« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

悲しみは雪のように

昨日までの暖かさから一転、今日の札幌市の正午の気温は1.2℃ということで、
風もそこそこ強く、寒い1日となりました。

そんな土曜日でしたが、雪snowも混じる中、午前11時過ぎから
ランニングに出かけましたrun
331yuki1
今日のブログのタイトルは、浜田省吾の曲で。

国道5号線の小樽方面への往復をひたすら走って、おそらくキロ5分ちょうどくらいの
ペースで最後まで走り切った、満足な2時間ちょっとのランニングとはなりました。
331yuki2
これは午後5時くらいに撮った写真なので、走っている最中は「白い膜」が
路面上を覆うほどではありませんでしたが、まだまだ冬を感じながら
走ってきました。

そして午後からは、この前の月曜日に録画しておいた「ネプリーグ・スペシャル」を
見たり、Jリーグやプロ野球の経過をパソコンで気にしたり、そんな土曜日でした。

●プロ野球 セリーグ ナゴヤドーム

中日ドラゴンズ 9-0 広島カープ

我らが中日ドラゴンズ、先発の川上憲伸が6回無失点の好投で、
日本復帰の初勝利を。

正直、「今日は半分は捨てゲームだな」と試合前に思っていたので、
心の底から謝罪したいと思いますsmile

●サッカーJ1リーグ 第4節 日本平

清水エスパルス 1-0 コンサドーレ札幌

得点:後半4分 高木俊幸(清水)

なかなか願い通りにはいかないものですな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

プロ野球が開幕

今日、プロ野球がセリーグとパリーグで同時に開幕しました。

巨人 0-4 ヤクルト
中日 4-2 広島
阪神 5-5 横浜(延長10回)

日本ハム 9-1 西武
楽天 3-5 ロッテ
ソフトバンク 3-1 オリックス

という結果になりました。

夜8時30分くらいの段階で、ヤクルトの石川が8回までノーヒットノーラン、
さらに中日の吉見は7回までパーフェクトという投球を。

開幕からいきなりドキドキしたのですが、まずは吉見が8回の先頭の栗原に
ヒットを打たれ、その2~3分後には石川も9回1アウトから坂本にヒットを
打たれるという、そんな展開でしたhappy01

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
中日 0 0 0 0 3 0 1 0  × 4

勝ち:吉見
セーブ:岩瀬
負け:前田(健)

ホームラン
 中日:平田(7回ソロ)

というスコアで、我らが中日ドラゴンズが開幕戦を勝利♪
結局、吉見は8回に2失点しましたが、さすがエースの好投で、
そして9回は岩瀬が締めるという気分の良い勝ちでした。

ただ、ここ最近の中日ドラゴンズの開幕戦の結果と
最終順位を調べてみると、

2006年 ●→リーグ優勝
2007年 ○→リーグ2位
2008年 △→リーグ3位
2009年 ○→リーグ2位
2010年 ●→リーグ優勝
2011年 ●→リーグ優勝

ということで、3連覇に向けて、前途多難な今シーズンの
スタートとなったかもしれませんsmile

そして他の試合では、やはり「熱いぜ!」の横浜DeNAの試合。

9回表に藤川から同点に追いつき、さらに10回表に勝ち越し、
そして10回裏に同点に追いつかれるというオモシロい展開に、
今年の(いろんな意味での)期待感が増大しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

今年初の平日夜のランニング

今日は夜に、18キロほどのランニングをしてきましたrun

仕事が終わった後の夜に走ったのは、今年初めてとなります。
ペースはおそらくキロ5分ちょうどくらいで、約1時間30分のランニングとなりました。

今日の札幌市の最高気温は10℃を超えたとのこと。夜になっても寒さは感じず、
走っている最中は手袋をしていたのですが、無くてももしかしたら良かったかなと
思えるくらいでした。

ただ、また週末の土曜日あたりからは雪マークsnowの予報が出ていて、
気温もぐっと下がるようなので、まだまだ本格的な春本番は遠そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

恋/back number(2012年)

「back number」という男性3人組が3月7日に発売したシングル曲の「恋」が、
今の僕のお気に入り曲です。

公式ページから、ショートバージョンが視聴できるようです。

http://www.backnumber.info/contents/disc/single/koi/index.html

僕の切ない男心が破裂寸前になりそうな曲となっていますsmile

このback numberが、次に発売予定のシングル曲の「日曜日」が、
北海道放送(HBC)創立60周年記念作品の連続ドラマ「スープカレー」の
主題歌になるとのこと(5月30日発売)。

このドラマはTEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)の
5人全員が出演という事で、ドラマは滅多に見ない僕も、ちょっと興味がありますhappy01

北海道では4月13日(金)のスタートで、毎週金曜日の深夜、
24時20分からの放送のようです。

その他の地域の放送日時は、以下の公式ページに載っています。
http://www.soupcurry-drama.jp/info.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

佐藤洋太が世界チャンピオンに[ボクシング:WBC S.フライ級]

今日行われたボクシングの試合、

「チャンピオン:スリヤン・ソールンビサイ(タイ) VS 挑戦者:佐藤 洋太(協栄)」

のWBCスーパーフライ級の世界タイトルマッチで、挑戦者の佐藤選手が
3-0の判定で勝って、見事に新チャンピオンという結果に。

テレビ中継が観られなかったのですが、3回に2度ダウンを奪って、
その後追い上げられながらも判定勝利だったようです。

これで、日本ジム所属の現役世界王者(男子)は過去最多の9人となったとのこと。

この数字だけを見ると、ボクシングの黄金時代のようにも思えてしまいますが、
一般的な注目度などはイマイチの感じなのが、やや寂しいところでもあります。

ひとまず、この9人の世界チャンピオンを全部書いておきますpunch

●ミニマム級
  WBA…八重樫 東(大橋)
  WBC…井岡 一翔(井岡)

●S.フライ級
  WBA…清水 智信(金子)
  WBC…佐藤 洋太(協栄)

●バンタム級
  WBA…亀田 興毅(亀田)
  WBC…山中 慎介(帝拳)

●S.バンタム級
  WBC…西岡 利晃(帝拳)

●S.フェザー級
  WBA…内山 高志(ワタナベ)
  WBC…粟生 隆寛(帝拳)

4月4日には清水、亀田の防衛戦、4月6日には山中、粟生の防衛戦と
世界タイトルマッチが続くので楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

プロ野球の開幕まで4日

今度の金曜日、プロ野球がセリーグ・パリーグともに開幕します。

そんなわけで、順位予想を書いてみたいと思います。

●セリーグ
  優勝:中日ドラゴンズ

以上ですsmile

まぁ、「順当に行けば今年は巨人だろうな~」と思ってはいますが、
イヤイヤ予想をしても仕方がないので、中日ファンとしては、
願望丸出しの予想を貫き通します。

2位から下は、

2位 ヤクルト
3位 広島
4位 巨人
5位 阪神
6位 DeNA

でお願いします!

