« ランニング大会の参加賞 | トップページ | 中日ドラゴンズが日本シリーズ進出決定!! »

2011年11月 6日 (日)

駒澤大学が優勝[2011年全日本大学駅伝]

今日は午前8時から、テレビ朝日系列で放送された「第43回 全日本大学駅伝」の
中継を午後1時半過ぎまでずっと観ていました(8区間 106.8キロ)。

1区の先頭争いは混戦で2区に入ったのですが、2区の駒大の1年生の
村山謙太選手がその先頭争いを抜け出して2位以下に差をつけて、
そして3区から5区まで、3区間連続で駒大の選手が区間賞を獲得。
5区が終わった段階で、2位の東洋大との差は2分8秒に。

結局、7区から8区のアンカーへのタスキ渡しの時点では、
1位の駒大と2位の東洋大の差は1分40秒差。

とここまでは、あまり面白みのない展開だったのですが、
最長の19.7キロの、この最後のアンカー区間が白熱しました。

駒大が窪田忍選手、東洋大が柏原竜二選手。

知名度なら断然柏原選手でしょうが、駒大の2年生の窪田選手は、
1年前の全日本から箱根、そして1ヶ月前の出雲と、3大会連続で
区間賞を獲得している選手。

今の状態ならむしろ、窪田>柏原かなぁ~と思っていたのですが、
柏原選手がスタートから徐々に追い上げていって、残り4キロで
30秒差くらいまでに詰めた時には、「もしかして?」との期待も持ちました。

最後は結局、33秒差で駒大の逃げ切りとなりましたが、
さすが柏原選手、見せ場を作りましたhappy01

この区間の個人記録は、

1位 柏原 竜二(東洋大) 57:48
2位 G.ベンジャミン(日本大) 58:34
3位 窪田 忍(駒澤大) 58:55
4位 村澤 明伸(東海大) 59:10
5位 平賀 翔太(早稲田大) 59:52

ということで、駒大は、アンカーが窪田選手じゃなかったら、
逆転されていたかもしれませんね。

柏原選手が今日の調子で、箱根の5区の山登りに挑めば、
かなり楽しみな走りが観られそうな期待が。

今日の結果は、

1位 駒澤大 5:15:46
2位 東洋大   5:16:19
3位 早稲田大  5:21:06
4位 日本大   5:21:54
5位 中央大   5:22:21
6位 上武大   5:23:44
--------
7位 東海大   5:24:26
8位 明治大   5:26:22
9位 青山学院大  5:27:55 
10位 城西大  5:30:55

21位 札幌学院大  5:49:46

25位 北海道大  6:06:16

というわけで、学連選抜の2チームを含めて27チームが参加したのですが、
学連選抜はオープン参加扱いになるので、チーム順位としては25チームの
中での争いとなりました。

札幌学院大は、去年と同じく21位。1区で15位でタスキを渡した時は、
過去最高順位の19位の更新の夢を見たのですが、ちょっと残念でした。

そして北大は、予想通りとは言え、結果としては最初から独走の最下位。

区間記録の個人順位は学連選抜の選手も含めるため、
各区間の27人での順位となるのですが、北大は1区から、

27位→27位→27位→27位→27位→27位→25位→26位

ということで、意地悪な見方をすれば、6区までは逆完全制覇だったのですが、
7区の選手が殊勲の走りでしたsmile

まぁ、実力の差はどうしようもなくて、気持ちでどうこうできる問題ではないのですが、
この全国の舞台での経験と、それに向かって準備したこの何か月かを貴重なものと
して、今後の北海道内の長距離界のレベルアップに、ほんの少しでもいいので、
繋げていってほしいです(なぜか偉そうな上から目線)。

それと、細かい説明は省略しますが、普段は1枠の北海道地区代表で、
北海道予選2位の北大が出場できたのは、昨年のこの大会の結果による
「地域枠増」があったのですが、今年の該当地区のトップ争いで、

22位 新潟大学 5:52:46(北信越地区)
22位 広島大学 5:52:46(中四国地区)

と、途中から繰り上げスタートの連続で訳が分からなくなるも、
終了後に結果を出してみたら、6時間近く走って、ぴったりと
1秒も違わないという結果にsmile

これは、どうなるんでしょうかね~。

その他で気になったのは、この大会は6位までが来年の大会のシード権を
獲得となるのですが、その6位に、この大会初出場の上武大学が。

6区の渡辺選手が、区間賞まであと3秒までと迫る区間の2位の力走で、
順位を8位から一気に4位まで上げたのは、びっくりしました。

ゴール後の選手たちの喜び方は、観ているこっちも嬉しくなりました。

それと、エース区間と言われている2区で区間賞を獲得した、
青山学院大の出岐選手の走りも、非常に印象に残りましたhappy01

-------
第43回全日本大学駅伝 区間賞

1区 田村 優宝(日本大)
2区 出岐 雄大(青山学院大)
3区 油布 郁人(駒澤大)
4区 上野 渉(駒澤大)
5区 久我 和弥(駒澤大)
6区 山本 憲二(東洋大)
7区 高瀬 泰一(駒澤大)
8区 柏原 竜二(東洋大)

|

« ランニング大会の参加賞 | トップページ | 中日ドラゴンズが日本シリーズ進出決定!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53177783

この記事へのトラックバック一覧です: 駒澤大学が優勝[2011年全日本大学駅伝]:

« ランニング大会の参加賞 | トップページ | 中日ドラゴンズが日本シリーズ進出決定!! »