« 坂ビスケットと北海道神宮と大倉山ジャンプ競技場 | トップページ | カウンター数がもう少しで50万に »

2012年2月 5日 (日)

「2012年別府大分毎日マラソン大会」の結果

サッカー中継を観ていて、先ほどの午後11時前に眠気がイヤな感じで
一気に覚めてしまった日曜日の夜となりましたが、それはさておき、
本日の正午スタートとなった「第61回 別府大分毎日マラソン」について
書きたいと思います。

この別大マラソン、最大の見所はスタート直後に毎年恒例となっている、

「スタート同時に猛ダッシュをする市民ランナーのおじさん」

なのですが、テレビ中継をするTBS系列はその対抗策として昨年から、

「スタートと同時に上空からのヘリコプター画面に切り替え、そしてすぐにCM」

という方式をsmile

結局、CM明けの1キロ地点で、その謎のおじさんは辛うじて先頭集団の脇にいて、
それから毎年お馴染みのズルズル後退となり、1.5キロ地点あたりで完全にテレビに
映らなくなりました。

そして大会ホームページで確認したところ、結局その猛ダッシュおじさんは
2時間44分で完走という、あいかわらず謎の超エリート市民ランナーですsmile

先頭は、5キロあたり15分15秒~15分25秒くらいのペースで30キロを
通過したのですが、その時点で残っている日本人選手は4人でした。

松村康平(三菱重工長崎)
森脇佑紀(JFEスチール)
荒川丈弘(旭化成)
吉岡玲(ヤクルト)

実は、荒川選手は札幌山の手高校出身、吉岡選手は室蘭大谷高校出身と、
まさかの北海道出身率が50%の展開に。

結果は2人ともに終盤に力尽きて、荒川選手が10位(2時間13分39秒)、
吉岡選手が15位(2時間16分49秒)ではありましたが、両選手にとって、
次に繋がるような価値のある大会となってほしいですhappy01

特に荒川選手は、30キロ過ぎからの積極的な走りは結果的には
失敗だったかもしれませんが、これからも応援したくなるような
姿を見せてくれました。

日本人トップとなった松村選手は山梨学院大学出身、日本人2位となった
森脇選手は神奈川大学出身とのことです。今日の気象条件は好条件だった
ようですが、2人とも2時間11分台のゴールタイムは今後に期待が持てます。

そして優勝したジョロゲ選手(小森コーポレーション)は、
昨年の8月の北海道マラソンでも優勝した選手。

この前の12月の福岡国際で2時間7分台で優勝したダビリ選手も
小森コーポレーション所属ですし、地味に凄いですね。

今回の別大はオリンピック選考レースとはなっていなくて、有力選手は
これからの東京とびわ湖で走るために、メンバー的には寂しい感じで、
あまり期待せずに何となく観ていました。

ただその中で「マラソンでこれから勝負していくんだ」というような選手達の
走りが観られて、思いのほか満足できたマラソン観戦となりましたhappy01

ちなみに猫ひろしさんは2時間30分26秒の、自己ベストを7分ほど更新する
タイムでゴール。

カンボジアに国籍を変えてオリンピックを目指していることに
賛否両論があるようで、僕も何となくの違和感はあるのですが、

前半……1時間14分58秒
後半……1時間15分28秒

という、ほとんど変わらないペースでの走りは単純に尊敬しますdelicious


---------
第61回 別府大分毎日マラソン 結果

優勝:アルン・ジョロゲ(小森コーポレーション) 2:09:38
 2位:セルオド・バトオチル(モンゴル) 2:11:05
 3位:ヤコブ・ジャルソ(エチオピア) 2:11:13
 4位:松村 康平(三菱重工長崎) 2:11:18
 5位:森脇 佑紀(JFEスチール) 2:11:52
 6位:デスタ・ゲブレフィウエト(エチオピア) 2:12:22
 7位:門田 浩樹(カネボウ) 2:12:25
 8位:涌井 圭介(ヤクルト) 2:12:55
 9位:ジェフリー・ハント(オーストラリア) 2:13:19
10位:荒川 丈弘(旭化成) 2:13:39
11位:福山 真魚(九電工) 2:14:10

15位:吉岡 玲(ヤクルト) 2:16:49

33位:田中 貴章(東洋大) 2:26:29

50位:猫ひろし(アミノバイタルAC) 2:30:26

|

« 坂ビスケットと北海道神宮と大倉山ジャンプ競技場 | トップページ | カウンター数がもう少しで50万に »

コメント

こんばんは。
私は今日仕事だったので見ていなかったのですがやっぱりダッシュおじさんは可哀相な結果だったんですね。沿道にいる変な人のように悪いことをしているわけじゃないのだから映しても良いのになと思うんですけどね。

荒川選手は覚えています。4年生の時に10区を走っていた方ですよね。棄権しちゃいましたが、実業団で頑張っている姿を見ると嬉しく思います^^
見ていた父から聞いた話ですが、解説に宗監督がいて、東洋大の田中選手に割と厳しいことを言っていたと聞いたのですが。もっとフルを走るトレーニングをしないと云々と。
しげたさんが載せてくださった順位を見て、上武大の福山選手が出ていたのを知って嬉しくなりました。
猫さんも7分もベストを更新するなんて凄いですねー。

投稿: 苗坊 | 2012年2月 6日 (月) 01時01分

>苗坊さん

こんばんは~。

ダッシュおじさん、映しても良いとは思うのですが、もしかしたら
テレビ局だけの判断では無いのかもと、勝手な推測もしています。

田中選手、箱根の後に右わき腹(?)を痛めたこともあって
練習が満足には出来なかったというような話も実況でしていました。

10キロあたりで早々と遅れたこともあって、宋さんがたしかに
「きっちりとマラソンの練習をして挑んでこそ、貴重な経験に~」
みたいなことを何回か言っていて、田中選手には妙に厳しかったのが
少し気になりましたsmile

ちなみに田中選手は、実業団はNTNに進むらしいです。

荒川選手はどうしても4年前の箱根駅伝のことを思い出してしまいますが、
今シーズンは駅伝でも良い結果を残して、旭化成の期待の選手と
なりかけているようです。これからが楽しみです!

あまり有力選手は走っていなかったのですが、それでも大学時代に
名前を覚えていた選手も結構いて、楽しく観ることができましたhappy01

投稿: しげた | 2012年2月 6日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53913299

この記事へのトラックバック一覧です: 「2012年別府大分毎日マラソン大会」の結果:

« 坂ビスケットと北海道神宮と大倉山ジャンプ競技場 | トップページ | カウンター数がもう少しで50万に »