パリーグは、

優勝:西武
2位:ソフトバンク
3位:ロッテ
4位:オリックス
5位:日本ハム
6位:楽天

にしておきます。根拠はあまり無いですが、中島の残留、ルーキーの十亀の
加入などで西武の前評判が高いようなので。

と思って今調べてみたら、十亀はオープン戦の終盤に打ちこまれる試合が続いて、
開幕1軍の座すら怪しいようですが、予想は変えないでおきます。

今年も適当な感じで、長いシーズンを楽しみたいと思いますbaseball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

春を愛する人

今日は正午過ぎから、やや雨っぽい雪snow混じりの中を、
1時間ほどのランニングをしてきましたrun

今の時期、札幌市の最高気温は平年では5℃くらいはあるようですが、
今日の正午の気温は-0.9℃ということで、まだまだ春を実感するのには
難しい状況でした。

そんなわけで、今日のブログのタイトルはGLAYの曲でhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

僕らの町に今でも雪が降る

今日は午前11時過ぎから、雪snowが降る中をランニングに出かけましたrun
324yuki1

アスファルトが出ている路面が多かったですが、まだまだ春cherryblossomを感じられるような
ランニングではありませんでしたsmile

ブログのタイトルに書いた元ネタは、元々はユニコーンの「雪が降る町」の
サビの部分の歌詞です。

ただ、僕の家にあるこの曲のCDとしては、1996年にPUFFYが発売した
「これが私の生きる道」のカップリング曲としてのものが手元にあります。
324yuki2

今日はまずは、手稲区の前田森林公園を目指して走りました。
ここまで家からおそらく10キロほど。

それから新川通をさらに小樽方面に向かって、337号線の突き当りで左折して、
あとは家に向かって走るという、そんなちょうど2時間の走りとなりましたrun

走りとしては、大満足な2時間走となりましたhappy01

家に戻ってからは、Jリーグの試合をあれこれと気にしながら過ごした
土曜日の午後となりました。

サガン鳥栖 1-0 横浜F・マリノス

午後4時半過ぎに、この試合中継をJ:COMでの「スカイ・A」で観られることに
気が付き、急いでテレビをつけたところ、後半35分くらいで鳥栖が1点リード
している状況でした。

コンサドーレ札幌の試合より1時間早くキックオフとなったこの試合、
最後のマリノスの猛攻に耐えた、鳥栖の記念すべきJ1での初勝利を
見届けたあと、

「次はコンサドーレ札幌の勝利だ!」

と願って、J's GOALの速報スコアボードをひらすら見つめながら、
パソコン画面の前で祈りを捧げていました。

しかし結果は、無念の逆転負けwobbly

-------
サッカーJ1リーグ 第3節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 1-2 浦和レッズ

得点:山本(札幌:前半32分)
     柏木(浦和:前半45分+1分)
    柏木(浦和:後半18分)

試合中継を一切観ていないのですが、展開的には前節のヴィッセル神戸との試合と
全く同じように、先制しながら前半のうちに追いつかれて、そして後半に勝ち越し点を
奪われてしまったようで。

新加入の山本が「当たり」だったようなのは嬉しいところですが、
とにもかくにも何でもいいので、早く「勝ち点3」がほしいですsmile
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

キレイだ/w-inds.(2004年)

この前のランニングの最中、頭の中で繰り返し流れていた曲が、
w-inds.(ウィンズ)のこの「キレイだ」という曲でした。

楽曲提供がスキマスイッチということでも話題となりました(たぶん)。

最後の
-----
やっぱり手にとる写真は破れず、君はキレイだ
-----

の部分は特に、僕の切ない男心を刺激しますsmile

w-inds.は、男性3人組のユニット。2001年にデビューしました。

橘 慶太(ヴォーカル&ダンス)
千葉 涼平(ダンス&コーラス、ラップ)
緒方 龍一(ダンス&コーラス、ラップ)

で、千葉くんと緒方くんは北海道出身です。

昔からミュージックステーションを毎週見ている僕にとっては、
「大人の事情」により、Mステ出演がw-inds.は現段階ではゼロなのが
残念なところ。

ただ、1回だけ、橘くんが1人で出演したことがあります。
たぶん、2006年にソロで発売したシングル「道標」の時だったと思います。

とはいえ、その出演の際、歌の前の紹介で、

「橘さんは福岡出身の男性シンガー。今日がMステ初出演となります。」

みたいな感じで、w-inds.の事は全く触れられずに終わってしまい、

「あれっ……」

と、テレビの前で妙な感覚になったのが、今でも印象に残っていますdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

センバツ高校野球が開幕

今日、「第84回 選抜高校野球大会」が開幕しました。

北海道代表は、

第2日目 第1試合 女満別高校×九州学院(熊本)
第4日目 第1試合 北照高校×光星学院(青森)

ということで、順調に行けば、女満別高が明日、北照高が3日後の土曜日の試合に。

どちらの相手も強そうですが(特に光星学院高)、やってみないと分からないので、
勝利を願っていますbaseball

*3月22日(木) 午後11時追記

女満別高校は「0-6」での敗戦。1回にいきなり4失点してしまったのが痛かったようで………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

どこまでも限りなく降り積もる雪とあなたへの想い

と昔、globeが歌っていました。
Syunbun2

あなたへの想いはともかくとして、限りなく降り積もるほどの雪snowでは
ありませんでしたが、昨日の夜あたりからそれなりには降りました。
Syunbun1

そんな、春分の日の祝日の今日は、午前11時過ぎから、
国道5号線を小樽方面に向かってひたすら走っていきましたrun

札幌市を脱出して「小樽市」のカントリーサインを過ぎてからも3キロほど走って、
そして銭函中学校の前あたりで折り返してのランニングとなりました。

今日の札幌市の最高気温はマイナス1.5℃ということで、昨日に続いての真冬日。
2000年以降では最も遅い時期の「2日連続での真冬日」らしいです。

ただ、気温がとにかく低い方が走り易い面もあります。

そんなこんなで午後1時30分頃に無事に家に辿り着いて、
そして午後2時5分からの、

「サッカー ナビスコカップ  コンサドーレ札幌×アルビレックス新潟」

の札幌ドームで行われた試合のテレビ中継を観ました。

結果は、前半の38分に先制点を奪われて、そのまま0-1での敗戦。

札幌のスタメンが、

FW 大島
MF キリノ、三上、荒野、宮澤、前
DF 櫛引、岡山、日高、上原
GK 杉山

という、3日前のJ1リーグの神戸戦でのスタメンからは
11人全てを変えて挑むという大胆な選手起用となりました。

一時期話題となった「ベストメンバー規定」は、今はどうなっているのでしょうかね?
J2暮らしが大半なので、これまでの経緯はほとんど知ったこっちゃないですがsmile

試合は負けましたが、リーグ戦と比べるとかなり気軽な気持ちで観た面もあって、
それなりに楽しめました。ただ、負けたのはもちろん悔しいです……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

宮脇千博が日本歴代3位の好タイムで優勝[全日本実業団ハーフマラソン2012年]

昨日の午後2時からTBS系で放送されていた

「第40回 全日本実業団山口ハーフマラソン」

を観ていたのですが、非常にオモシロく、そしてこれからの期待感が
大いに高まったレースとなりました。

男子で優勝した宮脇選手(トヨタ自動車)は現在20歳。去年の11月にトラックの
1万メートルで27分41秒57のタイムを出して、ロンドンオリンピック参加標準A記録
を突破。

今年の元日のニューイヤー駅伝では、3区でコニカミノルタの宇賀地選手も
上回っての区間賞獲得。その後の全国都道府県対抗駅伝でも、アンカーの7区で
竹澤選手(エスビー食品)に続いての区間2位。

