« 「2011年ピパオイヘルシーロードレース」のゼッケン引換証 | トップページ | 「2011年北海道ロードレース」に申し込み »

2011年9月11日 (日)

コンサドーレ札幌が2位浮上!!(+播戸竜二が凄い)

今日、午後1時からキックオフのコンサドーレ札幌の勝利により、
夕方のランニングも、非常に気分良く走ることができましたrun

--------
サッカーJ2リーグ 厚別競技場

コンサドーレ札幌 1-0 栃木SC

得点 前半5分 ジオゴ(札幌)

この試合が始まる前まで、暫定の順位で2位だった栃木を相手に勝利して、
暫定6位だった札幌が、これで一気に2位に浮上!!

   勝点 得失点差    
1位    45     +23     FC東京
2位    43     +  9     コンサドーレ札幌
3位    42     +11     徳島ヴォルティス
-----------------
4位    42     +11     栃木SC
5位    41     +  9     ジェフユナイテッド千葉   
6位    40     +15     サガン鳥栖
7位    37      - 1     ギラヴァンツ北九州

夕方の道内のNHKニュースの映像を観ると、
後半のロスタイムあたりに、
-------
手前でワンバウンドする、難しいミドルシュートをGKのイ・ホスンが触って、
それがゴールポストに当たって弾かれて、その後のゴチャゴチャの混戦で
ゴールにボールが入りそうになるも、高木純平がギリギリで掻き出して、
さらにゴチャゴチャとなりながらも、何とか耐えた。
-------

という、もし現場で観ていたら、寿命が3年くらいは縮まったような
シーンがあったようで。

今日の入場者数は10,110人ということで、厚別での1万人超えは、
はっきりとは分かりませんが、かなり久しぶりではないでしょうか。

だいたいは、「お客さんがたくさん入った試合では負ける」というのが
札幌の定番だったのですがdelicious

大混戦の昇格争いとなっていますが、次の週末までの1週間、
「昇格圏内の2位」の状態を楽しめますなsmile

コンサドーレ札幌は、1997年と2000年と2007年にJ2リーグで1位となって
J1リーグ昇格を果たしたわけですが(1997年はJFL→Jリーグ)、
その中の2000年は、

「エメルソンと播戸竜二の2トップ」

が昇格の大きな要員となりました。

当時は21歳だった播戸も、今は32歳(先月の8月が誕生日)。
その播戸が今、あまり話題になってはいないかもしれませんが、凄い状況にhappy01

昨日、長居で行われた試合で、

セレッソ大阪 5-4 サンフレッチェ広島

という結果の試合で、セレッソ大阪に所属の播戸が
後半の頭から途中出場して、

後半10分
後半12分
後半32分

にゴールを決めてのハットトリックで、前半の「0-3」の状態からの
逆転劇の立役者に。

これだけではなくて、3週間前の8月21日の清水エスパルス戦はもっと凄くて、
後半28分からの途中出場で、

後半31分(PK-自分が倒されて得たもの)
後半32分
後半42分

のハットトリック。

こんな播戸と来年、J1の舞台で対戦できるかもという妄想で、
今は頭の中が一杯ですsmile

-------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 0 0 0 1 0 0 0  × 1

勝ち:ネルソン(7勝13敗0S)
セーブ:岩瀬(0勝1敗27S)
負け:高崎(4勝12敗0S)

中4日登板の先発のネルソンが7回までをゼロで抑えて、
これで自身の9連敗をストップさせて、久しぶりの勝利。

9連敗と言っても、内容的には「6勝3敗」くらいでも別に不思議は無いくらいの
先発でのピッチングで、今日も結局は、

「お前はゼロに抑えなければ勝てないんだ」

という、味方の中日打線からの試練をいつも通りに与えられてはいましたが、
とにかくネルソンに白星がついて一安心です。

現在は2位で、首位のヤクルトとは5ゲーム差ですが、
まだまだ逆転優勝を強く祈っていますhappy01

|

« 「2011年ピパオイヘルシーロードレース」のゼッケン引換証 | トップページ | 「2011年北海道ロードレース」に申し込み »

コメント

どうも。球蹴りの話になると最近は出て来る感じですが、torovです。
爆睡してて、起きたら、勝ってました、コンサドーレ。

>厚別での1万人超えは、かなり久しぶりではないでしょうか。
ものの話によると2008年の(当時J2にいた)神戸戦以来だとか。

>播戸が今、あまり話題になってはいないかもしれませんが、凄い状況に
概して「神戸で辛抱した選手は大成する」(岡野しかり、カズしかり、
そして結局揉めて神戸を出たバンド然り)のですが、今回の
ポイントは先日の札幌ドームで「Going」絡みで来てた
くりぃむしちゅー上田を前に生実況やってた前フリも含めて、
全て清武絡みのセットで語られているあたりが興味深い。
(そしてどうせ馬鹿試合をやるなら調子こいてチャラチャラしてる
広島に、といふマッチアップだったのもポイント)
 ピンポン乾と抜けたクルピのセレッソが、DF茂庭の負傷退場を
きっかけに動いたスコアの中で、ファビオロペスを起点に清武と
バンドでしっかりゴールラッシュしてしまったあたりが痛快。

