« 再び3位に浮上して残り6試合に![コンサドーレ札幌] | トップページ | 明日からクライマックスシリーズ »

2011年10月27日 (木)

プロ野球:ドラフト会議2011

今日はプロ野球のドラフト会議がありました。

我らが中日ドラゴンズは、高校生ナンバーワン野手と言われている
東海大甲府高校の高橋周平(内野手)を1位指名。

ヤクルト、オリックスとの競合になりましたが、見事にクジを当てて交渉権を獲得。

本人も、どうやら喜んでくれているようなので一安心ですhappy01

さすがに、高卒1年目から一軍でバリバリに活躍というのは難しいでしょうが、
3年後くらいに、井上一樹新監督(?)の元でブレークしてくれるのを、今から
楽しみにしています。

それと日ハムは、菅野という東海大の投手を「強奪」したらしいです。
ただ単にルールに従って指名しただけですがsmile

そして、おそらく最も注目されていたであろう藤岡貴裕(東洋大)は、
3球団競合の末、ロッテが交渉権を獲得。

何日か前のスポーツニュースで、小学生時代に、自宅の庭に父親が砂を盛って
マウンドを作って、そこで父子でキャッチボールをして練習していたというエピソード
を見ました。

そして「どのチームでも行きたい」と言って、ドラフト後にはロッテに決まって
嬉し涙を流す映像を見て、非常に応援したい選手となりました。

その藤岡をクジで外した楽天が、外れ1位でJR北海道の武藤好貴を指名。
「日ハムが3位か4位くらいで指名するのではないか」という話はあったのですが、
他のチームが外れとはいえ1位で指名したのは、ちょっとびっくりでした。

武藤は、2004年の札幌藻岩高校時代の2年生の秋に、北海道大会の決勝まで
行って、春のセンバツ甲子園まであと一歩まで迫った時のエース投手だったので、
ずっと何となく名前は覚えていたんですよね。

決勝の相手が、その前の夏の甲子園で全国優勝(V1の方)した駒大苫小牧高校
だったので、あと一歩で甲子園は行けませんでしたが。

その代の駒大苫小牧高校のメンバーが、夏の甲子園のV2メンバーで、
田中将大は武藤の1つ下になるんですね。

その後、中京大学に進学して、それからJR北海道に入社して今年で2年目。
今年はJR北海道がいろいろあったためほとんど大会に出場できていないので、
気にはなっていたのですが、無事に指名されて良かったです。

北海道関係は、今年はたぶん武藤1人だったかもしれません。

北海道生まれだけど、高校は北海道以外の高校という選手も
結構いるので、そこら辺は明日の北海道新聞の朝刊をチェック
したいと思います。

|

« 再び3位に浮上して残り6試合に![コンサドーレ札幌] | トップページ | 明日からクライマックスシリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/53098836

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球:ドラフト会議2011:

« 再び3位に浮上して残り6試合に![コンサドーレ札幌] | トップページ | 明日からクライマックスシリーズ »