そんな、超期待の若手選手なのですが、今回の1時間00分53秒というタイムは、
日本歴代3位の好記録に。これまでの記録は、

1位 佐藤 敦之(中国電力) 1時間00分25秒(2007年10月 ウーディネ)
2位 高橋 健一(富士通) 1時間00分30秒(2000年1月 東京)
3位 宇賀地 強(コニカミノルタ) 1時間00分58秒(2011年2月 丸亀)

とのことで、4人目の「60分台」となったようです。

レース展開も、木原選手(カネボウ)、ジャコブ選手(愛知製鋼)の3人の
トップ争いとなり、19キロ過ぎからのペースアップによってまず木原選手が
脱落、そしてトラックに入る直前の残り500メートルあたりから宮脇選手が
ラストスパートによって勝利という、素晴らしい優勝となりました。

これが初ハーフというのが、また今後のワクワク感を増大させてくれます。

是非ともトラック種目でロンドンオリンピック代表を掴み取ってほしいですhappy01

ちなみに、女子は第一生命の田中智美選手が1時間09分47秒で優勝しました。

●第40回 全日本実業団山口ハーフマラソン 男子結果

1位 宮脇 千博(トヨタ自動車) 1時間00分53秒
2位 ワンジュキ・ジャコブ(愛知製鋼) 1時間00分59秒
3位 木原 真佐人(カネボウ) 1時間01分15秒
4位 若松 儀裕(日清食品グループ) 1時間02分17秒
5位 荒川 丈弘(旭化成) 1時間02分18秒
6位 星 創太(富士通) 1時間02分20秒
7位 ディション・カルクワ(愛三工業) 1時間02分36秒
8位 松本 稜(四国電力) 1時間02分36秒
9位 阿宗 高広(愛三工業) 1時間02分36秒
10位 高宮 祐樹(ヤクルト) 1時間02分37秒 

3位の木原選手。中央学院大時代の駅伝での活躍は強く印象に残っていますが、
実業団に進んでからはパッとしないイメージがありました。久しぶりに元気な
木原選手を観ることができた感じで、嬉しかったです。

そして5位の荒川選手は、札幌山の手高校出身。1ヶ月半前の別府のフルでも
35キロくらいまで先頭集団にいましたし、現在26歳、これからが楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

真っ白な時は風にさらわれて 新しい季節を運ぶ~

♪今も胸に降り積もる想い眺めては ~見えないため息を浮かべた~♪

と昔、ラルク・アン・シエルが「winter fall」というシングル曲で歌っていました。
318yuki2
この曲が収録されているアルバムです(1998年2月発売)。

そんな、降り積もる想い眺めては見えないため息を浮かべる毎日の僕は、
真っ白snowな時の中を、今日の夕方に走ってきました。
318yuki1
円山方面までの14キロほどのランニングとなりましたrun

昨日までの「大部分がアスファルト」という状況に油断しきっていたので、
今日の朝、カーテンを開けて窓の外を見たら少しビビリましたsmile

ただ、「脚に優しい雪道」の恩恵を受けて、昨日のアスファルト路面の
ランニングよりは快適に感じた面もありました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生善治2冠が驚異の4連覇(NHK杯将棋トーナメント)

今日の午前中は、NHK教育テレビ(今は名称は違う?)の

「第61回 NHK杯将棋トーナメント」

の決勝戦を見ました。

羽生善治 2冠(王位、棋聖)×渡辺明 竜王

という、日本全国の中で8千万人は大注目していたであろう決勝戦でしたが、
結果は羽生2冠の勝利。

昨年、史上初のNHK杯3年連続優勝となったのですが、その記録を4年連続に
伸ばしました。また通算10回目の優勝となり、これも自分の持つ単独最多記録
をさらに伸ばして、「名誉NHK杯」の称号も得ました。

NHK杯トーナメントはこの4年間、無傷の20連勝ということで、凄過ぎます。
このNHK杯で羽生2冠に最後に勝ったのは、4年前の長沼洋7段なんですねdelicious

今日の対局は、対局開始からどんどん凄いスピードで
60手か70手くらいまで差し手が進んでいって、てっきり、

「これは千日手になったから、編集で大幅カットして流しているんだな」

と思いながら見ていたのですが、どうやらカット無しだったらしく、
本当にあのスピードで進んでいったようでsmile

最後、羽生2冠が▲2四桂~▲3二銀不成でほぼ必死をかけた場面では、

「先手玉は上が広いからどう見ても詰まなさそうだし、決まったな~」

と思っていたのですが、その後、渡辺竜王が△7三角~△7二角と角を並べて
王手したあたりでは、もしかして詰んだのではないかと思ってしまうくらい、
最後の最後までドキドキする展開でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

「アシックス GEL-KAYANO18」での初走り

何日か前に、ランニングシューズを買ってきました。
練習用ということで、クッション性の高いものを目的にしました。
Kayano18
GEL-KAYANO18(ゲル・カヤノ18)

というアシックス製のシューズにしました。

2年前はGEL-KAYANO16、そして去年はGEL-KAYANO17を使っていて、
この2年間は特に大きな故障が無かったので、現状維持が大好きな僕は、
同じタイプのものの方が外れが少なくて安心できるので、このシリーズにhappy01

一応は「試し履き」ということで履いて、何となくウロウロと歩いてはみて、
あれこれと感触を確かめている雰囲気を醸し出しているのですが、現実には、

「いいのか悪いのか、よく分からん‥‥」

となってしまうのがいつものパターン。当然ながら今回もそうでした。

そんなわけで、実際に走ってみないことには分からないということで、
今日がこのシューズでの初走りとなりましたrun

午後3時半過ぎからスタート。1時間半ほどを走ってきましたが、
特にシューズに違和感はなく、スムーズに走ることができた感覚だったので
一安心でしたhappy01

ただ、シューズとは別に、毎年今の時期の恒例行事なのですが、
すっかり「脚に優しい雪道」に慣れきった身体にとって、久しぶりの
大部分がアスファルトの路面は、妙に衝撃を感じてしまいました。

無事に午後5時過ぎに家に戻ってきて、パソコンの電源を入れて
「J's GOAL」の速報ページを開くと、ちょうどコンサドーレ札幌が
先制点を入れたというスコアボード表示がsoccer

前半7分に新加入の山本が決めたようでした。しかし前半22分に
同点に追いつかれてしまい、1-1の同点で後半へ。

「引き分けでも悪くはないけど、やはり当然ながら、勝ち点3がほしい!」

と、パソコンの画面のJ's GOALの自動更新される速報スコアボードを
ちょこちょこ気にしながら、クラシックを飲んで祈っていました。
Consabeer

今日は控えめ(?)に、350ml×3本にしておきました。

しかし、後半38分に神戸の都倉に決勝ゴールを決められ、
無念の1-2の敗戦sad

次の試合に期待します。

--------
サッカーJ1リーグ 第2節 神戸

ヴィッセル神戸 2-1 コンサドーレ札幌

得点:前半  7分 山本(札幌)
     前半22分 近藤(神戸)
    後半38分 都倉(神戸)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