 負けが込んできた川崎F、浦和といった動きの中で浦和が結局
「柱谷(モンデナイヨの方の幸一)GMから解任」という斜め上の
切り札を切ってきたことも含めて、やはり今年もJリーグの9月は
カオスだなあと。
(ちなみに昨年のこの頃は三浦(みうみう)が神戸の監督を解任
されて和田監督になり「奇跡の残留」を果たすまでのフラグが
立ち始めたのがちょうどこの時期でした)

投稿: torov | 2011年9月12日 (月) 06時08分

昨日は現地にいましたので声ががらがらです。
ロスタイムが6分あると分かった時点で
いやな予感がしました・・・。
例のシーンは遠くの席にいたのであまり見えませんでしたが、
ものすごい悲鳴が聞こえてゴール前がごちゃごちゃしたので
一瞬やられたかと思ったんですが、その後ボールがクリアされ拍手が聞こえてきて非常にほっとしました。

いやいや2位です。シーズン序盤には考えもつかない順位まできました。
今週末まではとりあえず浮かれます。

投稿: マァンキー | 2011年9月12日 (月) 06時41分

>torovさん

起きたら札幌が勝って2位になっていたとのことですが、
それは夢では無くて現実のようでsmile

そういえば、播戸は札幌から神戸に移籍していたんですよね。
神戸にいたイメージが薄くて忘れていました。

この短い時間での連続のハットトリックは凄いですよね~。
セレッソは清武が注目を集めているので、清武絡みでゴールを
さらに量産して、あちこちで取り上げられてほしいです。

残留争いも、現在の下位3チームで決まりそうな雰囲気もありますが、
甲府か山形がこれから爆発すれば、浦和や川崎Fも怪しいですよね~。
そういう展開も、ちょっと期待しますがsmile

投稿: しげた | 2011年9月12日 (月) 22時27分

>マァンキーさん

昨日は厚別に行っていたのですね。お疲れさまでした~。

松木さん流に言えば「ふざけたロスタイム」の6分だったようですが、
何とか耐え切りましたね~。

例のシーンは、ホントに高木純平が良く掻き出してくれました。

しかし、今の時期に2位とは、今年の序盤の状況を考えたら、
信じられない、若干ウソくさい順位ですよねsmile

週末まで、この浮かれ気分を満喫できるかと思うと、
幸せで一杯です。

投稿: しげた | 2011年9月12日 (月) 22時34分

>マァンキーさん
当日は現地応援乙です。とりあえず「ハンソデバンド」な
ところのツッコミがオーダーで入ったので、ここは是非フォローせねば。

>神戸にいたイメージが薄くて忘れていました。
もともと姫路市(旧香寺町)の出身で、高校は滝川二の人なんでようやく
地元のチームに期限付きながら行った、という感じだったのですが。
(2002年に期限付き移籍、2003年から完全移籍)
ちなみに「ユニフォーム色変更問題」などと共に松永-レオン-パベル
と迷走してJ2に降格した2005年に年俸で揉めた上神戸を退団し、ガンバ
大阪に復帰しています(2009年の11月には自らのブログでガンバと契約
しないことを公表し、2010年1月にセレッソ大阪移籍が発表された)。

>甲府か山形がこれから爆発すれば、浦和や川崎Fも怪しいですよね~。
甲府は佐久間なので余程の「帳尻力」を発揮しない限りは無理でしょうが、
(ユース世代を壊滅的においやることに定評のある)牧内コーチを
無期限謹慎させ、広島から期限付きで加入した(これまた元ガンバ組の)
山崎雅人が小爆発している気配の山形の方がギリギリ届きそうな予感。
川崎Fは迷走を止める風水なり企画力でなんとかなりそうですが、
斜め上の浦和の方が本質的にヤバいかと。

>「ランニング・ハイ」ブログ管理人のしげたさん
>何とか耐え切りましたね~。
しかし、ロスタイムに失点しないとはすごくコンサドーレ「らしくない」
ことなんだけど、嬉しい誤算。特に岡山加入以降はチーム自体に
「尻上がり」のスキルが発動しているんじゃないか、と思えるほどの
粘り強さが根付いてきているところに「頼もしさ」を感じます。
 このスキルが出来るだけ長く持続出来るようなチーム体制で
いてほしいものですけど。

投稿: torov | 2011年9月13日 (火) 17時31分

>torovさん

コンサドーレ札幌は、今年は後半30分以降の失点がほとんど無くて、
逆に後半30分以降の得点が多いんですよね~。
去年までのイメージを考えると、完全に逆で、信じられないsmile

札幌だけが中2日となる24日の徳島戦までの3試合、ここを乗り切って、
希望をさらに大きく繋げてほしいです。

投稿: しげた | 2011年9月13日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/52706227

この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌が2位浮上!!(+播戸竜二が凄い):

« 「2011年ピパオイヘルシーロードレース」のゼッケン引換証 | トップページ | 「2011年北海道ロードレース」に申し込み »