« 「アシックス GEL-KAYANO18」での初走り | トップページ | 真っ白な時は風にさらわれて 新しい季節を運ぶ~ »

2012年3月18日 (日)

羽生善治2冠が驚異の4連覇(NHK杯将棋トーナメント)

今日の午前中は、NHK教育テレビ(今は名称は違う?)の

「第61回 NHK杯将棋トーナメント」

の決勝戦を見ました。

羽生善治 2冠(王位、棋聖)×渡辺明 竜王

という、日本全国の中で8千万人は大注目していたであろう決勝戦でしたが、
結果は羽生2冠の勝利。

昨年、史上初のNHK杯3年連続優勝となったのですが、その記録を4年連続に
伸ばしました。また通算10回目の優勝となり、これも自分の持つ単独最多記録
をさらに伸ばして、「名誉NHK杯」の称号も得ました。

NHK杯トーナメントはこの4年間、無傷の20連勝ということで、凄過ぎます。
このNHK杯で羽生2冠に最後に勝ったのは、4年前の長沼洋7段なんですねdelicious

今日の対局は、対局開始からどんどん凄いスピードで
60手か70手くらいまで差し手が進んでいって、てっきり、

「これは千日手になったから、編集で大幅カットして流しているんだな」

と思いながら見ていたのですが、どうやらカット無しだったらしく、
本当にあのスピードで進んでいったようでsmile

最後、羽生2冠が▲2四桂~▲3二銀不成でほぼ必死をかけた場面では、

「先手玉は上が広いからどう見ても詰まなさそうだし、決まったな~」

と思っていたのですが、その後、渡辺竜王が△7三角~△7二角と角を並べて
王手したあたりでは、もしかして詰んだのではないかと思ってしまうくらい、
最後の最後までドキドキする展開でした~。

|

« 「アシックス GEL-KAYANO18」での初走り | トップページ | 真っ白な時は風にさらわれて 新しい季節を運ぶ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/54249576

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生善治2冠が驚異の4連覇(NHK杯将棋トーナメント):

« 「アシックス GEL-KAYANO18」での初走り | トップページ | 真っ白な時は風にさらわれて 新しい季節を運ぶ~ »