RUNNETに大会情報の掲載が増えてきました

久しぶりにRUNNETのページを見てみたら、大会ガイドに
北海道の大会情報が結構掲載されていました。

これまでエントリーを済ませた大会は、

5月  5日(土・祝) 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)
5月20日(日)   洞爺湖マラソン(フル)

なのですが、この後は大会ガイドに載っている大会では、

6月17日(日) おたる運河ロードレース大会(ハーフ)
7月  8日(日) 札幌・豊平川市民マラソン(フル)

で走ってみようかなと思っていますrun

明日は夕方から走ろうと思っているのですが、天気予報では夕方から雨rain
予報が出ていて、少し気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

祈り~涙の軌道/Mr.Children(2012年4月18日発売)

今日の夜、日テレ系で放送の「ぐるナイ  ゴチになります!13」を見ました。

VIPチャレンジャーは吉高由里子さんと生田斗真くんで、出演の目的(?)は
2人が主演の映画「僕等がいた」の宣伝でした。

その映画は、前篇と後篇に分かれていて、前篇が3月17日、
後篇が4月21日に公開とのこと。

そして、その主題歌が両方ともミスチルの曲で、

前篇……祈り ~涙の軌道
後篇……pieces

となっていて、さらに.「End of the day」を加えた3曲入りのシングルが、
4月18日に発売されるらしいです。

まだ、「祈り ~涙の軌道」の(おそらく)サビの、

♪さよなら~さよなら~さよなら~♪

の部分くらいしか耳にしていませんが、ミスチルがシングルを発売するのは、
2008年9月の「HANABI」以来、およそ3年半ぶりになるとのこと。

その間にオリジナルアルバムを2枚出していることもあり、
そんなに間隔が空いているとは思わなかったので、

「そう言われてみれば、そうだよなぁ~」

と、ちょっと意外な感じもしました。1ヶ月後の発売が今から楽しみです♪

ミスチルがデビューしたのが1992年5月10日。ちょうど20年前になるんですね。
7曲入りのアルバム「Everything」の発売でのデビューとなりました。
Imgp5582

3ヶ月後に、この中の「君がいた夏」がシングルカットされました。

「デビュー当時から知っていて、アルバムやシングルも買っていたぜ」

と自慢したいところですが、ミスチルを知ったのは、大ヒットとなった
4枚目のシングルの「Cross Road」からということで、非常にありがちな
ところからファンになりましたsmile

ミスチルのコンサートが、5月19日(土)に札幌ドームで行われるのですが、
次の日が洞爺湖マラソンなので、今回は残念ながら断念します

まぁ、「行きたいけど、チケットが取れるかどうか…」の心配をしなくてよいのは、
思いのほか精神的によろしいような気もしますdelicious

話は変わりますが、最初に触れた「ゴチになります」の今日の結果を
書いておきます(設定金額は1万8000円)。

1位 国分 太一(ニアピン賞 300円差)
2位 杏(ただし、おみや代で2万4000円)
3位 矢部 浩之
4位 吉高 由里子
5位 江角 マキコ
6位 生田 斗真
ビリ 岡村 隆史(自腹 12万4200円)

ということで、2回目の出場の生田斗真くんは、前回に続いて今回も
下から2番目で辛うじて自腹を免れて、同じ北海道生まれとしては
ほっとしましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月14日 (水)

サッカー男子代表のロンドン五輪出場が決定!

今日は夜8時に国立競技場でキックオフの、ロンドンオリンピックの
男子サッカーアジア最終予選「日本×バーレーン」の試合を観ました。
最終予選の最後の試合でした。

結果は「日本2-0バーレーン」で、無事にグループ1位が決定して、
ロンドン行きが決定soccer

前回、4年前の北京オリンピックの時も、アジア予選の突破を決めた日に
ブログを書いていたので、それをコピー&ペーストすると、
---------------
●2007年11月21日(水)

本日行われた、北京オリンピックのサッカーアジア最終予選。

国立競技場での日本×サウジアラビアの最終決戦で、
日本が勝つか引き分けるとオリンピック出場が決まる、
そして負けると全てを失う、そんな重要な試合でした。

結果は「0-0」の引き分け。

というわけで、オリンピック出場決定!

いわゆる「反町ジャパン」はあまり評判が良くなく、
勝っても内容的に批判をあびることが度々でした。

今日の試合も、今までの苦闘を物語るかのような引き分けでしたが、
とにかく「オリンピック出場」という最大かつ唯一の目標を達成したので、
素晴らしい結果です。
----------------

と書いていましたが、状況は非常に似ていて、4年ちょっと前に書いたこの文章を
少しだけ修正すれば、今日のブログの執筆(?)は完了する感じです。

とにかく良かったですhappy01


●ロンドンオリンピック 男子サッカー アジア最終予選 国立競技場

日本 2-0 バーレーン

得点:後半10分 扇原
    後半14分 清武

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

愛、テキサス

最近、山下智久くんの新曲の「愛、テキサス」が妙に気に入ってしまい、
頭の中で繰り返し流れているような毎日です。

今日のブログネタは以上ですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

ロンドンオリンピックのマラソン代表が発表

今日、ロンドンオリンピックのマラソン代表が男女ともに発表されました。

●男子
  藤原 新(東京陸協)
  山本 亮(佐川急便)
  中本 健太郎(安川電機)

  *補欠 堀端 宏行(旭化成)

●女子
  重友 梨佐(天満屋)
  木崎 良子(ダイハツ)
  尾崎 好美(第一生命)

  *補欠 赤羽 有紀子(ホクレン)

印象としては、予想通りで順当な選考の印象でした。
この選考が「妥当」なのかどうかは意見が様々でしょうがsmile

「世界陸上を含めると、男女とも4つのレースから3人の代表を選ぶ」

というのが曖昧さや不明瞭さを増大させているのは間違いないでしょうが、
とはいえ、これに関して良く出てくる、

「アメリカでは一発勝負で選考している」

という意見も、アメリカは長距離に関してはそれほど強豪国というイメージは
無いので、「アメリカでは!」と言われても、正直あまりピンとはきません。
他の国で、マラソンを一発選考にしている国はあるんでしょうかね?

その選考方法について書くのはこのくらいにして、

11月20日 横浜国際女子マラソン
12月  4日 福岡国際マラソン
  1月29日 大阪国際女子マラソン
 2月26日 東京マラソン
 3月  4日 びわ湖毎日マラソン
 3月11日 名古屋ウィメンズマラソン

と続いた国内選考レース。選考レースがたくさんあった方が観ている側としては
楽しめる回数が多いという、単純にその魅力はありますdelicious

男子の代表の3人のうち、藤原選手、中本選手の2人は拓殖大学出身なんですよね。
たしか藤原選手の方が1年先輩だったと思います。

たまたまなのか、それとも当時の拓大で、将来に向けて(結果的に)伸びるような
練習が継続して行われていたのか、興味があります。

マラソンに限らないのですが、オリンピックは大会本番よりも、その前の
代表選考の方が盛り上がるケースが多々あるのですが、本番でさらに
ワクワクさせてくれるような走りをしてくれることを、この6人には期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

尾崎好美(第一生命)がロンドン代表の有力候補に[2012年名古屋ウィメンズマラソン]

