« 福島県の優勝を予想[2012年全国都道府県対抗男子駅伝] | トップページ | 手稲の浜ちゃんぽん(三八飯店) »

2012年1月22日 (日)

兵庫が2年ぶりの優勝[2012年全国都道府県対抗男子駅伝]

今日、広島県で行われた7区間、48.0キロの
「第17回 全国都道府県対抗男子駅伝」。

首位がコロコロ変わり、最後のアンカー区間まで優勝争いがもつれて、
観ていて非常に面白かったですhappy01

●結果:第17回 全国都道府県対抗男子駅伝
    (2位以降のタイムは、トップとのタイム差)

 優勝:兵庫 2時間20分19秒  
   2位:東京   +22秒 
   3位:熊本 +31秒 
   4位:栃木 +34秒
   5位:愛知 +35秒
   6位:茨城 +58秒 
   7位:大分 +59秒 
   8位:佐賀 +1分17秒 
   9位:福井 +1分33秒 
   10位:埼玉 +1分43秒

   32位:北海道 +4分51秒

3区の一般区間で区間3位の走りをして、9位から2位まで一気に順位を上げたのが、
愛知の三田裕介選手(早稲田大-豊川工)。

高校1年生の頃から話題になっていて、何となくずっと気になっていた選手でした。
早稲田大ではイマイチな結果も多くて、4年生の今年の箱根は出場すらできず
だったのですが、大学の最後の最後に好走してくれて嬉しかったですhappy01

それぞれの中継所のトップが、順番に

兵庫→兵庫→東京→佐賀→熊本→愛知

と目まぐるしく変わって、13キロのアンカー区間に。

トップの愛知との差が、兵庫の竹澤選手(エスビー食品)が26秒差、
栃木の宇賀地選手(コニカミノルタ)が45秒差ということで、どんな結末に
なるのかなと思いましたが、竹澤選手はさすがの走りでした。

宇賀地選手も良く追い上げたのですが、残念ながら届かず。

贅沢を言えば、兵庫がもう20秒ほど遅く、栃木と同じ位置くらいで
タスキ渡しをしてくれれば、東京の若松選手も合わせて最後の直線まで
失神ものの優勝争いとなっていたかもしれませんねsmile

この7区では、区間賞が竹澤選手、区間3位が宇賀地選手だったのですが、
その間の区間2位に入ったのが、岐阜の20歳の宮脇選手(トヨタ自動車)。

この前のニューイヤー駅伝でも3区で区間賞(区間新)を獲った、
1万メートルの自己ベストが27分41秒のこの宮脇選手、
これから日本のエースに育ってほしいです。

5区の8.5キロの高校生区間も見応えがありました。

昨年末の全国高校駅伝の「華の1区」で区間賞を獲った
熊本の久保田選手(九州学院)が、今日も圧倒的な区間賞で、
順位を13位から1位に一気に上げました。

久保田選手は青山学院大に進学予定とのことで、
今後も非常に楽しみです。

北海道は、1区の小椋選手(札幌山の手高)が21位、トップと34秒差という
なかなかの走り。ただ2区の中学生区間で、35位まで落としてしまいました…。

しかし、ここで3区の菊地選手(明治大-室蘭大谷高)が、
区間12位の好走で、9人抜きの26位に浮上。

この前の箱根駅伝でも、エースが集まる2区で区間5位の走りでしたし、
まだ3年生なので非常に頼もしいです!

4区以降も何とか耐えていたのですが、結局は32位。去年は42位だったので、
それよりは良かったのですが、29位でもいいので20位台を期待していたため
満足度は半分くらいですsmile

それと、昨日のこのブログで「福島の優勝を予想」と書いたのですが、
結果は予想外の34位。

最後は、アンカーの今井正人選手(トヨタ自動車九州)が41位から34位に
上げる走りでしたが、この位置だったので、スタートとゴールくらいしか
テレビに映らずに残念でした。

●区間賞

1区 中谷 圭佑(兵庫・西脇工高)
2区 山口 竜矢(広島・向丘中)
3区 出口 和也(茨城・旭化成)
4区 室井 勇吾(大分・日本文理大付高)
5区 久保田 和真(熊本・九州学院高)
6区 永井 拓真(茨城・泉丘中)
7区 竹澤 健介(兵庫・エスビー食品)

|

« 福島県の優勝を予想[2012年全国都道府県対抗男子駅伝] | トップページ | 手稲の浜ちゃんぽん(三八飯店) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53796285

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫が2年ぶりの優勝[2012年全国都道府県対抗男子駅伝]:

« 福島県の優勝を予想[2012年全国都道府県対抗男子駅伝] | トップページ | 手稲の浜ちゃんぽん(三八飯店) »