« 一生に一度は行きたい世界遺産 | トップページ | 防府読売マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が2位に »

2011年12月18日 (日)

今年の年間走行距離が1200キロを突破

今日は競馬中継の朝日杯フューチュリティステークスを観たあと、
夕方4時前から10キロほどのランニングをしてきましたrun

12181

昨日の夜あたりに少しまとまった雪snowが降ったようで、
今日はツルツル路面の状態が解消されていました。

今日の夕方4時の札幌市の気温はマイナス4.1℃ということで、
たしかに走り出す前は寒さを感じましたが、風もほとんど無く、
今の冬の時期としては、かなり快適な条件での雪道ランニングとなりましたhappy01
12182_2

西野神社の前を過ぎて、さらに上っていきました。

本来は平和の滝まで行きたかったのですが、最後の急な坂を
下るのが怖かったので断念して、その手前の橋で折り返しました。
12183 

ジョグノートの記録によると、今日の10キロの走りを加えて、
今年の年間走行距離が1206キロになりました。

  1月   22キロ
  2月   44キロ
  3月   67キロ
  4月 125キロ
  5月 142キロ
  6月 154キロ
  7月 161キロ
  8月 195キロ
  9月 131キロ
10月 109キロ
11月   35キロ
12月   21キロ

の計1206キロ。

年間の走行距離が1200キロになると、1ヶ月間の平均の走行距離が
計算上では100キロとなるので、完全に単なる気分的な問題なのですが、
ここを超えることができたのは嬉しい限りですhappy01

とにかく1年間、特に大きな故障や体調不良も無く走り続けられたので、
自画自賛で自分で自分を褒めておきます~。

-----------
第31回 全日本実業団女子駅伝2011 宮城県 結果

優勝 第一生命 2:17:17 
2位  パナソニック  2:18:15
3位  積水化学  2:18:25
4位  天満屋  2:18:32
5位  デンソー  2:18:40
6位  ワコール  2:18:44
7位  ダイハツ  2:18:55
8位  京セラ  2:19:15
9位  スターツ  2:19:40
10位  ユニバーサルエンターテインメント  2:19:41

20位  ホクレン  2:21:52

1区の第一生命の尾崎好美選手が区間賞を獲得してトップでタスキを渡し、
そして2区で差を広げて、そのまま全区間で1位でタスキ渡しを行う、
完全優勝となりました。

この完全優勝は、1994年のリクルート以来、17年ぶりとのこと。

まぁ、観ている側としては、この「完全優勝」というのはある意味、
駅伝において最も避けてほしい展開ではあったのですがsmile

事前に3強と言われていたのが、この第一生命の他に天満屋と豊田自動織機
だったのですが、豊田自動織機は12位で、天満屋も5区と6区で追い上げて
4位にはなりましたが、お互いにあまり見せ場も作れずに、意外な結果となりました。

「3枚看板は揃っているので…」という前評判があったパナソニックが、
チーム過去最高順位の2位に。エース区間の3区で区間4位となった
吉川美香選手は、僕の中の「胸きゅんアスリート」の1人ですdelicious

北海道のホクレンは、予想通り(?)1区と2区で出遅れて、
3区の赤羽由起子選手に21位でタスキ渡しとなりました。

そして期待の赤羽選手も、予想外の区間21位の走りとなって、
1つ順位を上げただけの20位でのタスキ渡しに。

結局、その後もほとんど順位変動は無かったようで、20位でのゴール。
何とか1ケタ順位をと期待していたので、残念な結果となりました……。

--------
区間賞

1区 尾崎好美(第一生命)
2区 松崎璃子(積水化学)
3区 杉原加代(デンソー)
4区 F.ワンジュグ(ユニバーサルエンターテインメント)
5区 重友梨佐(天満屋)
6区 田中智美(第一生命)

|

« 一生に一度は行きたい世界遺産 | トップページ | 防府読売マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が2位に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53514642

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の年間走行距離が1200キロを突破:

« 一生に一度は行きたい世界遺産 | トップページ | 防府読売マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が2位に »