今日行われた名古屋ウィメンズマラソン。

日本人トップの2位となったのは尾崎好美選手(第一生命)でしたが、
2時間24分のそこまでインパクトのあるゴールタイムではなかったこともあり、
今日の結果で最も喜んだのは、ある意味では去年の11月の横浜国際で
尾崎選手との直接対決に勝って優勝した木崎良子選手(ダイハツ)かもdelicious

それはさておき、非常に見応えのあり過ぎるレースでしたrun

-------
名古屋ウィメンズマラソン2012 結果

優勝:アルビナ・マヨロワ(ロシア) 2:23:52
 2位:尾崎 好美(第一生命) 2:24:24
 3位:中里 麗美(ダイハツ) 2:24:28
 4位:渋井 陽子(三井住友海上) 2:25:02
 5位:伊藤 舞(大塚製薬) 2:25:26
 6位:野口 みずき(シスメックス) 2:25:33
 7位:オシーナ・シュルクノ(ウクライナ) 2:25:49
 8位:赤羽 有紀子(ホクレン) 2:26:08
 9位:宮内 洋子(京セラ) 2:26:23
10位:勝又 美咲(第一生命) 2:28:01

8年前のアテネオリンピックの金メダリストの野口選手が、
17キロ過ぎから遅れ出しました。

レース後のコメントでは、この遅れ出したのは「左膝のあたりが抜けた感じ」
となったらしくて、一時期は先頭集団と30秒差くらいまで離されました。

しかし、諦めずに粘って走っていると、しばらくしたら回復したようです。

23キロあたりでペースメーカが全て離脱して、それまでの1キロ3分20秒ペースから
3分30秒ペースまでペースダウンした先頭集団に対して、野口選手は3分25秒
くらいのペースを刻んでいって、28キロあたりで先頭集団に追いつきました。

あまり安易に「感動」という言葉を使いたくはないのですが、
ここは感動しました。

ここら辺から、後ろにいる誰だか分からない外国人選手が少しずつ
妙に近づいて来ているのが気になったのですが、実況、解説では
35キロ手前まで一切触れられずに、ひそかにかなり不満でしたsmile

それが、結局は優勝したロシアのマヨロワ選手。

今までの自己ベストが2時間25分35秒ということで、そのタイムを
2分ほど更新する走りで優勝となりました。

1977年5月生まれの34歳ということで、僕と4ヶ月しか違わないので、
意味も無く誇らしい気分になりました~。

残り1キロを切ってからの尾崎選手のラストスパートは素晴らしかったのですが、
そこの段階からテレビカメラはひたすら尾崎選手のアップばかりで、

「アップはいいから、カメラを引いて、中里選手との差を見せてくれ!」

と、日本全国8千万人の視聴者がテレビの前で叫んだと思いますsmile

最終的に14秒もの差がついた結果に「?」と思ったのですが、
どうやら中里選手がドームに入る直前で転倒があったようで。

それがなくても間違いなく尾崎選手が勝っていたのでしょうが、
その中里選手の転倒はネットで検索して初めて知った状態で、
いろいろと不満の残る中継ではありました………。

ホクレンの赤羽選手は、たしか35キロ手前までは先頭集団についていったものの、
そこで力尽きた感じに。先月の練習中に左足のくるぶしを痛めたということで、
それがどのくらい影響があったかは分かりませんが、それでもオリンピック代表に
挑んでの印象に残る走りでした。

そして渋井選手の最後までの粘りは正直びっくりでした。

ゴールの雰囲気だけでは、何だか「これで引退か?」という感じでしたが、
もっともっと走りを見たいです。

●世界陸上
  5位 赤羽 有紀子(ホクレン) 2:29:35
 (10位 中里 麗美(ダイハツ) 2:30:52)
 (18位 尾崎 好美(第一生命) 2:32:31)

●横浜国際女子マラソン
 優勝:木崎 良子(ダイハツ) 2:26:32
  2位:尾崎 好美(第一生命) 2:26:49

●大阪国際女子マラソン
 優勝:重友 梨佐(天満屋) 2:23:23
 3位:野尻 あずさ(第一生命) 2:24:57

●名古屋ウィメンズマラソン
 2位:尾崎 好美(第一生命) 2:24:14
 3位:中里 麗美(ダイハツ)  2:24:28

ということで選考レースが全て終了。

横浜国際は気温が20℃を超えるような厳しい条件だったようなので、
涼しくてなかなかの好条件だったらしい今日の名古屋での2時間24分の
タイムからも、横浜での直接対決の結果が何よりも最重要視されて、
どこからどう考えても、

木崎>>尾崎

だと思うのですが、ネットをいじっていると、

「重友、尾崎が確実、残り1枠が……」

みたいな書き方をしているスポーツ新聞のサイトもあって、
上から目線で「何も分かってないなコイツ」みたいに思いましたsmile

尾崎選手は横浜からの追試でもあり、タイムもそこまでではありませんでしたが、
やはり名古屋のこのメンバーの中で日本人トップになったのは大きくて、

「重友、木崎がまずは決定、残り1枠が尾崎」

で落ち着くとは思います。

先週のびわ湖で選考レースが終了した男子と合わせて、
それぞれ3人の代表発表は明日の月曜日ということで、
ソワソワしながら待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

前田森林公園へのランニング&コンサドーレ札幌の開幕戦!

今日は午前11時過ぎからランニングに出かけましたrun

目標地点は前田森林公園でした。家からはちょうど10キロくらい。
Maeshin1

Maeshin2

公園内は当然ながらまだ一面雪で、中に入っていくことはできませんでしたが、
ここの前に来るのは、ほぼ半年前の北海道マラソン以来でしたhappy01
Maeshin3

この新川通を今年も、8月26日に無事に走ることができるように願っています。

今日の目標は「2時間走」で、ここで折り返して帰ると少し早く家に着いて
しまいそうだったので、新川通をそのまま真っ直ぐ進んで337号線まで出ました。
Maeshin4

橋の上から撮影した新川です。

今日の札幌脱出は、ほんの10秒程度で終わりましたsmile
Maeshin5

そして無事に2時間9分で家に辿り着きました。

今日の札幌市の最高気温は3.5℃ということで、綺麗な青空も広がっていて、
気持ちの良い絶好のランニング日和でした。

ここ1週間くらい気温が高かった日が多かったので、予想以上に
アスファルトが出ている部分も多かったです。

今週までは「週1ランナーの自主トレ期間」ということを決めていましたが、
来週末あたりからはいよいよキャンプインといきたいと願っていますhappy01

明日は午前中の名古屋ウィメンズマラソンを観るのが非常に楽しみなのですが、
ホクレンの赤羽さんが左足首を痛めているという情報を今朝の新聞で知り、
かなり心配です…。

そんなこんなで、今日は大満足なランニングとなり、
気分良く午後2時からのサッカー中継を観ました。

-------
サッカーJ1リーグ開幕戦 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 0-0 ジュビロ磐田

今日の中継はNHKで、「解説:野々村、実況:曽根」という、
落ち着いて観られるコンビでした。

磐田の駒野からのクロスボールで「やられたか?」と思わせるような
ヘディングシュートが2本ほどありましたが、札幌にも同じように
惜しいシュートも何本かあって、今は引き分けで終わった安堵感よりは、

「勝ち点3を獲れそうだったのに…」

という、少し調子に乗った感情を持っていますsmile

以下、感想を適当に。

・前田、簡単にボールを奪われてしまう場面も多かった印象ですが、
 随所に「天才っぷり」も見られたので、これからが楽しみです。

・山本、前半は「??」という感じでしたが、後半は目立っていました。
 後半25分くらいのシュートはホントに惜しかった……。
 
 
 

