんでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »