« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2012年洞爺湖マラソン」に申し込み! »

2012年3月 1日 (木)

「2012年びわ湖毎日マラソン大会」は日曜日に

3日後の日曜日には「第67回びわ湖毎日マラソン大会」が行われます。
男子マラソンのロンドンオリンピック代表の最後の選考レースとなるので、
今から非常に楽しみです。

選手の右に記載しているのは自己ベスト記録です。

●海外招待選手
  ニコラス・マンザ(ケニア) 2:06:34
  ベカナ・ダバ(エチオピア) 2:07:04
  アブデラ・タブラフェ(モロッコ) 2:08:01
  ヘンリク・ゾスト(ポーランド) 2:09:39
  アブデラティフ・メフタハ(フランス) 2:09:46
  リー・トループ(オーストラリア) 2:09:49
  ルジェロ・ペルティレ(イタリア) 2:09:53
  エルネスト・ケベネイ(ケニア) 2:10:55

●国内招待選手
  堀端 宏行(旭化成) 2:09:25
  中本 健太郎(安川電機) 2:09:31
  佐藤 智之(旭化成) 2:09:43
  今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  吉井 賢(SUMCO) 2:10:45→欠場
  北岡 幸浩(NTN) 2:10:51
  米田 尚人(コニカミノルタ) 2:11:00
  林 昌史(ヤクルト) 2:11:17
  佐藤 敦之(中国電力) 2:07:13

注目は、昨年9月の世界陸上で7位に入賞した堀端選手と10位になった中本選手、
昨年12月の福岡(日本人2位)からの「追試験」となる今井選手、そして、
前回の北京オリンピック代表だった佐藤敦之選手あたりです。

*3月2日(金)午後9時追記
  佐藤敦之選手はケガで欠場のようです、かなり残念です……。


僕としては今井選手に1番期待しています。とにかく日本人1位になって、
選考を待ちたいところ。

一般参加者選手を見てみると、今年の箱根でエース区間の2区の区間賞を
獲った青山学院大の出岐雄大選手が走るようで楽しみです。

同じく一般参加の尾方剛選手(中国電力)は、これが引退レースとなるとの
報道も以前に目にしていたので、納得のいくような走りとなってほしいです。

ちなみに僕の優勝予想は、愛知製鋼所属のサムエル・ドゥング選手です。
去年のこの大会での、30キロまでのあまりにも優秀過ぎるペースメーカーでの
走りに一気にファンになりました。

初マラソンのようですが、1万メートルが27分48秒、ハーフが1時間0分55秒の
自己ベストとのこと。この優勝予想はひそかに自信がありますdelicious

世界陸上テグ大会 
 7位 堀端 宏行(旭化成)  2:11:52

福岡国際マラソン
  3位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:57
  4位 今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  6位 前田 和浩(九電工) 2:11:46

東京マラソン
  2位 藤原 新(東京陸協) 2:07:48
  6位 前田 和浩(九電工) 2:08:38
(14位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:12:51) 

というのが、これまでの大会の日本人選手の上位結果。

この前の日曜日の東京マラソンの後にこのブログで書いた文章を
コピー&ペーストします。

--------
藤原新選手は代表濃厚で、残り2枠と考えていいかと思います。

来週のびわ湖毎日マラソンで走る堀端選手をひとまず除いて考えると、
現在の2番手争いが川内選手と前田選手でしょうね。

直接対決で1勝1敗、トータル的な順位やタイムで考えると前田選手が上でしょうが、
川内選手は福岡で日本人1位になったという点や、前田選手が福岡でダメだった後の
追試験での東京という点もあり、この評価は難しいでしょうね。

そもそも、福岡の選考レースで日本人1位だった選手が、さらに次の選考レースに
出場するというのが今まで無かったようなことなので、過去の選考と比較することが
できないような感じです。

このびわ湖の結果次第では、誰をどう選んでいいのかがグチャグチャで
分からなくなりそうな状態になるかも。
----------

ということで、とにかく今から日曜日が待ち遠しいですhappy01

|

« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2012年洞爺湖マラソン」に申し込み! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/54115853

この記事へのトラックバック一覧です: 「2012年びわ湖毎日マラソン大会」は日曜日に:

« 流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます | トップページ | 「2012年洞爺湖マラソン」に申し込み! »