・キリノ、懐かしかったです。

・岡本、頼もしかったです。これからもケガさえなければと祈るのみです。

・奈良、途中から脚を痛そうにしていたのが気になりましたが、
 高卒ルーキーのセンターバックが、開幕戦で前田遼一と堂々と
 やり合えるのは、冷静に考えると凄いです。

・砂川、最後のクロスの(おそらく)蹴りそこない、アレが入っていれば
 最高だったのですがdelicious

そんなところで、次節は来週の土曜日(3月17日)にアウェーでの
ヴィッセル神戸戦。4年ぶりのJ1での勝利を今から願っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

3月9日

今日は3月9日で、

・酢酸の日
・感謝の日

などがあるようですが、やはり3月9日といえばレミオロメンですね。
PVの堀北真希がかわいかったです。

今日のブログは以上ですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

J1リーグがいよいよ開幕

この前の日曜日のJ2リーグに続いて、2日後の土曜日には
J1リーグも開幕となりますsoccer

我らがコンサドーレ札幌は、今年はまさかのJ1ということで、
開幕戦は、ホームの札幌ドームでジュビロ磐田と戦います。

思い出せば、前回1年だけJ1にいた4年前。リーグ戦ではホームで1勝しか
できなかったのですが、その唯一の1勝の相手が、実は磐田でした。
場所は今年と同じく札幌ドーム。

2-1の勝利で、得点者がダヴィと柴田というところが
懐かしさを感じて涙が出てきそうになりますdelicious

その試合が4月12日の第6節ということで、まさかその時は、
それがシーズンの最初で最後のホームでのリーグ戦の勝利に
なるとはさすがに想像はしませんでした。

2002年に札幌ドームで磐田と対戦した時も、負けはしたものの、
0-1の延長Vゴール負けでした(平間が札幌時代、唯一輝いた試合?)。

そんなわけで、ドームでの磐田戦は相性が良いという強引な結論で、
土曜日の勝利を今から全力で祈っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

「名古屋ウィメンズマラソン2012」は日曜日に

今度の日曜日には、女子マラソンのロンドンオリンピック代表の
最終選考レースである「名古屋ウィメンズマラソン」があります。

以下、選手の右側に書いてあるのは自己ベスト記録です。

●外国招待選手
  キャサリン・ヌデレバ(ケニア) 2:18:47
  リディア・シモン(ルーマニア) 2:22:54
   
  アルビナ・マヨロワ(ロシア) 2:25:35
  オレーナ・シュルクノ(ウクライナ) 2:28:34
  ラサ・ドラジャウカイテ(リトアニア) 2:29:47

●国内招待選手
  野口 みずき(シスメックス) 2:19:12
  渋井 陽子(三井住友海上) 2:19:41
  尾崎 好美(第一生命) 2:23:30
  赤羽 有紀子(ホクレン) 2:24:09
  加納 由理(資生堂) 2:24:27
  中里 麗美(ダイハツ) 2:24:29
  那須川 瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント) 2:25:38
  藤永 佳子(資生堂) 2:25:40
  伊藤 舞(大塚製薬) 2:26:55
  永尾 薫(ユニバーサルエンターテインメント) 2:26:58
  樋口 紀子(ワコール) 2:28:49
  吉田 香織(アミノバイタルAC) 2:29:45
  脇田 茜(豊田自動織機) 2:29:54
  勝又 美咲(第一生命) 2:31:10
  宮内 洋子(京セラ) 2:33:36

という、異様に(?)豪華なメンバーでのオリンピックの切符を賭けた
レースになります。

外国招待選手のヌデレバ、シモンも、実績と知名度は抜群に凄いですが、
現状の実力はどうなのかなというところで、優勝者は日本人選手から出ると
仮定して書いていきます。

  8月 世界陸上  赤羽 有紀子(ホクレン) 5位 2:29:35
11月 横浜国際   木崎 良子(ダイハツ) 優勝 2:26:32
  1月 大阪国際   重友 梨佐(天満屋) 優勝 2:23:23

というのが、今までの選考対象レースの日本人最上位選手の結果。

北海道民としては赤羽選手を最も応援していますし、それ以外の選手が優勝すると
選考が訳が分からなくなりそうなので、是非とも赤羽選手が優勝して、すっきりと
「赤羽、木崎、重友」で決まってほしいです。

去年までの名古屋国際女子マラソンから、形を変えて引き継がれていったこの大会、
制限時間が7時間ということで、東京マラソンと同じように午前9時10分にスタート。

そしてコースはナゴヤドームがスタート&ゴール地点となっていますが、
コース図を見た限り、ゴール地点はもしかしてドームの中になっているのかも。
もしそうなら、それもひそかに楽しみですrun
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

セリーグも予告先発制へ?

中日ドラゴンズファンの僕にとって、監督が交代してあれこれ言われていますが、
とにかくセリーグ3連覇を願って開幕の3月30日を待つ毎日です。

そんなセリーグも、今年から先発投手を前日に発表する
予告先発制を導入することになりそうとの報道があります。

正直なところ「余計なことをしないでほしい」という感想なのですが、
まぁ、そうなったらそうなったで諦めて受け入れますbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

明日は公立高校の入試

明日は北海道の公立高校の入学試験があります。

僕がこの試験を受けたのは今からちょうど20年前ということで、
月日の経過に対して感慨深くなりますdelicious

その当時にヒットしていた曲は、

それが大事/大事MANブラザーズバンド
Choo Choo TRAIN/ZOO
ガラガラヘビがやってくる/とんねるず
悲しみは雪のように/浜田省吾

あたりだった記憶があります。非常に懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

山本亮(佐川急便)が2時間8分44秒で日本人トップに[2012年びわ湖毎日マラソン]

今日行われた「第67回びわ湖毎日マラソン」。

ロンドンオリンピックの男子マラソンの最後の選考レースとなったこの大会、
日本人トップ(全体では4位)になったのが、一般参加の佐川急便の山本亮選手。

2009年の北海道マラソンで日本人トップの2位に入って、翌日の北海道新聞で
大きく扱われていたので、それで名前は知っていたのですが、大多数の人に
とっては「誰だ?」という感じだったと思いますsmile

もちろん、一般参加とは言っても山本選手は実業団選手なわけで、
決して趣味で走っているそこら辺のおっさんでは無いという事は、
一応は書いておきます。

レースは、ペースメーカーが外れた25キロ過ぎから集団がバラけて、
先頭集団についていったのが旭化成の堀端選手と青山学院大の出岐選手。

30キロあたりで出岐選手が遅れて、世界陸上7位の実績がある堀端選手が
今日も日本人トップになって代表決定になるかと思ったのですが、35キロ前
からペースダウン。

後方の第3集団(?)から中本選手(安川電機)と堀口選手(Honda)が
追い上げてきて、安川選手がまずは堀口選手を振り切って、そしてさらに
38キロあたりで前を行く堀端選手を抜いて日本人トップに。

