« 「2011年札幌マラソン」の完走証 | トップページ | 今年の年間走行距離 »

2011年10月24日 (月)

八重樫東が世界チャンピオンに![ボクシングWBA世界ミニマム級]

8回途中、カウンターを貰って腰を落とした後はゴングが鳴るまで
とにかくヒヤヒヤしましたが、9回に良く立て直して、そして10回の
TKO勝利に結びつけましたpunch

--------
●ボクシング WBA世界ミニマム級タイトルマッチ

チャンピオン  ポンサワン・ポープラムック(タイ)×挑戦者  八重樫 東(大橋)

【結果:八重樫が10R2分38秒TKO勝ちで新王者に】

世界戦という観点から考えて、レベルが高い試合だったのかそうでなかったのか、
僕には分かりません。

しかしそんなことはどうでも良くて、観ていて非常に興奮しました。
そして最高の結末がhappy01

相手のタイのチャンピオン、打たれ強過ぎるというのか何というのか、
とにかく死闘となりました。

八重樫の所属ジムの会長である、元世界チャンピオンの大橋秀行会長が、
1993年2月の世界戦で負けて失ったベルトが、このWBAのミニマム級のベルト
(当時の名称はストロー級)。

それを18年ぶりに取り戻した形になりました。

ちなみに、その18年前に大橋会長からベルトを奪った相手は、
タイのチャナ・ポーパオイン。懐かしい名前ですdelicious

|

« 「2011年札幌マラソン」の完走証 | トップページ | 今年の年間走行距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53076307

この記事へのトラックバック一覧です: 八重樫東が世界チャンピオンに![ボクシングWBA世界ミニマム級]:

« 「2011年札幌マラソン」の完走証 | トップページ | 今年の年間走行距離 »