« 今年初の札幌脱出 | トップページ | 男子マラソン日本歴代10傑 »

2012年2月26日 (日)

藤原新がオリンピック代表濃厚に[2012年東京マラソン]

日本人選手の2時間7分台は、2007年12月の福岡国際マラソンでの
佐藤敦之(中国電力)以来とのことです。

---------
●東京マラソン2012 男子結果

優勝:M.キピエゴ(ケニア) 2:07:37
  2位:藤原新(東京陸協) 2:07:48
  3位:S.キプロティチ(ウガンダ) 2:07:50
  4位:H.ゲブレシラシエ(エチオピア) 2:08:17
  5位:V.ロスリン(スイス) 2:08:32
  6位:前田 和浩(九電工) 2:08:38
  7位:松宮 隆行(コニカミノルタ) 2:09:28
  8位:H.メコネン(エチオピア) 2:09:59
  9位:熊本 剛(トヨタ自動車) 2:10:13
10位:井川 重史(大塚製薬) 2:11:26
11位:黒木 文太(安川電機) 2:12:10
12位:足立 知弥(旭化成) 2:12:35
13位:藤山 哲隆(SUMCO) 2:12:37
14位:川内 優輝(埼玉県庁) 2:12:51
15位:中村 悠希(カネボウ) 2:12:52
16位:幸田 高明(旭化成) 2:13:22
17位:清水 智也(佐川急便) 2:13:35
18位:福井 誠(富士通) 2:14:15
19位:岩井 勇輝(旭化成) 2:14:30 
20位:O.シトコフスキー(ウクライナ) 2:14:33

25キロでペースメーカーが外れた後に、日本人のトップ集団である
第2集団から抜け出した藤原新選手が2時間7分台の好タイムでゴール。
今までの自己ベストが2時間8分40秒だったので、この記録も更新しました。

残り1キロの表示があった地点でたしか2時間4分58秒くらいで、
ここでは「2時間7分台は少し厳しいかな…」と思ったのですが、
最後の1キロが早かったようで、2位のウガンダ選手を抜いて、
さらにトップまでもラストでだいぶ追い上げた形となりました。

藤原新選手は大会で良い時と悪い時がはっきりしていると言われていますが、
今日は良い方の藤原新選手だったようでdelicious

これで藤原新選手はたぶん、4回目か5回目の2時間10分切りになると思います。

今日の結果で、ロンドンオリンピックの代表は濃厚になったでしょうね。

注目の川内選手は、23キロ過ぎあたりで集団から脱落。
ちょっと脱落するのが早過ぎましたね。残念……。

まぁ、あの脱落状況から見たら、後はズルズルと落ちていく一方なのが
普通なのですが、脱落した時の20位くらいの順位から最後は14位まで上げて、
タイムも2時間12分で何とかまとめたあたり、ある意味さすがの安定感という
印象も少しはありましたがsmile

僕が1番応援していた藤原正和選手は、序盤、速いペースの先頭集団に
ついていったのが結果的には失敗でした。「果敢なチャレンジ」と言えば
そうなのでしょうが、落ち着いて後ろの集団で走ってほしかったです。

世界陸上テグ大会 
 7位 堀端 宏行(旭化成)  2:11:52

福岡国際マラソン
  3位 川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:57
  4位 今井 正人(トヨタ自動車九州) 2:10:32
  6位 前田 和浩(九電工) 2:11:46

東京マラソン
  2位 藤原 新(東京陸協) 2:07:48
  6位 前田 和浩(九電工) 2:08:38 

というのが、これまでの大会の日本人選手の上位結果。

藤原新選手は代表濃厚で、残り2枠と考えていいかと思います。

来週のびわ湖毎日マラソンで走る堀端選手をひとまず除いて考えると、
現在の2番手争いが川内選手と前田選手でしょうね。

直接対決で1勝1敗、トータル的な順位やタイムで考えると前田選手が上でしょうが、
川内選手は福岡で日本人1位になったという点や、前田選手が福岡でダメだった後の
追試験での東京という点もあり、この評価は難しいでしょうね。

そもそも、福岡の選考レースで日本人1位だった選手が、さらに次の選考レースに
出場するというのが今まで無かったようなことなので、過去の選考と比較することが
できないような感じですsmile

来週のびわ湖では、世界陸上7位の堀端選手がどういう走りとなるかが注目です。
僕が1番期待したいのはトヨタ自動車九州の今井選手なのですが、
今井選手は福岡で走っていて、川内選手の後、前田選手の前の日本人2位となり、
来週が追試験でのびわ湖となります。

このびわ湖の結果次第では、誰をどう選んでいいのかがグチャグチャで
分からなくなりそうな状態になるかもhappy01

それと、大宮アルディージャの塚本泰史さんが6時間30分くらいで
無事にゴールできたようで嬉しかったです。

|

« 今年初の札幌脱出 | トップページ | 男子マラソン日本歴代10傑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/54081928

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原新がオリンピック代表濃厚に[2012年東京マラソン]:

« 今年初の札幌脱出 | トップページ | 男子マラソン日本歴代10傑 »