「これで日本人トップは決まって、世界陸上でも10位だったし、
 タイムも2時間8分台が出そうだし、これで中本選手が代表だな」

と思ったら、その後方から、妙に元気そうな選手の姿が
少しずつ大きくなってきた感じに。

それが、結局は日本人トップの2時間8分44秒となった山本選手。
最後はトラックで抜きさりました。

まぁ、これが優勝争いだったら失神しそうになるくらい最高ではあったのですが、
山本選手でも全体の4位ということで、そこは少しアレではありましたが、
最後の最後まで目まぐるしい展開でテレビの前で興奮しました。

27歳の山本選手は中央大学出身。調べてみると、4年生の時は箱根駅伝で
山登りの5区を走って、区間3位の結果だったとのこと。その時の区間賞は、
同じ4年生の順天堂大学の今井正人選手だったんですね。

日本人2位となった中本選手もひとまずは2時間8分台(2時間8分53秒)。
何とか代表候補には残りましたね。

山本選手が2009年の北海道マラソンで2位、中本選手は2008年の
北海道マラソンで3位という結果を残しているので、同じレースを
走った人間としては、少しだけ誇らしい気分になっていますdelicious

今日は気温が6~8℃くらいで風もそれほど強くなかったようで、
これだけなら好条件ではあったのですが、スタート前から雨rainが降っていて、
その雨が終盤になって強くなっていったようです。

マラソンにとっては雨が必ずしも悪条件ではないのですが、気温の低さと
重なったので、なかなかの厳しい条件だったのかもしれません。

「本命」とされていた堀端選手は結局は11位まで落ちてのゴール。
25歳ということもあり、今の男子マラソンの中では最も期待できる選手では
あるのでしょうが、きっちりと結果を出すのは難しいものですね……。

僕が応援していた今井正人選手(トヨタ自動車九州)は30キロ手前で
遅れだして、結局42位だったようです。残念でしたsad

それと自慢になりますが、3日前のこのブログで
---------
ちなみに僕の優勝予想は、愛知製鋼所属のサムエル・ドゥング選手です。
去年のこの大会での、30キロまでのあまりにも優秀過ぎるペースメーカーでの
走りに一気にファンになりました。

初マラソンのようですが、1万メートルが27分48秒、ハーフが1時間0分55秒の
自己ベストとのこと。この優勝予想はひそかに自信がありますdelicious
---------

と書きましたが、その優勝予想が見事に的中。自分で自分を褒めたいと思いますsmile

また、この大会で「新鋭賞」みたいな賞があれば、間違いなく青山学院大の
出岐選手でしょうね。30キロまでほぼ1キロ3分ちょうどのペースについていって、
そこから遅れるものの、最後までしっかり粘って走り切っての、ホントにもう少しで
サブ10となっていた2時間10分2秒でのゴール。

ひそかに期待はしていたのですが、ビックリでした。

これで男子の選考レースは全て終了しましたが、
それぞれの大会の上位選手の結果は、

世界陸上テグ大会 
 7位 堀端 宏行(旭化成)  2:11:52
10位 中本 健太郎(安川電機) 2:13:10

福岡国際マラソン
  3位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:57
  4位 今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  6位 前田 和浩(九電工) 2:11:46

東京マラソン
  2位 藤原 新(東京陸協) 2:07:48
  6位 前田 和浩(九電工) 2:08:38
(14位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:12:51)

びわ湖毎日マラソン
  4位 山本 亮(佐川急便) 2:08:44
 5位 中本 健太郎(安川電機)  2:08:53
(11位 堀端 宏行(旭化成) 2:10:05)

確実……藤原
有力……山本(確実に近い?)
微妙……中本、前田、川内、堀端

でしょうが、福岡からの追試となった前田選手よりは中本選手の方が
上の評価になると思うので、堀端選手の今日の結果によって、残り1枠が
「福岡1位の川内、びわ湖2位の中本」の争いになるかと思います。

たぶん、藤原、山本、中本の代表3人で落ち着くとは思いますが、難しいところです。

ただ、今日のびわ湖でも、内容としては25キロからも上位集団についていった
堀端選手が、世界陸上7位ということも含めて評価したいところでもあり、
そこまで考えると、ますます訳が分からなくなりますdelicious

●第67回 びわ湖毎日マラソン結果

優勝:S.ドゥング(愛知製鋼) 2:07:04
2位:H.ソスト(ポーランド) 2:07:39
3位:A.タグラフェ(モロッコ) 2:08:37
4位:山本 亮(佐川急便) 2:08:44
5位:中本 健太郎(安川電機) 2:08:53
6位:森田 知行(カネボウ) 2:09:12
7位:堀口 貴史(Honda) 2:09:16
8位:林 昌史(ヤクルト) 2:09:55
9位:出岐 雄大(青山学院大) 2:10:02
10位:E.ケべネイ(ケニア) 2:10:04
11位:堀端 宏行(旭化成) 2:10:05
12位:R.ベルティレ(イタリア) 2:10:08
13位:石川 末廣(Honda) 2:11:13
14位:佐藤 智之(旭化成) 2:12:19
15位:岡本 直己(中国電力) 2:12:31
16位:松宮 裕行(コニカミノルタ) 2:13:29
17位:井出 貴教(九電工) 2:13:41
18位:福山 良祐(Honda) 2:13:55
19位:小畑 昌之(安川電機) 2:13:59
20位:田中 宏樹(中国電力) 2:14:05

Hondaの32歳の堀口選手、今までは「駅伝の重要区間でイマイチな走り」という
イメージが僕の中では強かったのですが、終盤で堀端選手を抜いたあたりでは
「もしかしてオリンピックも」という見せ場を作った走りでした。

それとカネボウの27歳の森田選手。初めて名前を聞いた選手だったのですが、
立命館大学出身の選手とのこと。2時間9分前半の素晴らしいタイムでした。

NHKの中継は落ち着いて観られて良かったです。マラソンや駅伝の解説は、
全て金哲彦さんにやっていただきたいです(瀬古さんはもういいです………)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

すたみな太郎までのランニング(手稲の稲穂)

昨日の金曜日の夜、タカ&トシが出演している「お試しかっ!」の前々回の放送の
2時間スペシャルの録画を見ました(2月20日放送分)。

-------
人気食べ放題店のメニューベスト10 間違えずに食べて当てたら100万円
 ~1980円の食べ放題店で帰れま10~
-------

ということで、今回の闘いとなるのは「すたみな太郎」というお店で、
全国に122店舗を展開している大人気バイキングチェーンという紹介でした。

「聞いたこと無いけど、北海道にはあるんだべか?」

と思ってネットで調べてみたところ、札幌市内に以下の
4箇所があるとの情報が。

新札幌店(厚別区厚別東5条8丁目)
太平店(北区太平10条1丁目)
手稲店(手稲区稲穂1条8丁目)
石山店(南区石山1条4丁目)

この中で、手稲店は国道5号線沿いにあるとのことでした。

先週の土曜日に5号線をランニングしているので、このお店の前も通過している
はずなのですが、その記憶が無いので妙に気になってしまい、今日の土曜日、
再び5号線を走ってきましたrun
Sushi1_3

