« 平和の滝までのランニング | トップページ | 中日ドラゴンズが2連勝!! »

2011年11月12日 (土)

コンサドーレ札幌と中日ドラゴンズが勝利!

今日は、サッカーJ2リーグの「コンサドーレ札幌×大分トリニータ」の試合と、
プロ野球日本シリーズ第1戦の「ソフトバンクホークス×中日ドラゴンズ」の試合が
ともに午後1時開始で、両方ともテレビ中継がありました。

コンサドーレ札幌と中日ドラゴンズファンの僕にとって、どうしようか悩みましたが、
午後3時まではサッカー中継に集中して、その後、野球中継に切り替えることに
したのですが、その作戦が大成功でしたsmile

------
サッカーJ2リーグ 第35節 札幌厚別

コンサドーレ札幌 2-0 大分トリニータ

得点:前半  8分 内村(札幌)
     後半35分  古田(札幌)

というわけで、現在4位の札幌が無事に勝利。

3位の徳島との昇格争いの中で、得失点差も微妙に絡んでくるかもという感じなので、
前半の終了間際、ジオゴか砂川のシュートが入っていれば4点、5点の大量得点も…、
という感情もありますが、後半には危険なシーンもいくつかあったので、とにもかくにも
勝ち点3を獲得できて良かったですhappy01

その3位の徳島は、アウェーで8位の栃木と対戦だったので、
かなり栃木には期待していたのですが、「栃木0-1徳島」という結果に。

まぁ、とりあえず今日は難しいことは考えずに、勝利の喜びに浸ります~。

-------
プロ野球  日本シリーズ第1戦  福岡

         1 2 3 4 5 6 7 8 9  10  計  
  中日    0 0 0 0 0 0 1 0 0 1  2
ソフトバンク    0 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1

勝ち:浅尾
セーブ:岩瀬
負け:馬原

ホームラン
 中日:和田1号(7回表ソロ)、小池1号(10回表ソロ)

そんなわけで、コンサドーレ札幌の勝利を見届けた後、
午後3時から野球中継に切り替えました。

ちょうど、6回裏のソフトバンクの攻撃が終了したあたりでした。

この6回まで中日はノーヒットで、中日の先発のチェンも4回くらいまでは
不安定な内容だったとのことで、中日ファンの人からのメールによると、
ここまではとても、中日が勝てそうな雰囲気は無かったようです。

しかし、僕が中継を見出してから10分ほどで、中日の和田が、
ソフトバンクの先発和田から同点ホームラン。

これがチームの初ヒット。何か、自分が「勝利の女神おっさん」なんじゃないかという、
そんな錯覚を抱きましたsmile

そして、延長10回表2アウトランナー無しから、小池が決勝ホームラン。

「今年の交流戦の時、小池はオリックス戦でサヨナラホームランを打ってたよな~」

と、小池がバッターボックスに入った時に思い出して、少しだけ「まさか」を期待は
してはいたのですが、本当に打つとは、実際は全く想定はしていませんでしたdelicious

9回裏の守備の、荒木の悪送球には軽い殺意すら覚えましたが(ウソです)、
あそこのサヨナラのピンチを浅尾が良く抑えてくれました。

明日の先発は、吉見と摂津でしょうかね。また勝利を祈ります!

|

« 平和の滝までのランニング | トップページ | 中日ドラゴンズが2連勝!! »

コメント

といふことで久々です。でもしばらくコンサの話題が出ても潜伏状態
だったのは、厚別に見に行ってこのかた一度も勝ち試合を一緒に観た
記憶がない叔父さんと共にこの試合を見に行くことが決まっていたことから
静かにしていたわけで。
 まずはレス的部分を書いてから、行った人ならではのエピソードを少し。

>ジオゴか砂川のシュートが入っていれば4点、5点の大量得点も…、
まあそれ以前に主審がJFAアカデミー糞審レベルの掃き違い逆ジャッジを
連発していた(ちんちくりんタイプだった)上にメインスタンド側の副審が
全く動きもせず(あまつさえ前に出すぎていた田坂和昭監督に遠慮するかの
ような位置取りで)ミスジャッジを繰り返し田坂監督らトリニータ側の恫喝に
屈するケースも多くて観てる分にはヒヤヒヤしたものですが(その応対に素早く
アジャストした札幌が展開を引き寄せ、逆に雑なままだった大分(特に交代して
入った藤川)に2枚のカレーとキムチが進呈された時点で勝負は決したのかと)。
 ジオゴのキープとサイドから繰り出すスルーパス、ポストプレイは
かなり効いていました。シュート出来たシーンは余裕ありすぎて上がってきた
のが宮沢だった不幸、砂川のミドルはあそこで試合をキチンと切る上では
(展開として)有効だったかと。

>かなり栃木には期待していたのですが、
栃木は前の試合4-0で復調したばかりだったので、三枚落ちの徳島相手
ではちょっと終戦モードになってて難しい状態だったかと。

 といったところで、行った人ならではのエピソード。
 ちょうどSSのあたりで観ていたのですが、ピッチ解説でもお馴染みの
(札幌・大分ともにOB、という立場でもあったりするのだけど)
川合孝治さんが息子と娘さん連れて観戦しておりまして、試合後(傍目で
コアサポ方面観てたけど、勝利の「すすきのへ行こう」がパワーアップ
してる感じで、なんか凄味を感じた)のウォーク・ランの時に川合さんが
(子どものために)ジオゴに「(スタンドに投げ込むプレゼント用の)
ボールちょうだい」と要求。それに対して通訳なしに「(もう)ない」と
率直に応えるジオゴ萌え。
(まあその前ジオゴに声かけしたけどタイミングが遅くて子どもにねだられて
もう一度声をかけたらそうなった、って展開もなかなか眼福だったのですが)
 その他ソダンや何人かに気さくに声をかける川合さんのコールも含めて
試合後も十分楽しめた今年の聖地厚別の最終戦、でした。

投稿: torov | 2011年11月12日 (土) 22時56分

>torovさん

厚別観戦、お疲れさまでした!

そして、torovさんの叔父さんの暗黒伝説(?)に終止符が打たれて
何よりの結果でしたsmile

前半は特に、両サイドも何度も上手く突破出来ている感じで、
観ていて楽しかったです。

前半でさらに追加点を取れていれば、もっと楽な展開にとは思いましたが、
とにもかくにも勝ち点3を獲得できてほっとしました。

大分の藤川の2枚目のイエローはラッキーでしたが、岩沼が
仕掛けた結果で誘発したイエローということでdelicious

試合会場に行くと、生観戦ならではのあれこれの楽しみがありますよね~。
川合さんは、最終戦のFC東京戦で、HBCラジオでの解説を務めるとのこと
(違ったかもしれませんが)。

来週、さらに良い結果となるように、今から祈っておきます♪

投稿: しげた | 2011年11月12日 (土) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53227027

この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌と中日ドラゴンズが勝利!:

« 平和の滝までのランニング | トップページ | 中日ドラゴンズが2連勝!! »