« 今年の年間走行距離が1200キロを突破 | トップページ | オリコンの2011年のCDシングル年間ランキング »

2011年12月19日 (月)

防府読売マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が2位に

このブログのアクセス解析を見てみると、
昨日から今日にかけて、

「別府マラソン 結果」

のような感じで検索してこのブログに辿り着いた方が、
20人ほどいるようです。

例年、2月の上旬に大分県で行われる「別府大分毎日マラソン」に関しては
このブログでだいたい毎年、テレビ中継を観た感想を書いていますが、
たぶん、昨日から今日にかけて検索してきた人の目的はこの大会では無くて、
昨日の日曜日に山口県で行われた、

「防府読売マラソン」

について調べたかったけど、山口の防府と大分の別府を勘違いした人が
大半だったものと推測されます。

昨日のその防府読売マラソンでは、公務員の市民ランナーとして有名となった
川内優輝選手(埼玉県庁)がフルマラソンを走ることで、話題となっていました。

昨日の結果は、

優勝 セルドア・バトオチル(モンゴル) 2:11:56
  2位 川内優輝(埼玉県庁) 2:12:33

とのことでした。

この前の福岡国際マラソンのフルで2時間9分57秒で走って日本人トップと
なってから、わずか2週間の間隔でのフルマラソン連戦。

さらに、来年2月下旬の東京マラソンをメインレースとして考えて、
今回の防府も「貴重な練習」というような位置づけで走ったようですが、
それで2時間12分台でゴールするのだから、抜群の安定感でスゴイですsmile

9月3日の韓国での世界陸上でフルマラソンを走ってから、

10月30日 大阪マラソン(フル)
12月  4日 福岡国際マラソン(フル)
12月18日 防府読売マラソン(フル)

と3本のフルを走って、そして、スポーツ新聞によると今後の予定が、

1月  8日 谷川真理ハーフマラソン(ハーフ)
1月29日 奥むさし駅伝(距離は不明)
2月  5日 香川丸亀国際ハーフマラソン(ハーフ)

などの大会に出場して、そして2月26日の東京マラソンのフルで、
2時間7分台を目標にして、オリンピック代表を目指すとのこと。

凄い過密日程のように思えるかもしれませんが、ランニングにそれなりに
本格的に取り組んでいる一般の市民ランナーの感覚でいけば、福岡と防府の
中13日でのフル連戦にちょっとだけ躊躇する以外は、この日程は別に厳しいとは
思わない人も多いかもしれませんね(各地の大会に出るための移動を抜きにして
考えたらですが)。

まぁ、川内選手を「一般の市民ランナー」と呼んでいいのかどうかは
分かりませんが、2月26日の東京マラソンまでの過程と、東京の本番が
今から楽しみですhappy01

|

« 今年の年間走行距離が1200キロを突破 | トップページ | オリコンの2011年のCDシングル年間ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53522597

この記事へのトラックバック一覧です: 防府読売マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が2位に:

« 今年の年間走行距離が1200キロを突破 | トップページ | オリコンの2011年のCDシングル年間ランキング »