そして手稲の稲穂で無事にそのお店を発見。
Sushi2_2 

Sushi3_2

先週のランニングでも周りをキョロキョロしながら走っていたつもりなのですが、
やはり意外と目に入っていないものですねdelicious

そしてここで折り返して、一旦5号線に別れを告げて下っていって、
しばらくはJRの線路沿いを走っていきました。

それから手稲駅のあたりで再び5号線に戻って、ここら辺から雪snowが降って
きたのですが、あとはひたすら家を目指して走っていきました。

その道中、こんな温泉施設が。
Sushi4

Sushi5

今日の札幌市の最高気温は-0.2℃ということで、それほど気温としては
低くなかったようですが、風が結構強かったので、体感的にはそれなりに
寒さは感じました。

そんなわけで、ここの前を通った時に、湯船の暖かさが
思わず異常に恋しくなりましたdelicious

ちなみに「すたみな太郎」に話を戻して、帰れま10での人気TOP10は

1位 ビックリはらみ
2位 トマトソースのハンバーグ
3位 厚切りステーキ
4位 クレープ
5位 焼きしゃぶ
6位 サーモンカルパッチョ(寿司)
7位 いちごムース
8位 旨味カルビ
9位 まぐろ(寿司)
10位 手作り綿菓子

でした。

この前の月曜日の夜にNHKで放送されていた「アスリートの魂」という番組での、
川内優輝さんが「たくさん走ってたくさん食べる」というモットーに従った、
休日の練習の後に入ったお店においての

「肉ぶっかけうどんの大盛り&かつ丼セット→肉うどんの大盛りの追加」

の注文のメニューのように、一生懸命走った後の食べ放題というのは
魅力かもしれませんねdelicious

そんなわけで、今日は自分が走る日、明日は人が走るのを観る日ということで、
明日の「びわ湖毎日マラソン」のテレビ中継の観戦を楽しみにしています。
特に明日はNHKでの中継なので、CM無しで落ち着いて観られるのでsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

「2012年洞爺湖マラソン」に申し込み!

昨日からエントリーが開始された洞爺湖マラソンですが、さっそく昨日の夜に
RUNNETから申し込みをして、今日の帰り道にローソンでお金を払ってきました。
Touyakomoushikomi

種目はフルマラソンです。今年は5月20日(日)に開催となります。

僕はこの大会は2年前と3年前に2回フルマラソンで走ったことがあって、

2009年 3時間28分33秒←初の3時間30分切り
2010年 3時間21分44秒←現在の自己ベスト

と、2回ともタイムも良く、思い出深い大会となっています。

去年は一休みということでエントリーしなかったのですが、その去年は、
まさかの「コース途中の崖崩れで、フルマラソンが20キロに短縮」という
出来事があったようで。

コースは、基本的には洞爺湖畔を1周するコースで景色が良く、
時期的に涼しくて走り易い条件になることも多くて、地味にアップダウンが
それなりにあるのも僕好みで、お気に入りの大会です。

過去2回は当日の早朝に移動していたのですが、
今年は初めて優雅に前泊の予定ですdelicious

これで申し込みが完了した大会は、

5月  5日(土・祝) 日刊スポーツ豊平川マラソン(ハーフ)
5月20日(日) 洞爺湖マラソン(フル)

となります。RUNNETの大会ガイドを見てみると、この間の5月13日(日)に
「もいわ山ヒルクライムラン531」という大会があるようで、自称・山の神の
僕にとっては興味があるのですが、さすがに過密日程になるので断念しますsmile

昨日、一昨日あたりに気温が上がった影響で、今の歩道の状況は
デコボコしていたり滑りやすくなったりしている部分が多いのですが、
明日の土曜日は何とか15キロ~20キロくらいを走りたいと思っていますrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

「2012年びわ湖毎日マラソン大会」は日曜日に

3日後の日曜日には「第67回びわ湖毎日マラソン大会」が行われます。
男子マラソンのロンドンオリンピック代表の最後の選考レースとなるので、
今から非常に楽しみです。

選手の右に記載しているのは自己ベスト記録です。

●海外招待選手
  ニコラス・マンザ(ケニア) 2:06:34
  ベカナ・ダバ(エチオピア) 2:07:04
  アブデラ・タブラフェ(モロッコ) 2:08:01
  ヘンリク・ゾスト(ポーランド) 2:09:39
  アブデラティフ・メフタハ(フランス) 2:09:46
  リー・トループ(オーストラリア) 2:09:49
  ルジェロ・ペルティレ(イタリア) 2:09:53
  エルネスト・ケベネイ(ケニア) 2:10:55

●国内招待選手
  堀端 宏行(旭化成) 2:09:25
  中本 健太郎(安川電機) 2:09:31
  佐藤 智之(旭化成) 2:09:43
  今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  吉井 賢(SUMCO) 2:10:45→欠場
  北岡 幸浩(NTN) 2:10:51
  米田 尚人(コニカミノルタ) 2:11:00
  林 昌史(ヤクルト) 2:11:17
  佐藤 敦之(中国電力) 2:07:13

注目は、昨年9月の世界陸上で7位に入賞した堀端選手と10位になった中本選手、
昨年12月の福岡(日本人2位)からの「追試験」となる今井選手、そして、
前回の北京オリンピック代表だった佐藤敦之選手あたりです。

*3月2日(金)午後9時追記
  佐藤敦之選手はケガで欠場のようです、かなり残念です……。


僕としては今井選手に1番期待しています。とにかく日本人1位になって、
選考を待ちたいところ。

一般参加者選手を見てみると、今年の箱根でエース区間の2区の区間賞を
獲った青山学院大の出岐雄大選手が走るようで楽しみです。

同じく一般参加の尾方剛選手(中国電力)は、これが引退レースとなるとの
報道も以前に目にしていたので、納得のいくような走りとなってほしいです。

ちなみに僕の優勝予想は、愛知製鋼所属のサムエル・ドゥング選手です。
去年のこの大会での、30キロまでのあまりにも優秀過ぎるペースメーカーでの
走りに一気にファンになりました。

初マラソンのようですが、1万メートルが27分48秒、ハーフが1時間0分55秒の
自己ベストとのこと。この優勝予想はひそかに自信がありますdelicious

世界陸上テグ大会 
 7位 堀端 宏行(旭化成)  2:11:52

福岡国際マラソン
  3位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:57
  4位 今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  6位 前田 和浩(九電工) 2:11:46

東京マラソン
  2位 藤原 新(東京陸協) 2:07:48
  6位 前田 和浩(九電工) 2:08:38
(14位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:12:51) 

というのが、これまでの大会の日本人選手の上位結果。

この前の日曜日の東京マラソンの後にこのブログで書いた文章を
コピー&ペーストします。

--------
藤原新選手は代表濃厚で、残り2枠と考えていいかと思います。

来週のびわ湖毎日マラソンで走る堀端選手をひとまず除いて考えると、
現在の2番手争いが川内選手と前田選手でしょうね。

直接対決で1勝1敗、トータル的な順位やタイムで考えると前田選手が上でしょうが、
川内選手は福岡で日本人1位になったという点や、前田選手が福岡でダメだった後の
追試験での東京という点もあり、この評価は難しいでしょうね。

そもそも、福岡の選考レースで日本人1位だった選手が、さらに次の選考レースに
出場するというのが今まで無かったようなことなので、過去の選考と比較することが
できないような感じです。

このびわ湖の結果次第では、誰をどう選んでいいのかがグチャグチャで
分からなくなりそうな状態になるかも。
----------

ということで、とにかく今から日曜日が待ち遠しいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »