« ソフトバンクが日本一に | トップページ | 昨日の札幌市は真冬日に »

2011年11月21日 (月)

「2011年横浜国際女子マラソン」は木﨑良子が優勝

昨日の日曜日の昼間は、正午過ぎにスタートとなった「第3回 横浜国際女子マラソン」
のテレビ中継をずっと観ていました。

昨日はサッカーJ2リーグのコンサドーレ札幌の試合が午後1時開始だったので、
テレビでマラソン中継を観ながら、パソコンの画面でJ's GOALの速報ページを
気にしていましたが、最後は悪夢でした………。

それはさておき、マラソンの方は非常に見応えがありました。

スタートの気象条件が気温22℃、湿度56%ということで、
今の時期のマラソンとしては厳しい条件でした。

その影響かどうかは分かりませんが、25キロまで走る予定のペースメーカーが、
20キロ手前で3人とも全滅という、予想していなかった展開に。

たしか38キロあたりまで、

・木﨑良子(ダイハツ)
・尾崎好美(第一生命)
・マーラ・ヤマウチ(イギリス)

の3人のトップ集団で競り合い、そこからヤマウチ選手が遅れ、
そして40キロ過ぎで尾崎選手がスパート。

「これで決まったかなぁ~」

と思ったのですが、10~15メートルくらいまでは離しながらも、
そこからは木﨑選手が粘り、その差が開かず、縮まらずのような感じでした。

そして残り1キロくらいで木﨑選手が差を詰めて、ついに追いつき、
そこからの木崎選手のラストスパートで勝負が決まりました。

最後の最後まで観ていてドキドキするような、素晴らしい優勝争いでしたhappy01

この大会は、来年のロンドンオリンピックの選考レースとなっていました。

気象条件が厳しかった分、タイムはそれほど良くありませんでしたが、
2年前の世界陸上の銀メダリストと、3年前の北京オリンピックの6位の選手との
優勝争いを制したので、内容的なインパクトは強そうですね。

2011年  8月 世界陸上(赤羽選手が5位)
2011年11月   横浜国際女子マラソン
2012年  1月 大阪国際女子マラソン
2012年  3月 名古屋ウィメンズマラソン

の4つの大会での成績上位者から代表3人を選考するということで、
ホクレンの赤羽さんの世界陸上5位という結果が、どのくらいの評価の位置と
なるのかも気になりますが、このオリンピック選考レースのシーズンは、
男女とも非常に楽しみな選考レースが続きます。

次は、2週間後の12月4日の「福岡国際男子マラソン」です。

●第3回 横浜国際女子マラソン 結果

1位 木﨑 良子(ダイハツ) 2:26:32
2位 尾崎 好美(第一生命) 2:26:49
3位 マーラ・ヤマウチ(イギリス) 2:27:24
4位 永尾 薫(ユニバーサルエンターテインメント) 2:29:43
5位 カルマ―(南アフリカ) 2:29:59
6位 グタ(エチオピア) 2:32:26
7位 吉田 香織(アミノバイタルAC) 2:33:14
8位 藤田 真弓(十八銀行) 2:35:12
9位 コスゲイ(ケニア) 2:35:26
10位 ステツェンコ(ウクライナ) 2:35:44 

|

« ソフトバンクが日本一に | トップページ | 昨日の札幌市は真冬日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53301809

この記事へのトラックバック一覧です: 「2011年横浜国際女子マラソン」は木﨑良子が優勝:

« ソフトバンクが日本一に | トップページ | 昨日の札幌市は真冬日に »